自分の人生のカタチ

どうもどうも。
あれ、三月も半ばになるけどブログの更新ないし、イマンモのオッサン、いよいよ記事書くの疲れ果てたんかなーなどと思っていたかもしれない皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
いや、わたくし記事をアップするのをサボろうと思ってサボっていたわけではございません。いや、結果、サボることになっていたんだけれども、少なくともワザとじゃない。

確定申告まじ辛かったでござる

そう、2月の終わりから日曜月曜の休みは、この作業に追われておったのでござるよ。。。
何でだろーなー1年前も同じことしてるはずなんだけどなー全く記憶に残ってないんだよなー
っと、中間期末テストのときだけ勉強して受験時にその記憶がどこにいったのか脳みそにフルリサーチかけるも情報が完全に断片化していることを知って絶望の淵に立たされる学生の気分でごわした(無駄に長い比喩)
オレの頭のデリートキーを何とかしてけれー

さてさて、ふざけている場合じゃない。いや、いつもふざけているけれども。
こんな完全にその場のノリでのみ書き散らかしているブログでも、何かしらの心の慰めにしてくれているという声も聞こえてくる昨今。何か書かねばならないのである。
(あ、関係ないけど、最近、悩んでるんすよねー。このブログ、無料版ワードプレスで作ってるんですけど、やっぱもうちょいメジャーなブログ媒体で書いた方が良いのか。いっそnoteとかで書くのもありなのか。。。広告とか出てくるのもウザイし、どういう形がいいんだろ? 詳しい人教えてください)

と、また関係ないことを書き垂れ流しておる。。。

で、今日は何を書こうか。
実は書く余裕のない時に限って、色々書きたいネタってもんは出てくるもの。おいらはフリースクールをやってるけれども、公教育もやっぱり頑張ってもらわないかんわなーとか、いろいろシステムや選択肢はあっても教育ってヤツは結局「人」だよなーとか、この間、いろいろ考えておりました。

そんでもって、結局、今日のテーマ。
それが今日のタイトル。「自分の人生のカタチ」を見つけること

さらに言えば、そこには修飾句を足して「楽しく生きるための自分の人生のカタチ」、でも良いかもしんない。

お、なんかカッコええこと言うとるやないかい、っとお思いでしょうか?
いや、そんな難しいことを言いたいわけじゃないんです。

要するに「自分に合った人生ってどんなものだろうか?」「自分はどんなふうに、どんな場所で生きると良いんだろうか」ってなことを漠然と意識するってことです。
これは「夢」を持つ、とか、有意義な人生とは何ぞや、とかっていう「高尚」な話とは別のことです。具体的な職業とも違う。

例えば、極度に人見知りで他人とコミュニケートを取るのが非常に不得意な少年がいたとして。
その少年にとって、大学に進学して会社員か何かになって、大規模な組織の中でいろいろと人間関係のストレスを溜め込みながら生きていくのって、幸せな人生でしょうか?
いや、大多数はそんなの我慢して「大人」として生きてるんだよってのは判りますが、判った上で、あえていうと決して幸せじゃないですよね?
ましてや、その子が人見知りどころか、「皆と一緒」的な共同性や同調性に従うのが極端に苦手だった場合。
「フツーの会社員」になるのが幸せだとは思えない。
でも、じゃあ彼にとって「幸せな人生のカタチ」はどんなものなんだろうか?

そういう「どういうふうに生きるのが自分に向いているか」「どんな人生を送ると自分はけっこう幸せか」って問いと向き合うことって、10代の少年少女にとって、いやそれどころか30歳くらいまで、人間にとって大切なんじゃないでしょうか。
そして、そうした問いに気づける「経験」が必要なんじゃあないかな?

またまたホントに恥ずかしながら、個人的な話をします。あくまで一例として。
ここで何度も書いている通り、僕は中学2年以後、不登校に陥り、一般の高校生活を送ったことがありません。
では、もし僕が不登校という状況を経験しなかったら、どうなっていただろうか?
こんな「 if 」ははっきり言って無意味ですが、時折、想像することがあります。

現在の僕は、おそらく知人の皆さんから見れば、比較的快活で人付き合いもよく、何よりよくしゃべるオッサンという印象でしょう(え、そんなことないって?)
まあ相変わらず「鬱気味」の時は人に会うのも嫌な性格ではありますが(「ゾンビモード」と呼んでます)、少なくとも比較的「明るい」、イマドキの子の言葉で言えば「リア充」です。ま、そうじゃないと、教師なんかできませんしね。

でも、少なくとも少年時代の僕は、全くそんな性格ではありませんでした。
先の言葉で言えば、常に「ゾンビモード」全開でした。

人見知りが激しく、何事をするにも自信が持てず、他人に嗤われることを恐れてかえって「笑われる」キャラを演じるようなタイプの子どもだったのです。

そんな僕がもし「不登校」に陥らなかったなら。
今と同じような人格になっていたでしょうか?

