受験顛末

どうもどうも。ご無沙汰しております。また随分更新期間が空いてしまいまして、忙しい忙しいなどとつぶやいておったら、はや3月ですよ、ほんま知らんまに。
前回の更新が12月だったんで、3ヶ月も更新をさぼっとったことになります。

その間にも、受験があったり新年度の用意があったりといろいろわんさかあったんですが、どれも書けぬままに、ここまできてしまいました。やれやれ。
ということで、今回は年度の締めくくりとして、あるいは皆さんへのご報告として(?)今年度の受験生についてさらりと書いておきましょう。


今年は例年に比べて受験生の受け持ちは少なかったんですが、それでも十一月くらいから急な依頼がバタバタっと舞い込んで参りまして、結果的にはいつもとかわらぬ忙しい一年の始まりとなりました。

その受験結果はと言いますと、私が受け持っておった中学受験生が志望校には惜しくも通らなかったものの、人生うまくできてるよなーと思ったのは、結果的に家からものすごーく近い雰囲気悪くない私立校に合格。
松永先生のブログにも書いておりましたが、何というか、落ち着くべきところに落ち着いたって印象で、悪くない結果。
本人の性格とのマッチングからいっても、きっと楽しくも成長できそうな中学生活を送れそうな感じです。

次に大学受験ですが、こちらは多くの受験生が志望校ないし2番手くらいの大学に合格。
こいつはちょっと危ないんでないかなーと思ってみていた学生も、意外とすんなり合格していきました。
とはいえ、そこは何といっても大学受験。残念ながらうまくいかない学生だっておりました。
それでもそこでメールしてくれた内容が良い。自分が成長するためには「結果的にはこれで良かったのかなと思っています」。
きっと内心は悔しかったにちがいない。でも、そこをぐっと噛み殺して、そんなふうに自分に言いきかし、きちんと報告してくれる。
実はこの生徒は小学校からみてきた生徒。いつもサッカーばかりやっていて勉強には甘いところもあるけれど、ちゃんと大人に成長していたんだなあと、結果はよくなかったにもかかわらず妙に感慨深くもありました。
ここは、もう一年、ひと頑張り! 次は必ず最高の結果をだそうな!

お次は最後、高校入試。こちらも私が受け持っていない学生含め、順当に志望校、ないし第2志望校に合格していってる感じでした。
なかでも私が一番嬉しかったのは、やはり自分が受け持っていて、しかもこれまた小学5年からの付き合いである、H君の志望校合格!
みごと、都立青山高校ににバシッと合格してくれました!
実はけっこう最後まで、実力を完璧に出せれば大丈夫のはずと思いながらも、内申的にはちとヤベーよなー、いやそれよりかアイツ、かんじんなとこでポカやりそうだよなーなどと内心ヒヤヒヤしておりました。しかも都立高の発表は最後、3月入ってからなんですよねー。
けれども、そんな心配は杞憂に終わり、H君、見事に合格を決めてくれました。
この一年、いろいろと言い合いもしながら、一生懸命がんばってきたもんな。どうにも自信があるのかないのか、「きっと落ちる、きっと落ちる」と呪文のように繰り返しつつも、何とか最後まで、メンタル的にも頑張ったよね。
ついでに言うと、キャロムの腕前も急成長。最後には、私を3連敗させるくらいの腕になっておりました。
H、 高校でも気抜かんと、頑張れ! 次はキャロム、絶対負けへんで!