いまんもレッスン日記⑥喜びと寂しさ

どうも、どうも。

本日は短めの話。
先日のブログの最後、記事を書いてる途中に慶應合格を報告してきた高校受験生Hくん、なんとスゴイことに早大高等学院も合格しておりましたよ!
いや、ホントすごいなあ。

と、この結果だけを書いたら、「すげー秀才のお子さんなんだろうなあ」って感じがしますけど、少なくとも私とご両親の実感はまったくそんなことはありませんでした。
秋から冬にかけて、お父様と「滑り止め含めて危ないんじゃないか」なんて話も何度か出たくらいですから。実際、「ここは大丈夫だろう」と思っていた学校を面接で落とされたりしてましたし。
それが慶應と早高院を両方合格っていうんだから、私としては、正直びっくりの上出来すぎる結果でした。

このHくんの特徴。それはもう一言、よく言えば弁の立つ、悪く言えば屁理屈に関してものすごく頭の回るおしゃべりなヤローでした。
私もかなりのおしゃべりで家では迷惑がられる存在なんですが、そんな私から見ても「よく喋るなあ」と思わせるおしゃべりヤローでした。
そのくせ私がどーでもいー話をしようとすると「断捨離!(ムダな話、よくない!)」などとのたまって、しかも問題に集中するのではなく自分がどーでもいー話を開始するという傍迷惑におしゃべりなヤローでした。

でも、この「おしゃべり」は、ある意味で、高度な国語力に裏打ちされたものだったんでしょうね。
なぜか、なかなか模試では結果が出ませんでしたが、過去問をこなす中では、どの高校の問題でも、必ず7割以上の点数をとっておりました。点が落ちるということがあまりなかった。
逆にいうと、だからこそ模試等で結果が出ないことがもどかしく、また本番に向けての周囲の不安を煽っておったわけですが、本人曰く、「模試は練習。自分は本番には強い」とのこと。
で、実際、その本番では結果を出せたんですから、有言実行で大したもんですよね、ホント。

まあ実際、彼の「おしゃべり力」を「ディベートする力」と置き換えると、すごく頼もしい感じがしてくるから不思議です。
この春、昨年夏に行って好評だった「子ども読書道場」をまたやろうと思ってるんですが、そこでは何とか小学生たちの「おしゃべり力」を引き出せたらなあなどと考えている次第です。

 

それにしても、この時期は毎年思いますが、嬉しい反面、寂しい季節でもあります。
この2週ほど、中高受験の終わった生徒たちが保護者の方々と挨拶にいらっしゃって、ちょっとお話をしたりしてたわけなんですが、そんな中でふと私が感じることは、ああそうか、この子どもたちにはひょっとするともう会えないかもしれないんだな、という一抹の寂しさでした。
もちろん、毎年、継続して習いにきてくれる子もたくさんいるんですが、なかには受験時だけ、という生徒もいます。
そういう生徒とは、もう会うことはできません。

先日、古い名簿を整理していました。
すると、出てくる出てくる、懐かしい名前。
昔。中学受験のレッスンを行ったはずの生徒が、生年を見ると、もうとっくに立派な大人になっていました。彼彼女はどうしてるだろう。

私の「ショートコント」に無邪気に笑ってくれていた彼女は今、何をしてるだろう。
私に怒られるのが嫌で駅でだだこねてレッスンをサボろうとした彼は、今も元気にやってるだろうか。

彼らにとっては、ひょっとしたら私は、ただの「塾の先生」かもしれません。
人生の中で一瞬、たまたま出会って、通過した大人でしょう。
ですが、個人指導であるためでしょうか。それとも、こちらが大人のためか。
私たちにとっては、皆、一人ひとりが、他の誰かとは違う、存在でした。
一人ひとりに、それぞれの「物語」がありました。
それは簡単に忘れられるものではないのです。

春には、また新しい子どもたちを指導することになるでしょう。
そんな彼らの「物語」にまたほんの少しだけ関われることを、「大人」である私は、ささやかな喜びにしたいと思っています。

それでは、それでは。