「チャレンジ」ってやっぱり大切ですよねという話

2014年3月6日

さてさて、今シーズンの受験も、もう完全に終了し、久方ぶりにのんびりした生活を満喫しております。
私の生徒の中で最後に残っていた都立高受験組では、これまた小六の頃からの生徒であるK・Aさんが、見事、新宿高校に合格してくれました。
普段の彼女の実力を知っている私としては、順当、といった評価だったのですが、本人は一度もうダメだと思っていたようです。緊張したのか、試験場でいくつかポカをしたらしく、発表までの間、泣いて過ごしていたとか。気の強い彼女の性格を知っているだけに、話を聞いた時は意外な気がしたものです。
ともあれ、結果は見事、合格。K・Aさん、本当におめでとう。
その一方で、同じく六年生の頃からの生徒であるKさんは、残念な結果となってしまいました。
芸術系の高校にチャレンジしたKさん。私自身、非常に悔しいし、残念です。
というのも、Kさんもまた、少なくとも勉強に関してはよくできる生徒だったからです。特に国語に関しては、選択肢問題や抜き出し問題を外すことはほとんどなく、また少し苦手だった記述問題や作文問題も、最終的にはよく書ける状態になっておりました。
ただ、そこは芸術系高校。実技試験の評価がイマイチだったのか。そもそも実技に関するプロフィールが弱かったのか。それとも内申の問題で届かなかったのか…。学科試験はよくできたと聞いているだけに、原因がはっきり分からず、もやもやとした気分です。
とはいえ、私立の滑り止め校には既に合格している、Kさん。
彼女は、この年齢の少女にしては珍しく、まわりに流されたりしない、自分の意志をはっきり持った女の子です。やりたいと思ったことをやり通すことのできる強い子です。
きっと、新しい高校でも、めげずに新しいチャレンジをしていってくれるものと思います。
「チャレンジ」と言えば、前回のブログでも書いたように、今年の大学受験生は、結構、受験的にはチャレンジ校だな、と思われた大学にも合格してくれました。
ICUの合格をすでに決めていたK・T君。慶應SFCを併願していたのですが、ちょっとこちらは厳しいだろうか、とも私などは少し心配もしていたのですが、何と見事に合格。私の心配は杞憂に終わりました。
現在、K・T君はICUに行くか慶應SFCに行くかで悩んでいるとのこと。なかなか贅沢な悩みですよね。ともあれ、おめでとうございます!
さて、「チャレンジ」つながりで言うと、今回、どうしても書いておかなければならない生徒がいます。それは一浪中の大学受験生であったN君のことです。
N君が私の生徒として国語を習いにきたのは、今から3年ほど前のことです。
その頃、実はN君は、いわゆる登校拒否に陥っておりました。
講師プロフィールを見て頂ければわかるように、私自身もまた、登校拒否を原因として、通常の学校生活を送ることができなかった人間です。
その経験からも、私はN君に対して、ある種のシンパシーを感じておりました。
学校に行けなくなることの苦しみ。親に心配をかけているという自責の念と、周囲からの冷たい視線。そして何より将来への悲観。
いま思えば、たいしたことではありませんでしたが、当時は十代特有の精神的不安定さもあいまって、結構辛いものがありました。
実際のところ、N君がどうであったかは分かりませんが、やはりそれなりに精神的に苦しい時期もあったと思います。
そして何より、一度、登校拒否等により学校から遠のいてしまうと、学業の面でもまた、当然ながら人よりも随分と遅れてしまうということです。
私などは、最初に大学を受験しようと決めて勉強を始めた頃は、英語の単語どころか、現在完了等の文型などを聞いてもチンプンカンプンといった状態でした。
N君も、国語については比較的、本を読んでいたりしたためか、ある程度できる状態にありましたが、英語や世界史に関しては、かなり苦労したものと思われます。一浪してしまったのも、主に世界史を中心とする暗記モノにやられてしまったためでした。
それが何と。
今年、N君は志望校であった立教大、そして法政大に見事、合格を決めてくれました。
いやあ、これはホント、うれしかったですね。
英語の上野先生にも、大感謝です。上にも書いたように、積み重ねが必要な英語では、私と同じように、N君もきっと苦労したでしょうから。
本当に、良かったと思います。
人間は一度くらい失敗しても、あるいは一つの道から脱線してしまったとしても、「チャレンジ」する気持ちがあれば、いくらでも挽回できる。
月並みな言葉です。月並みな言葉ですが、これは私が自分の生徒のみならず、受験が上手くいかなかった子ども達、皆に言いたい言葉です。
そしてN君の志望校合格は、この言葉の正しさを立証してくれたと思います。

では、今日はこんな感じで。