おそらく、なっていなかったのではないかと思います。

「不登校」に陥って以来、しばらくの「冬眠」を経てから、「外の世界」に出た後の僕は、自分と合わないような人間とは一切、付き合ってきませんでした。自分と波長のあう、価値観のあう少人数の仲間とだけ青春を過ごしました。仲間は「変わり者」と言われる連中ばかりでした。
そもそも「大規模」な集団に属したことはありません。大学や大学院には長々と通いましたが、ご存知の通り、大学は集団生活を行う場ではありません。それぞれが個別に学び過ごす場です。

「自己肯定感」という言葉があります。
これを養うには養育環境その他の要因があるでしょうが、僕の場合は、これら10代の仲間と過ごした経験も大きいように思う。
僕は、それら小規模な集団、「変わり者」たちと過ごすなかで、「こんな自分でも良いのだ」と感じることができるようになりました。
学校に通っていた頃、翌朝を迎えるのが嫌で眠れなかった僕が、初めて「明日はこんなことをしよう! 彼と、彼女と、こんなことをして遊ぼう!」と翌日を待ち遠しく思えるようになりました。

そして、漠然とながら学んだことがあります。いや、少なくとも、後日了解できたことがありました。
僕が自分に自信がなかったのは、「学校」という共同性を強く求める大規模集団に属していたからなのだ、と。
他人にうまく合わせることができない、(おそらく多動的だったために)人の話を最後までちゃんと聞けず、他の子どもたちと同じ行動が取れない。そんな子どもだった僕にとって、学校生活は自信を失う出来事の連続だったわけです。

そういう場所から身を離すことで、僕は自分がどんな人間で、どんな人生を生きるべきか、次第に学んでいったわけです。
自己を肯定する心を養うとともに、自分にどんなことが向いているか、どんな場所で生きていくべきか、徐々に徐々に、人生の「カタチ」を見出していったのだと思います。

もちろん、これは僕のケースです。
「不登校」という経験が特別に必要だと言いたいわけでもありません。人によっては、一見「平凡」に見えるかもしれない学生生活を楽しく過ごすのも良いでしょう。
ただ、どんな青少年時代を送るにせよ、その中で、自分がどんな場所で、どんなふうに生きていくのかを見つけていくことは大切でしょう。

それは「夢」を持つこととは、全く別のことです。
そうではなく、自分にあった人生を模索することです。


お、なんかビミョーに当たり前なことを書いている気がするな。
誰だって人生模索しとるわい、って感じもする、、、

でも、ね。
実はこんなことを書いたのは、やっぱり今、自分を「平凡」だと見なせない子どもたち、ある種の「挫折」を感じているかもしれない子どもたちとその親御さんのことを考えているからなんです。
僕の耳には、本当に、本当に、毎日のようにそうした「悩み」の声が届きます。

いま、実際に「不登校」を経験している子どもたち。
子どもの「発達」に関して、なんらかの心配を抱えていらっしゃる親御さんたち。

彼・彼女たちはひょっとすると、お父さんやお母さんと似た人生を送ることはないかもしれない。就職はしないかもしれない。大学にも行かないかもしれない。
しかし、彼・彼女は、その現在の境遇に悩みもがく中で、自分の人生の「カタチ」を見つけようとしているのかもしれません。
自分自身と向き合う中で、人生を生きるための「チカラ」を養っているのかもしれません。
そして、そうした誰の人生とも似ていない「自分の人生を生きる」ことができたなら、それは彼・彼女にとって幸福なことに違いありません。


今でも、僕は「小規模な気の合う仲間」としか、仕事をしていません。
V-netが、そうです。
そして、ヒルネットという、かつての自分と同じかもしれないような子どもたちが集える場所も作りました。

そしてヒルネットの子どもたちが、「こんな自分でもいいんだ」と思えた上で成長していってくれれば良いなと思っています。

それでは、それでは。


不登校と「差別」

「フリースクール? フリーやフリーや言うて何でもかんでも自由にさせて学校もええ加減に通うて良いもんですかいなあ? いや、最近も芸能活動があるから学校休ませてくれえ言うて連絡してきた保護者の方がいましてんけどな。ま、そら義務教育ではあるけれどもご家庭の方針には私らも口出せませんのでね。好きにしてもろたらええんちゃいます?」

