教育ホニャララ学ってネーミングはそろそろやめた方がいいと思う。

どうも、どうも。
なんと本日はブログ二本立てです。受験の結果報告だけじゃ、「そんなウチワの話はどうでもええわい」とか言われそうですからね。
まあ、フツーはそういうウチワの話をもっと大々的に宣伝とかに使うんでしょうが、まあ何というかV-netの先生はそういうのを嫌うヘソマガリが多くて……。誰か代わりに宣伝してくれませんかね?

それはともかく、まずお知らせです。
さっきのブログの最後にも書きましたが、3月27日に恒例のパーティーを開きます。
そのうちHPの「お知らせ」にのると思いますが、今回は松永先生の講演つきです(「文科省政策から見た、この国のこれからの教育方向性」)。
また、子供たちの英語発表会やキャロム大会、そして教師たちによるバンド「ブイネッツ」の演奏と、盛りだくさんの予定。
私もベース弾きますので、おヒマがあれば、ぜひご参加を(ちなみに無料)。

さてさて、やっと本題。
まあ私はこういう商売ですから、別に自分の子どもに心配がなくとも(いや実はめっちゃ心配なんですが)、教育本関係の書籍については目を通す機会がそれなりにあるわけです。
そんな中で「へえなるほど」と思うこともあれば「なんでやねん」と思うことも多々あるわけですが、まあ基本的にはみなさんと同じでイイトコ取りするような感じで役立てばいいかなあ程度の気分で読んでます。

今回、読んでみた本も、まあそんな感じの一冊なんですが。
タイトルは『「学力」の経済学』。まあ、めっちゃ売れてるみたいですねえ。
で、こいつをちょっと松永さんに借りたんで読んでみたわけですよ。そしたら……。

めっちゃコレ、わしらにケンカ売ってますやん。。。

だってさ。とりあえず目次みただけの感じだとさ。
「少人数学級とか意味ねーしー」とか「テレビとかゲームとか禁止すんの、マジ頭カテーじゃん?」みたいなことが羅列されてるんですもん。
こういうことって、松永さん筆頭にけっこうボクらが言うてることやんねえ。。。
しかも、「教育、主観で語ってんじゃねーよ、コラ。マジ、データが全てだろーがよ」みたいなケンカ腰だし。。。
け、経験とか全無視なんでしょうか。。。そうですか、すみません。。。

で、これはね。ちゃんと読んでね、いっちょ反論かまさなやってられんわい、と一瞬ヒートアップしそうになっちゃったわけなんですが、そんな折に前田先生から、
「いやいや、兄さん、そんなん炎上商法の一種ですやん。おもクソひっかかって、どないしますのん?」
という冷静なツッコミを受けまして、まあ、これは目くじら立てるようなもんでもないのかなあとも思ったりもしたんですが、せっかく目を通したわけでもあるので、以下、2点についてだけでも感想を述べておこうかなと。

①「テレビとかゲームとか叩き壊す親とかマジねーわー論」について。

某バイオリニストの方のことではありません。念のため。
さて、この件についてなんですが、ちょうど本書の52ページから書かれている内容で、副タイトルは「テレビやゲームは子どもに悪影響を及ぼすのか」といった反語を予想させるものや、「テレビやゲームをやめさせても学習時間はほとんど増えない」といった挑発的なものになっております。
当然、私は「なんだとコノヤロー」っと完全ヤクザモードで読み進めたのですが、意外や意外、その中で書いてある内容は、はっきり言ってフツーに無難なことでした。完全、肩透かし。
私はてっきり「ゲームとかガンガンやればいいんだよ! どんどんアタマよくなるぜい! ヒャッホー!!」みたいに煽ってくるのかと思ったのですが、さにあらず。
多少はそういうことも書いてありましたが、むしろ結論としては、
1日1時間程度、テレビを観たりゲームをしたりすること」には問題ないですよ、というようなことが書かれてあるだけ。

……あれ? それって……。

当たり前じゃないんですか?

いや、別にゲームとかテレビとか良くないよ派の人たちだって、息抜き程度に小一時間、テレビ見たりすることまで完全には否定してないと思うんですが。。。
ゲームをあまり好ましくないと考えるお母さんたちのなかにも、時間制限つきでやらせてるという人は多いんじゃないかと思います。
つまり、もともとゲームやテレビを疑問視する論者(私も一応、そこに含まれます)が問題にしているのは、それを無制限にダラダラやってしまうことなんですね。
テレビ、というか特にゲームには、ある程度の中毒性があるようにも思えます。したがって、ゲームをダラダラと続けて止めることができない場合、これは勉強以外にも、いろいろと弊害が生まれてくるんじゃないかと思ってしまうわけなんですよね。
そういうリスクがあるものが、テレビであったりゲームであったりするんだよ、と。
だから、ある程度、教育に携わる人間や子供を育てている人間は、リスクがあるものとして警戒しておく必要がある、ということです。
そして、そのリスクについては、実はこの本の中でもちゃーんと認めておるわけです。

