「子ども読書道場」を奥多摩でやってきましたよ

どうも、どうも。
いよいよ8月ももう終わりというなか暑いんだか涼しんだかようわからん天候が続いておる東京ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。9月もやっぱり暑くて雨なんでしょうか。

さてさて、そんな中、先週金曜日、「子ども読書道場」を奥多摩の「囲炉裏教室」で行って参りましたよ。
参加者は四人。
小6、小5、小4、小3と見事に年齢がばらけてしまいまして読む本に色々迷ったんですが、ここは鉄板、シャーロックホームズものにしました。
中心的に読んだのは、「最後の事件」と「空き家の冒険」。
ホームズが宿敵モリアーティ教授と対峙して、「ホームズ死んでしまったん?」と思わせながらの、無理やりの展開による復活!までを読みました。

男の子はやっぱりこういう探偵もの、冒険ものが「好物」ですよね。
合間にこの後の展開がどうなるか、犯人や動機は何かなど、ちょっとばかり話す機会をもうけるんですが、「僕はこう思う」「いや、意外とこうかもしんない」っと、大盛り上がりで話をしてくれました。
読書には、一冊の本を寝食忘れて一人読みふけるという楽しみ方ももちろんありますが、同時に同じ本を読んだ者同士がお互いに感想を言い合ったりして盛り上がる、という楽しみ方もあります。
「読書道場」では、そういう「読書家同士が色々ものを言い合う楽しさ」みたいなものも、ちょっとだけ体験してもらえればという意図もあったりするんですよね。

さて、午前中2時間半ほど一緒に読書し昼食後は、前田先生のサマースクールと合流。川遊びに興じました。
まあ、遊ぶ遊ぶ。泳ぐ泳ぐ。
相変わらず冷たい奥多摩の川水も何のその、いつものように河原で焚き火も始めると、川水で冷えた体を数分乾かし、再び川への繰り返し。
まあ、かくいう僕も、ついに河原の暑さに耐えきれず、服のまま川で泳いじゃいましたが。

その後、後半戦。
3時半から再び、読書と作文。
件の「空き家の冒険」を読み終え、いやーやっぱりホームズ生きてたねえ良かったねえでもちょっと展開が無理やりだったねえなどと感想を言い合いつつ、でも実際、作者のコナン・ドイルは先の「最後の事件」でホームズものを止めようとしてたんだけど苦情が殺到、今風に言えば「炎上」しちゃったせいでこの「空き家の冒険」を書いてシリーズを続けることにしたんだぜ的なウンチクを僕が述べた後、それぞれ作文を書いてもらいました。

作文の時間は前回の反省を生かして(前回はだいぶ時間がおしてしまったんですよね)、十分に時間をとりました。
サマースクールから合流のY君は「おいらは今毎日作文書いてるからメモなんかいらんぜ!」っとメモなしで作文に突入。他の3人は僕がインタビューする形で簡単なメモを作ってから作文を書き始めました。
その日の結果だけみると、やっぱり簡単にでもメモを作っておくと、「見取り図」があるぶん、実際に原稿に書く段になると早いし簡単みたいですね。
一人、「作文やだー面倒だー苦手だー」とのたまわっておった小4I君も、出来上がって見れば、けっこうちゃんとした、おもろい作文に仕上がっておりました。
皆さん、インタビューからメモ作っての「作文道場」式の作文法は、一見めんどくさいかもしれませんが、やっぱりけっこう有効でっせ。

そんな四人の感想で、共通していたのがホームズの「性格の悪さ」。
モリアーティの部下を「雑魚」と読んだり、自分より頭悪い連中を明らかに見下していたりと、圧倒的に「傲慢」なホームズのキャラクターを新鮮に感じたみたいでした。
これはその作文を読んだお母さんも同様だったみたいで、ホームズって意外と「英国紳士風」に思われてるんですね。

そして今回、個人的に嬉しかったのが、前回7月の「読書道場」に参加してくれていた子どもたちの反応です。
先のY君や、合流したサマースクール組の中の何人かが前回の「読書道場」参加者だったのですが、彼らが一様に前回読んだ「怪人二十面相」を「めっちゃおもろいよ!」と言って他の子にもすすめてくれたりしていたんですね。
特にそのうちの一人、G君は知らないうちに続編の「少年探偵団」を自分で購入し、サマースクールにまで持ってきて読んでいました。
こういうふうに「本を読むのってオモシロイな!」って思うようになっていってくれたら、僕としても「読書道場」をやっているかいがあるってもんです。

ということで、次回以後も、今度は休みの期間じゃなくても開講していきたいなあと思っております(時間がうまく調節できれば。。。できるのか?ほんとに?)。
で、できればほんとはもう少し、登場人物たちの心の動きというか、心理的な深みみたいなもののある物語を読みたいとも思ってるんですがね。
ただ、なかなか短編や中編で、しかも文句なくおもろい!といった感じのそういう小説が、僕が無知なせいか児童向け小説では見当たらないというか思いつかない。まあ活発というよりほぼ野蛮という形容がふさわしい男子諸君を念頭においてるせいもありますが。。。
もし、これ読んだ方で、こんな小説どうでっか?というものがあれば、今田までご一報ください。

それでは、それでは。