V-net奥多摩ノックハウスあるいは九十九亭そして今のところ前田先生のおうち

どうも、どうも。暑かったり寒かったりとようわからん気候が続いておりますが、皆さんはいかがお過ごしでしょか。僕はまたしても風邪をひきそうです。

それはともかく、今日はやってきました。って、どこにかって?

それはもちろん、奥多摩へ。

そう、つまりV-net前田先生が苦労の末に手に入れたV-net奥多摩の拠点であり前田先生のマエスク開講場所でありしかもこれから私含めていろいろ文化的自然的遊戯的かつ学問的企画の開催場所とする予定の古民家です! 名前はまだ、ない。(奥多摩ノックハウスという名前が良いんじゃないかとも言われているがしかし僕はもともと九十九亭などという名を提案したりもしたような気がするのだった)

今日、僕は授業がお休みだったので、それを良い機会とやってきたわけですよ。

いや、めっちゃいいところですよ!!

「古民家」というけれど、建物はそんなに古さを感じないし水まわりもきれいだし何よりすごく広い! もともと平屋だったはずのところをリフォームして二階まであるし。(まあ掃除はめっちゃ大変だったろうなあと想像できるし前田先生自身言ってましたが)

もちろん畑もあって庭では焚き火ができる。屋内には囲炉裏がある。そして個人的には縁側が素敵!

と、興奮さめあらぬ感じで書いておりますが、それは今まさしく僕がその古民家中をうろうろしながらスマホでこのブログを書いているからにほかならない。前田先生は別部屋で仕事をしております。そう、僕が多動症的にうろうろしておっても気にせず他の作業ができるくらいの広さなのです。

今、マエスク以外にもここでやる企画をいろいろ考え中です。僕個人は春休みや夏休みに行ってる「読書道場」をこっちでもやりたいなあなどと企画中。

ともかく。何らかの形で生徒たちともこの場所を共有したいですね!

この後は涼やかな古民家内で読書したあと焚き火を堪能するつもり。ということで今日は短いですが、この辺りにしたいと思います。

それでは、それでは!