「私たちの研究では、テレビ視聴やゲーム使用の時間が長くなりすぎると、子どもの発達や学習への悪影響が飛躍的に大きくなることが示されています。(中略)1日2時間を超えると、子どもの発達や学習時間への負の影響が飛躍的に大きくなることが明らかになっています。」(本書57p)

いや、2時間を超えてゲームやっちゃう子どもが多いので、皆さん悩んでるんじゃないのかなぁ。
まあ、以上のこととは別に、やっぱり子どもを読書好きにさせたいと願うような場合は、あんまりテレビやゲームをさせない方がいいのではと私は思いますけどね。
読書もある意味「暇つぶし」ですから、その「暇」な時間が他のものに占有されれば、その分、本に回される時間は少なくなります。これは「データ」ではなく「論理的」に。
まあ、本書にもあるように、確かにゲームやめたけど、めっちゃスマホ見てる、じゃ一緒ですけどね。

ということで、以上、この「テレビやゲームはほんとにクソなのか」論についての本書の主張は、実はすごく無難な、教育者なら誰でも言いそうなことでありました。
で、次行ってみよう。

②「少人数学級とか金ばっかしかかって意味ねーんだよ」論について

これについてはまず、論点が二つあると思います。
まず1点目ですが、それは「少人数」というものを、どれくらいでイメージしているのか。
この点で本書の著者が最初に出してくるのが、財務省の研究で、「少人数学級」を35人としています。
まあ、この時点で「そんなん40人とどうちゃうん???」という疑問が湧くのは当然ですよね。
ふつう、「少人数」というと、多くても20人以下、私なんかのイメージだと、10人以下なんですが(さらに言えば、私は10〜15人の教室に、授業進行の教師と、生徒の状態を観察チェックする指導教員の、二人がいれば理想だと考えています)。

とはいえ、著者も財務省の研究出して終わりってことにはさすがにしません。そのあと、20人学級の研究データも出してきます。ただしアメリカの学級ですけど。
すると何と、こちらのデータでは実際に効果があったと著者自身が認めちゃってるんです。
やばい! これじゃ少人数学級はやっぱり良いものってことになっちゃう! これじゃ財務省に顔向けできない(おっと。。)、それどころか炎上本になんないじゃん!
と、著者が焦ったかどうかは知りませんが、そこで著者は珍妙な解決策を持ってきます。
「少人数学級よりもっと良い(お金のかからない)学力向上の方法がある! それは子どもちに学校でこう言うのだ! 高卒と大卒では生涯年収1億違うんだぞ、とな!!」

……まあ、当たり前ですが、そんなことは学校の教師、特に小中学校の教師には言えません。ふつうにクレームがきます。
しかも、このアイデアが正しいとする「エビデンス」として本書が提示するのが、マダガスカルをはじめとする開発途上国のデータなんですよね。
日本人の子どもとマダガスカルの子どもたちとのメンタリティを、本気で比較できると著者は考えているのでしょうか?

さらに、「少人数学級」については、もう一点だけ述べておかねばならないことがあります。
それは、本書ではおそらくデータ化する必要もあってでしょうが、原則的に学力の向上の多寡を効果の目安としていることです。
しかしながら、巷間、少人数制が言われるのは、学力の問題からのみではありません。
儒教的価値観の希薄化や核家族一人っ子家庭の増加により、学校のような空間で集団生活を強制することは、いじめや学級崩壊の例を見るまでもなく、年々難しくなってきています。
こうした状況を改善するためには、本来なら、生徒ひとりひとりへの細やかなケアやフォローを要請していくべきでしょうが、それはもう教師個人の能力を超えて、不可能であると言えます。
つまるところ、少人数学級とは、こうした現代における学校集団教育の不全という状況への対応として出てきたのであって、学力はあくまでその一要素に過ぎません。
にもかかわらず、効果の多寡を学力に限って検証しようとする本書の議論は、やや見当外れであるような、あるいは何か別の意図があってわざとそうした議論に話を絞っているように感じました。

と、まあ、いろいろと書いてきましたが、要するにこの本も、「サブタイ的にはめっちゃ煽ってくるけど、中身はけっこうフツーに無難」というタイプの本でしたね。あと、エビデンスが大事という割に、データの引用の仕方が学問的作法として、けっこう微妙。

まあ、本書の売れ行きを見れば、著者というより、見事に炎上本に仕立てた編集者の勝利っていうことなんでしょうね。

以上、一気に書いてまいりました。やっぱり1日2本もブログ書くとしんどいな。。

そういうことで、まだまだ書きたいことが他にもあったような気がするんですけど、今日はこのくらいにしておきたいと思います。

それでは、それでは〜。