「ブラック部活」はやっぱり問題だと思いますよ

どうも、どうも。
台風中はえらい涼しくなっていよいよ秋到来かと思ったもののその後は30度越えの暑さという自律神経がまるでついていかない今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。僕はせっかく秋物ジャケット買ったのに全然着る機会がありません(どうでもいい)。

さてさて、今日は最近話題の「ブラック部活」の問題。
つまり、現今の学校クラブ活動の問題。
これが最近、拘束時間があまりに長すぎるのではないか、教師に無用の負担をかけているのではないか、いやそもそも生徒全員に部活動を奨励するような「空気」自体、問題なのではないか等々、マスコミなどがいろいろと騒ぐようになってきておるわけです。

とはいうものの、僕個人は元不登校児、いわゆるクラブ活動の記憶なんてものは、はるか昔中学一年の時の陸上長距離部だった時のものしかなく、その後の10代、20代はバンド活動とか演劇活動とかの「文化的活動」しかやっとらんものですから、個人的体験としては、あんまりフェアには語る立場にないんですがね。
まあ、あくまで「勉強その他を学校外で教えている人間の立場」から書かせてもらおうと思います。

で、そういう立場の人間からするとですね。
正直、「今さらかよ、だいぶ前からチョー問題だと思っとったよワシらは!」という気分です。

というのもね。
やっぱりサッカー部とか野球部とか、体育会系のチョー忙しいクラブに入ってると、ほんと時間ないんですよ。平日の帰宅は遅いし土日も試合とか練習が入る。
これだと、僕達みたいな個人レッスンの指導ですら、なかなかまともに授業が組めません。
しかも、なんとか空いてる時間を見つけても、練習後の時間だったりすると、もう身体が疲れ果てた状態でレッスンに来るので、生徒によってはほとんどアタマが使い物にならない状態。
そりゃ、そうですよね。
肉体労働やってからデスクワークやるみたいなもんですから!

いや、そりゃ自己管理のちゃんとできてる子もいるでしょうし、すごく克己心の強い子だっているでしょう。
でも、いつもこのブログで書いてますが、そんな子ばっかりじゃないんです。
いや、むしろこの場合は、そういう「文武両道」を全うできる生徒の方が少数派、という印象です。
激しい部活をやりながら成績も良くしたい、なんてのは二兎追うものは一兎をも得ず、「スポーツ頑張ってるけど勉強はそこそこ」だったら良い方で、「スポーツはまあ普通で勉強はけっこう残念」という状態に陥っちゃう子も多いんです。

まあ、ね。そりゃ、学校は勉強だけするところじゃありません。
サッカーや野球をプレーする喜びもわかりますし、何より部活で共に汗を流した友人たちとの絆も大切でしょう。そういう楽しさを知るのは10代の特権でもあります。
また社会的見地から見ても、学校の部活動というものが、例えば貧困等の問題により「習い事」としてスポーツをやれない子ども達に、その機会を与える貴重な場であるということも重要です。

でも、それでもやっぱりほぼ毎日三時間以上もそれに時間を費やすのは、端的に「異常」だと思います。土曜も日曜も夏休みも、それだけやらせるのは、おかしい。
まして、その「活動」によって、子ども達の他の活動が制限されてしまうなら、これまた10代の特権である、多様な形での「学び」を奪ってしまうことにもなりかねません。

さらに言えば、なんとなく、生徒みんなが部活動に参加しなくてはならない、という「空気」。
これは僕のような「全員参加」とかって言葉が大嫌いな人間からすると、端的に「最低」です。そういう「空気」が教育の現場にあること自体、「最低」です。
何も部活に参加していない子どものことを、「帰宅部」と呼ぶ習慣?が昔からありますが、そんな言葉があること自体おかしくて、「帰宅部」こそが本来、「普通」のはずです。
だって学校の本義は「部活」にあるのではないのですから。
わざわざ「部活」に参加することの方が「特別」なのであって、参加してないことを殊更に言う必要はありません。

そう、部活に参加するかしないかは、絶対的に自由意志であるべきです。
運動や「体育会系」のノリが苦手な子だっている。
もし、そういう子が部活に参加しないからといって、「帰宅部」などと呼ばれ「差別」される風潮が学校現場にあるとするなら、そんな場所は「教育現場」であることを名乗る資格がありません。

こういうことを言うと、「いや、でも昔から学校の部活はこんなんだったし、それどころか俺たちの時代はもっとヒドかった! でも後から考えるとそれがすごく大切な経験だったぜ!」的なことを言う大人がいます。
でも「大切な経験」は他でも得られる可能性が高いしその「経験」が他の多様な経験の機会を阻害している現状もおかしいし何よりそれを全員に強要するのは違うでしょ、という長々としたツッコミはおくとしても、やっぱり現状の部活が「ブラック」などと呼ばれることの一因は、社会の変化が大きいんだと思います。

昔の部活動というものは、「大人」になるためのイニシエーションとしての側面があったと思うんですね。
「大人」には会社組織などの中での上下関係を含めた対人関係スキルが重要であり、また嫌な仕事、辛い仕事も「根性」で乗り切らなくてはならない局面が多々ある。
こういう「大人」としての能力を身につけるための通過儀礼ないし準備期間として「部活動」が機能していた部分があったと思う。
同じことは、やはり最近「ブラック」の名を冠されていた「アルバイト」などにも言えるかもしれません(まあ、こちらが「ブラック」と言われるのには、貧困問題など、もっと政治経済的な見地からの考察が必要ですが)。

ところが、現在はこういう「大人」の「組織人」としての能力は、あまり重要なものと見なされない傾向がある。
いや、現状の社会では相変わらずこういう「組織人」的な頑張りが評価されているのかもしれませんし、実際にそういう能力が必要な局面も多いでしょう。
ですが、少なくとも社会的風潮としては違う。
むしろ、「個人」として組織に頼らずともやっていけるスキルや発想力など、「個人」の能力、価値を高めることが重要視されている。
組織の中においてさえ、そういう力が求められているのではないでしょうか。

そうなってくると、「部活」における長時間の拘束や上下関係、激しい練習などが、かつてのように日本企業人になるための通過儀礼とは見なされなくなるのも当然でしょう。
むしろ、長時間労働とパワハラに根性で耐える「ブラック企業人」になるための通過儀礼のように思えてくる。
これが「昔はもっと大変だったけど良かった」式の議論が、現状とは噛み合わない理由です。

ま、いずれにしても、ですよ。
やっぱり学問含むその他の経験、可能性を子ども達から奪っているかもしれないとするなら(まあ僕個人はそう見えるケースと多く出会っているんですが)、やっぱり現今の部活動のあり方はいろいろ改善していくべきなんだと思います。
その練習量や練習時間はもちろん、「空気」感も含めて、ね。
例えば週2、3日、一回二時間の練習。やりたい人だけやる。とか。
それ以上にやりたい人は、学校外でやればいい。ただ、そうする場合も、他の「学び」の可能性がなくならないよう、ブレーキをかけながら、それこそ親子で話し合ったりしながらにした方が賢明でしょう。
なんにせよ、こんなに多くの子ども達が「スポーツづけ」になる必要はないんじゃない? とチョー文化系の僕なんかは思っちゃうんですが、やっぱりこれってフェアな見方じゃあないんですかね。

それでは、それでは。