いきなりの書き出し。パワーワード連発のセリフに何じゃこりゃ?とお思いでしょう。
これ、ウチの愚娘(誤用)が4月から一応通うことになってる中学校の副校長先生のお言葉です。
地元の公立小学校に通いつつ、私のやってるフリースクールにも参加している愚娘(あくまで誤用)。
中学校でも同じような通学生活リズムでやれないかって話を事前に学校側と詰めておこうかと、ふと思い立って今朝、我が家の奥方様がその中学校に電話したところ、上記のような応対が帰ってきたとのことです(なお大阪弁は演出です)。

奥様、激おこプンプン丸でござる(古い)

夫婦二人でムカついてラーメン食いにいっちまったよ(関係ない)。

しかし、久しぶりにひどい対応にあった。この世界には女性差別もあれば肌の色や国籍で差別する輩もいる。各種のハラスメントも存在する。
しかし、不登校的問題と芸能活動を一緒にされるとはなー。一瞬、昭和にタイムスリップしたのかと思っちゃったぜ!

もちろん、僕は商売柄、小学校にも中学校にも、いろんな教師がいることを知っている。
とんでもなく教師に向いてない教員資格保持者は時々だけれど実際にいる。
逆に公立小中学校でも「こんな素晴らしい人材が公教育にいていいのか?」と何だか倒錯気味に感じてしまうような良い先生だっていらっしゃる。
そして、そんな有能無能な教師たちがどう足掻こうと、学校システム自体にどうにもならないところがあることも知っている。

知ってるんだけどな。
でも、実際、こういう酷い対応受けちゃうと、けっこう改めて絶望しちゃうぜ!

上に女性差別や人種差別云々の話を書きましたけれども、「不登校」の問題には、少しだけ差別問題と通じる部分がある気がします。

差別問題ではよく、差別する側が被差別者の境遇に対してほとんど想像力を働かせることができないということが指摘されます。
あるいは、その想像力の無さが問題を矮小化して捉えさせます。
例えば、女性差別であれば、ホモソーシャルな組織の中にあって女性が男性側に過剰適応せざるをえないような心理的圧迫を、多くの男性は想像し難い。
ひどい場合は、「そんなの大した問題じゃないじゃん。仕事の人間関係なんて多かれ少なかれそんなもんだろ」ってな感じで済ましてしまいます。差別している意識すら生まれない。

もちろん、差別には種々の問題があり、こんな小さな記事で全てを語ることはできません。
上の例だって、それこそ「差別問題を矮小化してる!」などと叱られるかもしれません。それだけ政治的に根の深く射程の広い問題です。

ただ、僕が教育において問題にしたい「差別」についてだけ言えば、上の例は非常に適合的です。

例えば、「不登校」の問題を、ただ「怠けている」「楽をしようとしている」と見なすような見方。
いや、さすがにそれは「昭和」の昔だけでしょうと思いますが(思いたいですが)、今日の「副校長」のように芸能活動と並べて語られるところを見ると、少なくともそれが子どもたちにとっての深刻な内面の危機であるとの認識は、必ずしも共有されていないのかもしれません。

あるいは、不登校に陥った子どもたちが、ゲーム漬けになっている、YouTube漬けになっているといった言説。
皆が皆そうであるわけではありませんし、仮にそうであったとしても、状況は人ぞれぞれです。そうした「充電」が必要な場合もあれば、ゲームやツイッターが「社会」との唯一の窓口となっている子もいます。
さらに言えば、それらは学校に行っていようがいまいが、関係のない問題です。
にもかかわらず、「不登校」という状態と、「とある社会で否定的に捉えられがちな状況=言説」を結びつけて語ろうとする欲望が社会には確かに存在します。そしてそれは、ある種の「差別」なのだと思います。

ただ、一方で、「不登校」という状況に対して、過剰に「同情的」であることも、僕は何やら居心地の悪いものを感じます。
「学校に行けなくて、さぞ大変でしょうね!」「中学にいったら、また通えるようになるかもしれないよ!」
いや、もちろん善意からの言葉であることは判ります。
でも、ね。
学校に行けなくたって、別にそんなに「不幸」じゃないですよ。
別にそれを「ギフト」だとか「才能」だなどとカウンター的に持ち上げる必要もまったくありませんが、小中高校なんぞちっとばかし行かなくても、僕自身や同じく不登校経験のある友人その他の人生から考えても

オラ、めっちゃ幸福だったぞ!

