いまんもレッスン日記⑦詩とか作ってみる

どうもどうも。
今日はめっちゃ短い記事。読了まで5分(とかってたまにネットの記事に書いてあると、いかにも功利的効率主義っぽくてイヤですよね)。

さてさて最近、レッスンでたまに生徒と詩とか作ってみたりしてます。
これはもともと、小4から教えている現在小6男子 U太とのレッスン中、いろいろ課題をやった後、残り30分ぐらいで何をするかという話になったことがきっかけでした。
残り30分。
作文を一から作るのには少々時間が足りない。国語問題をやるのも難しい。
歴史社会についてはその日、すでに前半の課題としてやってしまっていました。

で、思いついたのが、詩を読んでみて、自分たちでも書いてみる。

まず宮沢賢治の詩を二人で読む。春と修羅。が、U太的にはなんかピンとこない感じ。
で、次に翻訳もの、ということで、最近というか5年生くらいから思春期っぽい雰囲気のあるU太にはギンズバーグの詩をチョイス。「吠える」。
こっちななかなか気に入ったようなので、なんとなく盛り上がったような気がする雰囲気のまま、僕たちも実践してみました。

まず、テーマをテキトーに決めました。なんとなく、語呂で決めただけのテーマ。
夜とお茶。
何だよそれは全く意味わかんねーじゃねーかよとか言いながら意味不明なところにこそ詩想は宿るに違いないと勢いだけで作りました。
で、出来上がったU太の詩が次のやつ。

「夜とお茶」

夜のお茶はうまい
なんかうまい
意味もなくうまい
なんか落ちつく

夜に食べる そして 飲むやつはうまい
意味がわかんないが なんかうまい

夜のお茶はうまい
とくにつめたいやつ
日々のつかれがとれると思う
なんかうまい

気づいたら なくなって お茶を作っていた
なんか つかれた

 

さてさて、こんな感じで他の子とも作ってみようと調子に乗った僕は、その次に、インターナショナルスクールに通うTMとも作ってみることに。
TMは英語ペラペラながらも将来日本で暮らしたいので日本語も忘れぬようにと毎週僕と作文を作ったり日本語小説を読んだり読解したりしている生徒です。
この日は日本史をやって小説を読んで終わってみると、残り15分。延長してもいいけどキャロムもやるなら、あんまり時間ない。
ということで、TMともテーマを超テキトーに決めて詩を作ってみたわけです。
出来上がったのが、以下。

「無」

無はなんなのか
本当にわからない
無は黒だと思う

だが

黒もなにかだ
本当にわからない
やはり 僕の想像を超える

どうでしょうかね。
なんか、それっぽいでしょう。

でも本当はその出来なんて、どうでもいいんです。
それよりも、言葉を使って「表現」すること。
そして、その「表現」のあり方はすごく自由だということ。
そのことを子どもたちが学んでくれればいいんですよね。

本当は作文だってなんだって、本当は文章「表現」なはずなんです。
小学1年生の時、あるいは年長さんのとき。
お友達に手紙を書いたり。
初めて自分で字を書き文章を作ったその成果を、誰かに見せて回ったり。
その時は、みんなあらゆる子どもが、言葉を記すことで、自分を「表現」することを楽しんでいたはずなんです。

だけど学校なり何なりで、こー書きなさいあー書きなさい、これはマルこれはバツ云々と言われているうちに、みんなその楽しさはどっかに行っちゃって、ただの「課題」になってしまう。

僕はその、かつてみんなが感じていた、言葉で表現する楽しさを、少しだけでも思い出してほしい。そう思っています。
言葉を使った自己表現は、誰にとっても身近で、そしてもっとも素朴に直截に、誰かに伝えられる表現だから。
そして人間は、誰しも、自分を表現せずにはいられない存在なのだから。

では、今日はこんな感じで。
それでは、それでは。