メロスはやっぱりバカだった?

どうもどうも。
近頃はようやく日中の気温も上がってきてちったあ暖かくなってきたかなと思いきや急に寒い朝晩があったりしての三寒四温(誤用)、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、今日は短め。
受験指導もひと段落した先日、個人指導のレッスンで、読書のワークショップを行いました。短い小説を一緒に読んで、それを題材に、意見を言ってもらって作文にまとめるレッスンです。
これ、もうすぐ、ちょっと改良して集団レッスンでも行う予定のものなんですが、個人の指導では少しく前からやってることなんですな。
で、取り扱ったのが「走れメロス」。
生徒は実は個人といいながら兄妹で、インターナショナルスクールに通っていることもあってか、素直な意見をバンバンぶつけてくれる二人です。

実は、この「走れメロス」。
随分と前ですが、このブログで僕自身が解説(?)したこともある小説なんです(2014年のブログですね)。
知っての通り、「走れメロス」は中学の学校教科書なんかに必ず載ってる文章。
で、大抵の場合、友情の大切さとか正直の美徳とか、なんか「道徳の教科書」的な小説として紹介されてることが多い。
でも、ね。
僕の解釈では、そんなことはあり得ない、あの太宰がそんなアホな話を書くわけない。
で、僕はこのブログの中で、むしろこの「メロス」を、主人公を単純バカ人間として描いた、太宰が元ネタのシラーの詩をおちょくって作ったお話なんじゃないかと(半ば冗談で)書いたんですね。

で、先日のレッスン。

爆笑でしたよ!
というのも、生徒二人のメロスに対する評価がひどい!
「このウスノロ、まじムカつくんですけど!」
「セリヌンティウスって無関係っすよね、この案件に!? なに勝手に巻き込んじゃってんのメロスのアホ!」
「友の為に走らねばって、だからお前のせいだろ何自分に酔ってんだよこのナルシストめ!」
とばかり、「兄妹は奸佞邪智なメロスに激怒した」状態。

そこで僕は太宰の小説全般について解説。
めっちゃひねくれ者のアイロニストだってことを告げる。
「そんな太宰が、これ友情の話だよって、本気で書いたと思う?」
あり得ない、とご兄妹。
「じゃ、メロスのこのバカっぷりは、一体何なんだろう?」
と僕が聞いたところ、ご兄妹はすぐさま、
「わざとこんなふうにムカつくバカとして書いてると思う」
「読者に感情移入できないようにさせてるんじゃないか」
僕「何で? 何のために?」
「こんな友情あり得ないって言いたいんじゃない? それか、こんな正直者はおかしいって言いたいのか」
僕「じゃ、このお話の結末はどうなるだろう?」

ご兄妹はバッドエンドを期待していたようでしたが、残念ながらお話はハッピーエンド。
納得のいかない二人にレッスンでは例外的に、結末の多様な解釈について補足的に解説。
詳細は上記の過去ブログを読んでほしいんですが、最後に素っ裸のメロスに少女がマントを手渡すシーン。
これは、いわゆる「裸の王様」のパロディの可能性もあるんだよ(つまり「正直者」のメロスこそが間抜けな「裸の王様」)ってな話をすることで、なんとか納得してくれました。

さてさて、まあ上の兄妹には、こんな感じでボロカスにけなされた「メロス」の物語(まあ、お話自体は気に入ってくれてたみたいですけど、ね)。
でも、他の生徒と読んだら、きっとまた、別の反応でしょう。

だが、しかし。
これを単純な「友情の物語」とか「正直の美徳」とかって方向にのみ読ませようとするのは、無理がある。
そうでなくとも、学校教育の中で、本の読み方を、文章の解釈を「一つの正解」に導くような教え方は、もういい加減にやめたらどうだろうか。
テストでそんな「正解」を問うのは、もっとナンセンス!

