いまんもレッスン日記①:「発言」すること

fullsizerender夏休みに行った「読書道場」ですが、おかげさまで楽しく行うことが出来ました。いろいろな発見もあり、教師としても非常に有意義でした。
参加してくれた生徒たちに、まずは感謝したいと思います。

参加してくれた生徒たちを観察していて、一番面白いなと感じたのは、彼らが意外と「発言」してくれたことです。

今回も、小説を読みながら、私はときどき立ち止まって、「物語の展開はどうなるか」、「犯人は誰だと思うか」など、いろいろ生徒に質問を投げかけてみました。
すると、最初はもじもじしている彼らですが、やがて堰を切ったように「自分はこう思う」「この次の展開はこうなって、きっとオチはこうなんだぜ」などど、勝手に話し出すのです。
特にやや未だ幼い感じを残すも元気いっぱい多動的小4男子が、我先にと質問に答えようとしている姿が印象的でした。

私は個人として、そして国語教師としても、子どもたちが何に対してであれ「意見」を言えること、それを「発言」し他者に伝えられるようになることを非常に重要だと思っています。
「自分の意見を正確に他者に伝えること」こそが、実は言語能力の基礎であり、日常においては最も重要なことだと考えるからです。
ときに多人数に対して、説得的に自分の考えを「発言」していくなかで、他者を説得するための論理力も磨かれます。
いわゆる「アクティヴ・ラーニング」なるものを実践するのにも、主体的な意見の表明は欠かせないでしょう。

本を読み終えた後に書いてもらったレビュー作文もそれぞれに個性的でした。
全員の前で、書いた原稿をもとに「一定の時間話し続ける」という約束で発表してもらったのですが、ふだんのお行儀のよい「読書感想文」と違って、「登場人物のお母さんがぎゃふんと言わされる展開は胸がすっとした」だの、「物語の先が見えるこの小説はつまらない」だの、実に《正直》な感想を語ってくれました。

今後も彼らの「発言」を聞かせてもらえるレッスンを、いろいろと工夫していきたいなと思わせてくれる授業になりました。
今一度、参加してれた生徒諸君に感謝しておきたいと思います。どうも、ありがとう。

それでは、それでは。