「読書好き」を生む処方箋

どうもどうも。
いよいよ蒸し暑い季節がやって参りましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。僕はもうへばってます。「暑い」というより、この「蒸し暑い」というのが、低気圧に体調変調しやすい僕としては、ほんとツライです。と書いてて思いましたが、一年中なんかしら季節に文句言ってますね、このブログで。

さて、そんな感じで、もう夏。ということで、V-netのHPにも、夏休み中の企画レッスン告知が、いろいろ出始めてますね。
私は今年もまた、「読書道場」やります。
他にも、作文や国語記述のレッスンをやりますが、個人的にはこの「読書道場」をゆっくりでも人が来ずとも定着させていきたいんですよね。

何となれば、やっぱり読書、というか本を習慣的に読んでることって、ほんとに大切だと思うからなんですよね。最低でも、それが苦にならないって状態。

僕は十代のころ不登校になって高校中退して、まあ大学受験まで全くまともに勉強なんてしませんでしたけれども本だけは読んでました。
おかげでやっぱりいざ勉強しようと思った時に参考書含めいろんな本を読んだりして、ほとんど「独学」でも何とかなりましたからね。
まあ、そのあと10年に渡っていろんな大学学部を渡り歩くことになった原因も「本好きのせい」と言えなくもないんでその点ビミョーなんですが、ね。。。。

まあ、もっと近視眼的な観点で見たとしても、単純に読書が好きで「国語」に困ることは、ほとんどないです。
自分の子どもを小学生くらいの間、いや中学生でもいいと思いますが、「読書好き」にさえできたなら、教科としての「国語」に関しては、はっきり言ってほとんど人に習う必要は大学受験まで出てきませんよ。
大学受験だって、種々の技術を習う必要はあるでしょうが、それも「得意教科を盤石にする」作業になるはずです。古文や漢文さえも、「読書」で培った読解力があれば、普通の人より100メートルくらいスタート地点が先にある感じで学べます。

でも、そんな簡単に「読書好き」にできれば、苦労はないですよね。
ただ、以前も書いたように思いますが、いくつか「処方箋」はあります。

一つはリビングなど、いくらでも目につくところに本を置いておくことです。
その本は、いろんな種類の本を置いておいた方がいいですよね。
兄弟がいれば、お兄ちゃんのちょっと難しい本を置いておいてもいいし、妹用の絵本を置いていてもいい。
もちろん、お父さんお母さんの本を置いておくのも大切でしょう。
その子どもの年齢にあった本、というのはなかなか難しいもので、3年生でも絵本が好きな子もいれば、まだ小学高学年なのに物理学を簡単に解説してくれた本が好きな子だっている。
ちなみに僕は幼稚園だか小学低学年だかの時分のお気に入りが子ども版の「旧約聖書」でした。まったく神とか信じてないので完全に意味不明ですが。

次に、上の内容とも関係しますが、その子の読書傾向を批判したりしないことです。
読書の好みなんてものは、その子の成長度によってどんどん変わるものなんですから、中学年で「怪傑ゾロリ」が好きだろうが高学年で「ラノベ」ばっかり読んでいようが構わない。
最悪マンガであっても、いいんです。最近は、マンガすら読まない子も多いですからね。
いずれにしろ、本人が好きで読んでるのに、それを簡単に否定しちゃうと、とたんに読書は「自由」なものではなくなります。
あくまで読書は趣味でなければいけないし趣味だからこそ習慣化するのです。
誰だって、自分の「趣味の時間」に干渉されるのはイヤですよね?

でも、やっぱり他にも面白い本はあるんだし、いろんな本に興味を持ってほしい。
そう思うのも当然でしょう。
そういう場合は、自分が読んだ感想なんかを、さりげなく食卓の話題などにして、「その本自体の面白さ」を伝えることです。
当然、その本をリビングに置いておく。
もちろん、それで急にその子がそういう本を読んでくれるはずはありませんけれど、「そのうち読んでくれるかもしれない」くらいのスタンスが大切です。
押し付けるのは、よくない。それは「趣味」の「自由」をやはり奪います。

ある高学年のお子さんを持つお母さんは、自分が読んだ面白い本(これはホントに「面白い本」で巨大ザリガニが日本を襲うとか、そういう類のエンタメ本でした)を次々と息子に与えて、しかもそれが息子の机の上で「積ん読」状態になってるのも気にせず、また新しく本を購入して自分で読んで感想を言いそれを息子に与える、という行為を1、2年続けることで、実際に息子を読書好きにするのに成功していました。まあ、このお母さんにそんな意図はなかったのでしょうけれど。
この例からもわかるように、変な「邪心」は持たず、あくまで「さりげなく」すすめるのがポイントでしょうね。

すすめるのが難しいならば、絵本を読むように「読み聞かせ」してあげることも良いでしょう。
これは実際、私が「読書道場」でやってることです。もちろん、なかなか小学高学年以上のお子さんにご家庭で行うのは難しいでしょうが、低学年、人によっては中学年くらいの子どもに対しても効果的です。
「もう小さい子じゃないから」「自分で読めるんだから」などと思わず、ちょっと「実験」してみたって損はない、ぐらいの気持ちでやってみると吉です。
意外なほど、子どもはその時間、ちゃんと話を読み聞いてくれますよ。

そして、最後に。
これはまあ、当たり前って言えば当たり前なんですが、親御さんのうち、お父さんでもお母さんでも良いので、どちらかが「本好き」である姿を子どもに見せてあげること。
それこそ、ジャンルはなんだっていいと思います。
つまらない新書でもいいし歴史が好きなら歴史の本でもいい。
もちろんミステリーでもSFでもいい。なんだったら、マンガでもいい。
何にせよ、大人自身が休みの日なんかに読書する姿を見せて、「本を読むのってめっちゃおもろいんだぜ」って感じの態度を見せてあげることが大切です。
僕の生徒の中には「スターウォーズ」が好きな子が多いんですが、その場合は大抵、お父さんが「スターウォーズ」好きです。
どんな「趣味」であれ、やっぱりお父さんかお母さんが「ハマってるもの」に、小さい子どもほど惹きつけられやすいと思います。
読書だって、これと同じですよね。

さてさて。
ほんとは今日は「国語力とは何か」みたいな話を書くつもりだったのに、どうしたことでしょう。
またしても、とりとめもなく書き散らかした結果、読書の話だけで終わってしまいました。まあ、国語の話は次回にでも(ほんとか?)。
とりあえず、その「読書道場」含めた、夏用企画のサイトを宣伝で貼っときますので、興味がありましたら、ぜひ。

それでは、それでは。
http://www.vnet-consul.com/lesson/speciallesson/