そういう「誤読」を封じるデタラメな「国語教育」が、子どもたちから古典文学を読む喜びを奪っていると思います。
いや、もっと言うと「自由にものを考える」能力を奪っている。

微力ながらも、僕のレッスンでは、文章の多様な読解可能性を、子どもたちに教えてあげたいと思う今日この頃です。

それでは、それでは。

 

 

中学受験顛末記(けっこう長い)

どうもどうも。
寒い寒いと言いながらも立春を過ぎ昼の日差しについては少しばかり暖かくなってきたような気もする今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。僕はあの恐ろしい恐ろしいインフルエンザにも何とか罹らず乗り切れそうです。

さて、乗り切れると言えば、そう。
ついに今年度の中学入試が終わりました。高校入試と大学入試はまだ残ってるものの、まずは一段落です。

で、その結果なんですが。
今年はもうめっちゃ素晴らしい! みんながハッピーと言える結果でした!
今日はこの中学受験生たちについて書いておきたいと思います!
(こっから結構長いです。生徒それぞれの話を書いてたら、どうしても長くなっちゃいましたよ)

さて今年、僕が見ていた中学受験生は3人です。
この3人が、まったく三者三様。タイプの違う生徒たちでした。

 

まずは三人兄弟末っ子のT君。
末っ子らしく時折幼さの残る表情を見せてくれるものの、基本的には落ち着いた性格の彼。
サッカーが大好きで、國學院久我山STのみの受験で何とか合格したいとウチにやってきました。

春の段階でも国語は結構できていたんで、まあ大丈夫かなと思っていたんですが、夏ごろ急にトラブルが……。

併用して通っていた進学塾が、夏休みごろから急にスパルタ式になってきた。
もともと、あんまりスパルタ式に受験勉強はしたくない思っていたT君とそのお母さん。僕とのレッスンも月二回くらいに抑えていたし、進学塾の方も、そんなにスパルタじゃない方針って聞いて通っていたのでした。
……ところが、ここにきての方針転換!

案の定、目に見えて元気のなくなってきたT君。
で、どうしたものかとお母さんともども悩んだ結果……。
秋から塾の方は辞めてしまいました。

で、国語は僕、算数は前田先生が見ることとなり、社会と理科は僕と前田先生がフォローしつつも、自分で勉強することに。
でも、これってけっこう不安になる選択ですよね。自分で勉強っていっても、ほんとに自分でできるの?

ところがT君、ここからマジで頑張った。めっちゃ自分で頑張った。
さっき、まだ少し幼さが残ると書きましたが、これが受験前には一変!
教室に一人で残って黙々と自習! 中学生諸君より、よっぽどしっかりしてるではないか!

……で、その結果はどうだったか?

もちろん、余裕の合格でしたよ!
初日こそ緊張しまくったらしいですが(お母さん談)、見事、二日目の試験で國學院久我山ST合格を決めてくれました!

でもね。
実は僕は大丈夫だと確信しておりました。
だって過去問やっても国語も社会も抜群の安定感だったんですもの。
何より、あんなに自主的に勉強できる彼が、うまくいかないはずがない。

きっと中学に入ってからも、彼なら順調に力を伸ばしていってくれるに違いありません。
おめでとう、T君!

 

さて、もう一人。同じく國學院久我山ST合格を決めたのが、Rちゃん。
小柄ながらもスポーツ大好き頑張り屋さんの女の子です。
彼女は実は、去年の受験生だった女の子の紹介できた生徒でした。
で、去年の彼女もかなりの頑張り屋でしたが、このRちゃんも本当に頑張る。頑張りすぎる。

すごく真面目な良い子なんですよ。
大人が話せば、10人が10人、きっと彼女を好きになります。
礼儀正しく、しっかりしていて責任感も強そう。話す言葉もはっきりしていて内容も明瞭。
こういう子ですから、そりゃ真面目に決まってます。
だから勉強も頑張ります。頑張りすぎちゃいます。やらなくていいような塾の宿題も全部やっちゃいます。

でも、そんなに頑張ると、やっぱり疲れちゃいますよね。
だから、受験前はずいぶん疲れた様子でした。
正直、それが一番、心配でしたね。

国語も悪くないんです。
というより、本もよく読むし上に書いたように言語も明瞭。国語ができないわけがない。
だけど、塾でいろいろ言われてたのか、僕が最初に見た時から、なぜか国語が出来ないと思い込む「呪い」にかかっておりました。

この「呪い」を解くことが、それこそ僕の仕事の半分だったわけです。
が、同時に受験前は、何とか彼女の「疲れた」心をほぐし励ますこと、これが大事な仕事になっていきました。

で、1月末。おそらくそれまでの疲れが溜まりに溜まっていたのでしょう。
なんと受験直前に風邪を引いてしまうという……。

幸いインフルエンザではなかったのですが、そりゃ最初はかなり心配しました。
よりによって何でやねんっ、と。
彼女がかわいそうで仕方なかった。

でも、ね。
人間万事、塞翁が馬。
ここで風邪を引いたことが、結果的には、かえって良かったようなんです。
いい息抜き、あるいは開き直る時間になってくれたんでしょうかね。
試験自体はかなりリラックスして受けられたようです。

実は國學院久我山STは第二志望の学校でした。が、第二志望と言いながらも、事前の予想では、かなり厳しいのではと言われていました。
僕自身、国語はまあ何とかなるにしても、算数が過去問の感じだと厳しいのではないかと思っていました。

ですが、なんとそこに一発合格!
朝、お母さんからご連絡いただいた時は、思わずガッツポーズしちゃいましたよ!