と断言したって良いです。
学歴が欲しければ、高卒認定試験とれば大学にも行けます。その他、今は通信制の高校だって充実してますしね。道は無限にあります。
ちなみに大学は高校までのシステムとは全然違いますから、「不登校」経験があっても、大抵はちゃんと通えます。

もちろん、人と少し違う道を歩むのですから、それ相応に努力は必要かもしれません。
でも、それはおそらく、どんな人生を歩んでいたって同じことです。

いずれにせよ、不登校は「特別」なことではありません。
まして「差別」的言説など言語道断。

僕の耳には、毎日のように、知人から、友人から、親族から、「不登校」の問題に悩む親御さんの話が入ってきます。
そういう意味でも何ら「特別」な事象ではなくなっているのだと思います。
むしろ、それらは現行の学校制度がいよいよ「ダメ」になってきている証左のようにすら思えます。冒頭の「副校長」のようなタイプの「学校の先生」は、そちらを心配した方がいい(いや、ちょっと副校長出しすぎですけど、あくまでそういうタイプってことね。ほんとは良い人かもだし)。

いずれにしろ、遅くとも今の子どもたちが「親」になる未来には、「不登校」などという「特別な言葉」がなくなっていると良いなと思います。
皆が皆、それぞれの個性に合わせた教育のありようを選択するのが当たり前、そんな未来が実現していると良いなと思います。

それでは、それでは。

追伸
今日は2月の1日。
中学受験ほ本番が始まり、高校大学受験も佳境に入っている時期です。
僕は現在もヒルネットの活動以外に、個人レッスンで多くの子どもたちに勉強を教えています。もちろん今年、受験する子どもたちもたくさんいます
本当は、そんな子どもたちにの未来に向けて、明るいメッセージのこもった記事を書こうかとも思いました。残念ながら上の内容を優先してしまいましたが、最後に彼らに一言、書いておきたいと思います。

これまで、そして今日、君たちはとても頑張ったね。
その「今日」の頑張りは、目の前の「結果」のためのものだけじゃない。
少なくとも「結果」だけを求めた努力じゃなかった。
その頑張りは、努力は、必ず君たちに素晴らしい「明日」を作ってくれる。
「結果」の先にある、自分だけの輝ける「未来」を、今日君たちはその努力によって手に入れたんだ。

教育で一番大切なこと:年の瀬に徒然なるまま

どうも、どうも。
今年も一年がいよいよ終わりですなあ色々あった一年ですが皆さん年の瀬をいかがお過ごしでしょうか。僕はこの記事を大掃除の合間に書いています。しんどい。

さて、それにしても今年はほんとに色々あった。個人的には年初に人生初めての骨折を経験。そして言うまでもなくコロナ禍。オンラインでのレッスンも多々こなしつつ、そういう中で教育の本質、というとちょっと大袈裟だけれども、少なくとも自分が子どもたちと関わっていくなかで大切に考えざるを得ないものが何なのか、といったことを深く考えさせられた一年でもありました。

例えばコロナ自粛期間中。
個人レッスンについては不便もありましたが、まあ慣れた生徒が多かったのもあり、個人的にはレッスン自体はそんなに違和感なく行えたようにも思いました。細かいデメリットも多々ありましたが、メリットを感じさせる場面も結構あった。
現在は「原則的」に個人レッスンも対面でなるべく行う形にしていますが、この個人レッスンに関しては、今後はネットを使って、ケースに応じて様々な形でレッスンを行える可能性もあるでしょう(もっとも、だからこそ以下に記すことも踏まえて、あえてセッションの醍醐味を生かす「対面」にこだわるというのも大事な考え方だと思います)。

一方で、僕の現在の活動のもう一つの柱は、少人数のフリースクールであるヒルネットの活動にあります。

こちらも自粛期間中、リモートで時間を共有する機会を作っていました。皆に個人での「活動」(Workと読んでいます)を発表してもらうような形で、だいたい活動日に2時間〜3時間くらいzoomで時間共有を行なったでしょうか。

とはいえ、フリースクールのような子どもたちの「居場所」であることを重んじた教育の場においては、リモートというのは自ずから限界があります。
子どもたちが、自由にぶらりと立ち寄れ、誰かとたわいもないお喋りに興じたり、一緒に遊んだり、あるいは共に学んだりすることのできる「場」であるためには、やはり現実の空間が必要となります。

特にヒルネットは、そもそも「体験」ということを一つの理念としていました。屋外への「散歩」やフィールドワークといった活動により、子どもたちが「ナマ」の自然環境や都市環境と触れあうこと。それが大切な理念でした。

