年末、雑感

fullsizerender-2どうもどうも。2016年も何だか馴染みのないままに暮れなんとしております。
歳を重ねると一年が早いなんて言いますが、最近は本当に強く実感してしまいますね。

さて、わたくし事ながら、本年は昨日で仕事おさめ、最後のレッスンとなりました。
そこでも行ったことですが、最近、僕が受験生以外の生徒とのレッスンで、一番取り組んでいるのが読者指導です。
やっぱり狭い意味での「国語」教科にしても、広く日本語力全体についていっても、持続的な力をつける上で、読書の習慣をつけることより効果のあることはありません。

昨日の生徒は 中二ながらも「教養」を積むことに積極的なタイプ。
ちょっと「リベラルアーツ」的なレッスン内容になりました。
とりあげたのは、中上健次の『奇跡』と、村上春樹『風の歌を聴け』。両方、冒頭部の数十頁を一緒に読み進めました。

知っての通り、まったくスタイルの違う両作家。しかし、両者は年齢が実は三つしか変わらぬ同世代です。デビュー年代こそ中上の方がやや早いものの、ある程度、同じ時代や思想をみて育ったはず。
そして、昔々存在した「論壇」においては、中上健次のほうが圧倒的に評価は高かった。いや、いわゆる「文学好き」な層においても、ある時期までは中上ファンの方が多かったように思います。
対して、村上春樹は、かつては「大衆的」といった汚名すら着せられていた。が、現在に至るまで一貫して種々の層からの人気を集め続け、結果として時代に名を残さんとしているのは、村上春樹の方であるようです。
フォークナーの影響からガルシア・マルケスら南米マジックリアリズムを髣髴させる手法で紀州の「路地」を独特に描いた中上健次。
方や、フィッツジェラルドからレイモンド・チャンドラーなど広くアメリカ文学の影響を受け独自の文体と世界観をつくることに成功した(しかも、現在ではもはやそれが独自とは思えぬほど一般化させることに成功した)村上春樹。
そんな両者のルーツと差異、時代背景などを解説するレッスンとなりました。

期せずして、中二生徒にとってはかなりレベルの高い内容となってしまいました。
ですが最近は、あえて、こうした「教養」をーーそれに関心を持てる生徒には特にーーどんどん注入していく授業を行っています。
興味さえ持てれば、高校生だろうと中学生だろうと、文学・哲学でも政治・経済の話でも、きちんと受け止めてくれるものです。
事実、昨日の生徒はそれなりに面白く聞いてくれていたようでした。こうした内容のレッスンでは、後で感想を作文としてまとめてもらうのですが、こちらも楽しみです。

世は実学重視の時代。何だって経済的効能に還元されて価値付けられ、学問もまたその例外ではないようです。
大学もそう。多くの人たちにとって、そこは就職予備校。講義は、ただの「オマケ」でしかないのかもしれません。
2016年もまた、そうしたことを多く感ずる年でもありました。

でも、だからこそ、僕は「教養」を、リベラルアーツを、文学や哲学そしてあらゆる物事の「歴史」を大切にしたい。
学問の「歴史」に謙虚に学ぶ姿勢を持ちたいと思います。
そして僕の授業ではーー皆にそれを押しつけることはないけれどーーそんな世相に逆らえる「武器」を提供したい。
これまた本当にささやかながら、そんな思いも持っています。

では皆さま、良いお年を。
それでは、それでは。