本当に、まさか一発目で合格するとは!
いい意味で予想を超えてくれました。
本当に良かった。

Rちゃんなら、久我山に入ってからも、きっと持ち前の真面目さで、勉強に、スポーツに頑張っていくことでしょう。
おめでとう、Rちゃん!

 

さて、最後に紹介するのは、D君です。
今回、実は最後までハラハラドキドキさせられたのが、このD君でした。
けっこう以前から、英語や作文なんかを習いに来ていたD君。
性格は明るく快活。素直。ねじれたところが全くない。
小学生諸君の間では、キャロムの達人としても知られています。
実際、キャロムに関しては、教師である僕とだいたい同じぐらいの実力なのです(なお、教室に通っている歴代の生徒の中でも、僕に勝てるのは数人程度です)。

そんな長い付き合いのD君。
当然、なんとか受験は成功させてあげたい(彼はオルタナティブ・スクールに通っているので、公立中学に進学するのは現実的ではありませんでした)。
しかし、朗らかな彼の人柄、好奇心に溢れた彼の知的関心をダメにしてしまうような「ガリ勉」を強要したくはない。
ということで、ご両親が考えた進学先が三田国際中学でした。
この学校、種々の教育的取り組みの結果、最近、急速に偏差値を上昇させている学校です。
とはいえ、伝統的な難関校とは違うので、それほど「ガリ勉」せずとも通用するのではないか、という見立てでした。

ところがどっこい、受験はそんなに甘くない。
いざ蓋を開けてみれば、模試ではやたら高い偏差値がつく。
受験倍率も、正確に分からんまでも、やたら高そう(一回の試験で20人くらいしか取らない!)。
難関校受験者が、第二、第三志望校として受験しにきやがる。
……結果。
めっちゃ、苦労しました。

もちろん、本人はすごく頑張ったんです。
国語だけでみたって、本当に頑張りました。
苦手だった漢字も一年で、ほとんど書けない字がなくなるくらい勉強しました。
読解問題でも、僕の「罵詈雑言」に耐えながら、どんな設問にも対応できるようになりました。
作文試験に備えた練習もギリギリまでしました。

……が、数回ある試験で、なかなか結果が出ず。
めっちゃ心配しましたよ!
試験前に励ましの電話を、何回もかけてしまいました……。
正直、最悪の結果も少しだけ考えちゃいました(でも僕はものすごい楽天家なので、ほんとにほんの少しだけでしたが)。

でも、彼はきっと自分の力を信じていたんでしょうね。
僕が電話するたびに、力強い受け答えが帰ってきました。
結果が出ていなくとも、ちっともしょげてなんかいない。
励ますつもりが、かえって僕が励まされましたよ。

……そして、そして、ついに最後の試験。
そう。
その最後の試験で。
見事に結果を出してくれました!

僕がどれだけ嬉しかったか!
電話がかかって来たとき、全く意味不明な受け答えをしてしまうほどでしたよ!

いやーーー本当に良かった。
翌日、学校の帰りに教室を訪ねてくれた彼と、握手しました。
彼の手は、気がついたら、ずいぶん大きく、力強い男の手になっていました。

きっと彼ならば、その溢れんばかりの知的好奇心を満たすべく、中学校でも存分に勉学に励んでくれるものと思います。
おめでとう、D君!

 

さてさて、こんな感じで三者三様の中学受験が終わりました。
毎年のことながら、自分が「コーチ」として、彼らの人生の一部に関われたことを、本当に嬉しく思います。

たかが、受験です。
それで彼らの人生が決まるわけではなったくない。
されど、受験です。
本人はもちろん、関わった僕たち教師にとっても、その時間に刻まれた努力は、喜びは、悲しみは、やはり人生の、大切な財産となっていくものなのです。

T君、Rちゃん、D君。
本当におめでとう。
しんどかったけど、君たちと過ごせた時間は、僕にとっても素晴らしい時間だった。
だから本当に、ありがとう。

それでは、それでは。