いまんもレッスン日記② 「学校」には、もう行かない

img_4319公立私立に関わらず、いわゆる「ふつうの学校」。
そんな「ふつうの学校」には、もう通わない。行く意味がない。
最近、私の生徒の中には、そういう選択をした少年たちが増えてきています。

もちろん生徒によって、事情は様々です。
いわゆる登校拒否を経験した少年。
地方から東京に引っ越してきたところ、勉強スタイルから人間関係まで、まるっきり合わなかった少年。
最初から、「ふつうの学校」に行く気が無く、オルタナティヴ・スクールを選んだ少年。

彼らはみんな個性的。なのは、V-netの生徒としては当然で珍しくないにしても、同時に彼らは、とても「優秀」です。
勉強ができる、という意味では必ずしもありません。いや、むしろ「ふつうの勉強」は、教科によってはブランクがあったりして、苦手としているかもしれない。
けれども、そんなことがどうでもよくなるくらい、ある分野において、彼らはみんな博学で、意欲的で、好奇心に満ち溢れています。
主体的で、かつ理知的です。

ある生徒は、驚くほど歴史に詳しい。私自身、かなり歴史は好きな方なのですが、そんな私とでも、日本史・世界史ともに殆ど対等に話し合えるほど。また彼は物語世界への造詣も深い。
また、ある生徒は、十代にしては珍しく、政治的な問題への関心がきわめて高い。当然、それに関係する知識の吸収に関しても意欲的です。また、この少年は感受性に優れており、文章を書かせると、なかなか味わい深い文を作ります。

その他の生徒たちも、みんな自分の「得意分野」になるとオタク的な知識を披露してくれます。
さらに言うと、その「得意分野」以外のこと、すなわち教養全般に対しても吸収することに柔軟です。
決して「そんなことは学びたくない」といった態度を取らない。知識をシャットアウトしようとしない。
「無理やりやらされる勉強」から少しでも離れたことが、かえって学習への拒否感を少なくしているのかも知れません。
あるいは、それは過去に、ふと調べ始めた何かや、読み始めた書物などによって、知的な面白さを感じたり、自分の高まりを実感できたりする体験を、ひそかに味わったことがあるからでしょう。

彼らとのレッスンに、私は時折、不思議な縁を感じることがあります。
というのも、もう遥か昔の話ですが、今から数十年前に14歳の中学生だった私もまた、やはり「ふつうの学校」には行かないという選択を行った人間だったからです。
そのせいで苦労もしましたし、両親には本当に迷惑をかけたと今でも思います。ですが、おかげでなかなか、人とは違うオモロイ十代の時間を過ごさせてもらいました。
また、「勉強」にはブランクが生じましたが、再びそれを始めた折には、かえって面白く感じたのか、結局、大学には入「院」生活含めて10年も通ってしまいました。

私の生徒たちが、これからどんな人生を歩むことになるのかは判りません。
それはもちろん、私が通ってきた道とは全く違うものでしょう。
それでも、彼らの将来が、きっと明るくオモロイものになることは間違いありません。
そんな彼らの人生に、ほんのわずかな時間であるにしても、自分が関われたことを、私はとても幸福に思うのです。

それでは、それでは。