理想の国語授業について

どうも、どうも。
一昨日ぐらいからめっちゃ暑くなって急に真夏日とか言われて熱風のなか息も絶え絶えで何もやる気が起きないって感じですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。僕はもう外に出たくありません。

さてさて、先日、かつて作文道場(現モノ書きくらす)において華麗なる作品を発表し続けた御大、笑うバカ太郎先生(現在、高3)と個人レッスンを行っておったところ、ふとしたきっかけで国語の理想的な授業について話すこととなりました。

きっかけというは、あれです。学期末テストです。
ちょうど今、中学生高校生諸君は、学期末テストの真っ最中なんですな。

そこで僕だったかバカ太郎先生だったか、どちらともなく話題にしたのが、優れた文学作品をしょうもないテストの題材に使ってくれるなということでした。
いや、もちろん、文学作品をテストの題材にするなということではないですよ。あくまで「しょうもないテスト」の、です。

だって、おかしいでしょう。「夢十夜」とか、テストにしたら。
「夢十夜」の登場人物の「気持ち」とか聞いてくるんですぜ? アホかと。
しかも、その答えは学校が用意した、教師が授業中に解説した、そういう答えと決まっている。
国語の学期テストというのは、ふつう、本当の国語力を聞いているというより、授業をきちんと復習したか否かを問うている感じになってしまっているので、自由な解答なんか書けるわけないんですな。

そういう種類のテストなのに、「メロスが激怒した理由は何か?」なんてアホみたいな問題をふつうに出してくる。
そんなもんに答えるための試験勉強なんかしてたら、多くの子どもが文学作品を嫌いになっちゃったって、仕方がないと思うわけです。

「せやから、オレ、もう国語の教科書にオレの好きな文学作品とか、載せてほしくないとすら思うんよな」
「せやけど、ほな載せるもんないやんけ」
「いや、評論でええやん評論で」
「それかて、あんた、オレの好きな丸山眞男を汚すなとか何とか、言いそうやで」
「……」
「だいたい、中学生がそんな評論ばっかりやったらしんどいやろ」
「……だったら、あれや! 試験廃止したらええねん!」
「まあ、それはええとして、学校の教科書には古今の文学作品を中高生に紹介するっちゅう意味合いもあるんやで。ワシ、夢十夜とかそれで知ったもん」
「せやから、しょうもなテストを廃止や! 全部、レポートとかで評価したらええんや!」
「……せやけど、あんた、予備校時代、40人くらいの小論文の添削、毎日やんのに気い狂いそうやったとかなんとか言っとらんかった?」
「……」

まあ、でもホントに、現代文の試験というのは、学期テストに限らす、レポートや論文で評価するのが筋だとは思ってるんですよね。
小学生なら作文。読解力も確認したいなら、物語の続きを想像させる作文なんかを書かせたり、物語の核をなすテーマについて書かせたりすればいい。
まあ、結局それは上にも書いた通り、今のところ採点に時間と労働力がかかりすぎるという理由でなかなか採用されないんでしょうけれども。

そして何より、国語の授業は、現在のように物語や作品の「解釈」を「教える」形のものではないほうが望ましい。
もちろん今も、教科書の内容をめぐって種々の解釈を参照したり生徒同士で話し合わせたりといったこともしてるんでしょうけれども、外から見ていると、何となく言い訳程度にちらっとやってる感じで、結局は一義的な解釈を生徒たちに「与える」形になってしまっている。
これは教師の問題だけではなくて、生徒の側も、僕がよく言っている「学校特有の文化」「空気」みたいなもののせいなのか、どうも受け身になっているように見える。

で、これはバカ太郎先生にも言ってたんですけど、僕の持論としては、国語の授業ってのは、ほんとはただ「読書」をするだけの時間であってもいい。
毎回のレッスンの最初に、ちょっとした共有すべきテーマを話しておいて、その後は、各自で読書。
全員で同じ本を読んでもいいし、別々の本を何人かのグループに分かれて読んでもいい。
そして読了後に作文やレポートを書いたり、ディスカッションをすればいい。

これだけで、本当はいいんじゃないだろうか?

もちろん、作文やレポートを書く力をつけるためのライティングの授業は別に用意する必要があります。
ともあれ、とりあえず子どもたちの読解力と文章力を鍛えることこそが国語の授業に求められているものなのだとすれば、こうした二つの授業スタイルが柱になるべきではないのかな、と思います。
後はプレゼン力とかかな?

実際、都内の某有名進学校の国語の授業では、こういう方式をとっているところもあります。
いわゆるリーディング・ワークショップ、ライティング・ワークショップという方式ですな。

いや、それは進学校だからできるわけで、種々の学生が集う公立中高ではなかなか難しいっすよ、という意見もわかります。
まして、小学生なら、そんな簡単に行くかよ、とも思いますよね。

でも、それならせめて、同じ本や小説を、教師の語り聞かせに合わせて、みんなで共有して読むって形にすればいいんじゃないでしょうか。
「夢十夜」や「羅生門」なんかを、ただ読んで、それをネタに話をする。それだけ。

いや、別に建設的な「話し合い」をする必要なんて、ないと思います。
例えば、映画を一緒に観たりして、その感想なんかを話すときに、いつもいつも「建設的な話し合い」なんかしませんよね?
馬鹿話の中に、たまに面白い意見が出たりする。そんなもんでしょう?
そして、そんな会話だからこそ、僕たちは同じ映画を観た相手と感想を述べ合ったりするのが楽しんじゃないでしょうか。

読書だって同じこと。
それを国語の授業として成立させてくれさえすれば、子どもたちに自然な形で読書への興味を持たせることができるでしょう。
そううまくいかなくても、少なくとも授業の中で色々な文章にふれ、読解力は身について行く。少なくとも、同じ小説の解釈を何日にもわたって解説されるような(しかも大した解釈ではない)つまらない授業よりはマシだと思います。

さて、ここまでお読みになった皆さんは、お、こいつ、微妙に自分の授業を宣伝しとるな、とお気づきでしょう。
そうです。
つまり、僕が今年度から始めた「読書のW・S」も、普通の、「国語の文章を読んで解答を考える」=「文章の一義的な解釈を求める」方式の国語授業以外の形で、子どもたちの国語力をアップさせたい、という気持ちから生まれてきたものなんですな。

実際、まだまだ試行錯誤ではありますが、それでも毎回、小説を読んだ子どもたちの中からは、いろいろな意見が出ていきます。
もちろん、7割くらいは「おバカ」な会話なんですが、それでいい、いや、それがいいんだと思います。
なぜなら、まさにそんなリラックスした雰囲気だからこそ、突然、こちらは本当にびっくりするような鋭い意見も飛び出してくるからです。

今後は徐々に、回を跨いで、中編の小説を読んだり、自宅である程度、読んできてもらう、という形に広げていく予定もあります。
ま、その辺は子どもたちの反応を見ながら、ですけどね。
とりあえず、7月は旧約聖書の子ども版みたいなやつを、高学年コースで回を跨いで読むつもりです。

ともあれ。
学校の国語授業が、僕の子どもの時と同じスタイルっちゅうのは、これだけ社会が変わっていることを思うと、さすがにひどいと思います。
今後は徐々にでも、変わっていって欲しいですし、また変わって行かざるを得ないでしょうな。
それでは、それでは。