こうした活動は、当たり前ですが、ネットの中ではできません。
焚き火の炎のぬくもりも、山を登るしんどさも、川の水の意外な冷たさもネットの画面越しには伝わりません。
(YouTubeには燃えている焚き火が映っているだけという謎動画も多数ありますけどね)。

だからこそ、自粛が解け、再び教室で子どもたちと会えた時はとても嬉しかった。
再び山に、川に、様々な街に、子どもたちと一緒に「お出かけ探検」できるようになって、こんなに楽しいことはないと思った。

上にヒルネットの理念としてナマの「体験」というものがあると書きました。
しかし、それが本当に大切な理念であると真に実感したのは、再び種々の「体験」を子どもたちと共に行えるようになった、この時だったのかもしれません。

自粛期間中、リモートで子どもたちと接していたとき、気づいたことがあります。
それは、子どもたち同士でのトラブルが極端に少ないことでした。
もちろん時間が短かったから、ということもあります。
しかし、ネットのなかでは(たとえそれがzoomのように顔が見えるものであっても)、「誰か」が不快な行動をとったとしても、いともたやすく無視できるのです。シャットダウンしてしまうことができる。

現実に再び教室に集ってしまうと、そうはいきません。
歳の近い子ども同士は、つまらないことで言い合いを始めます。ケンカになることだってあります。
それを年長の子どもたちが鬱陶しく思うこともあるでしょう。
突然誰かが何かにイライラして大声をあげます。「散歩」に出かけると急に走り出す子がいます。それを追いかける子も。誰かがそれらを諌めるとそれはそれでケンカになったり。すると年長組はまたヤレヤレといった顔。

こうしたトラブルは「面倒」なことです。
しかし、実際に人と人が出会うということは、いつも既にこうした「面倒」な出来事と隣り合わせな「体験」なのです。
そう、極限すれば、ナマの「体験」というのは、すべからく「面倒」なものなのです。

山に出かけようと思ったら、雨が降る。
川遊びに出かけたら、水にドボン。着替えがない。
街歩きを行えば道に迷い、何キロも歩くはめに陥る。

この「面倒」な出来事、ということを、「偶然性」という言葉を用いて表現してもいい。
物事が決まった通りに動かないこと。自分が思っていたのとはまるで違う結果が生じてしまうこと。
現実の世界はそうした「偶然性」に満ちあふれています。
現実の世界のなかで生きていこうとするなら、そうした「偶然」の出来事は回避できない。
それにより引き起こされたことが、どんな「面倒」なことであっても。

僕が教育においてナマの「体験」が大切であると考えるようになったのは、そうした現実の「偶然性」をまさに身をもって知る、「学ぶ」ことが、子どもたちが成長するなかで何より重要ではないかと感じるようになったからでした。
「偶然」に引き越される失敗。数々のアクシデント。
それらをまさしく「体験」していくなかで、僕たちは大人になるために必要な「知恵」を蓄えていくのではないでしょうか。

もちろん「体験」に宿る「偶然性」は、面倒ごとだけを引き寄せるわけではありません。
思わぬ出逢いが新たな好奇心の源になることだってあります。
川で溺れそうになることもあるけれど、その水の冷たさが夏の日に喜びを与えてくれることもあります。

繰り返すなら、ナマの「体験」とは面倒なものです。
ですが、その面倒なことが僕らを成長させ、また僕らに歓びをも与えてくれるのです。

ネットの効率的なコミュニケートの中に、こうした「偶然」は多く生じません。
「面倒」なことも起こらないが、新たな歓びを与えてくれる「出逢い」も多くはありません。

ひょっとしたら、僕は当たり前のことを言っているのかもしれませんね。
なぜなら、僕が今年を通して実感した上のようなことは、自由な行動や他者との接触を制限された、日本中の、世界中の人々が感じたに違いないことだからです。
仕事はリモートだってできる。カリキュラムのある「勉強」はネットのなかでもできる。

でも、それとは違う、人と人とが対面して出会う「体験」が人間には必要だ。
自然に触れ、自由に街を歩けるようになることが僕たちには必要だ。

そして何より、子どもたちにこそ、そうした「体験」が必要だ。
何が起こるかわからないナマの世界を「体験」することこそが必要だ。

そんなことを深く深く実感した一年でありました。
いや、コロナ禍が再び僕たちの日常を侵し始めている今、そうした思いをより強めている年の瀬です。

ゲッ! なんてことを徒然なるままにひぐらしつづっておるうちにあやしうこそものぐるほしけれ。大掃除がどこかにいってしまった。
まあ、いいか。それもまた「思い通りにいかない」現実の一つですよね。

それでは、それでは、皆さん来年も宜しくお願い致します。
良いお年をお迎えください!