主体的な「学び」を得るために

どうも、どうも。
相変わらず花粉症がひどい、というほどでも僕はないんですが、それでも鼻がいつも既にムズムズしている今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。ウチではマスク嫌いのはずの奥さんが口鼻被覆の完全武装を始めました。

珍しくも頻繁に記事をアップしている。
のは、暇だからでは決してなくて、近ごろ教育について考えざるをえない案件が色々と身の回りで起こりまくっておるからなんですね。どちらかというと、プライベートで。

それにしても、近年の自分の記事をあらためて見返して見ると、不登校の話や公教育のあり方なんかについての話、あるいはADHD傾向等の話ってのがほんとに多いですね。
他にネタないんかいって感じもしますが、このブログは自分自身がレッスンで感じたことや、プライベートで考えたことなんかを直接のきっかけにして記事にしてるわけで、そういうネタが多いというのは、つまるところ自分の身の回りにそういう案件が非常に多いということの結果なわけです。

実際、公教育のあり方がいろいろと曲がり角にきていることは、間違いないでしょう。
っと言いつつ、そんなことは僕が小学校の頃、つまりはかれこれ30年は前から言われていたことで、イジメの問題なり不登校の問題なり詰め込み教育の弊害なりは叫ばれておりました。だいたい僕が不登校児でした。

にも関わらず変わらない。
いや、実は僕が見るかぎり、結構、細かいところでは変わっているんですが、大きなシステムとして変わらない。
それは前回の記事で書いた小学生たちの意見に見る通りです。

でも、僕が娘の学校のカリキュラムなんかをみる限り、いいこともやってるんですよ。ウチだけかもしれませんが。
ウチは東京の田舎なんで、自然環境もけっこうあって、そういうところに学外体験学習として、よく出向いて行ったりもしています。
で、そのことを作文に書かせたりする。
これだけみると、悪く無いように見えますよね。

ところが、この作文をみな嫌がる。のはまだ判るにしても、体験学習すらいやがる子どももいる。めんどーがる。
これはいったい何でなんでしょうか?

その一つの原因は、おそらく「こうしなさい」「ああしましょう」という有言無言の〈上からの指導=強制〉や、「みんなと一緒にやりましょう」という〈集団行動の押しつけ〉があるからではないでしょうか。

たとえば、体験学習に行きたくなかった子どもが、「おもしろくなかった」とは作文に書けないわけです。学校では、なかなか。
ましてや欠席するわけにもいかない。
で、本当は行きたくもなかった体験学習の「感想」を、おためごかし満載で書かなきゃならない。
いや、作文に「本当のこと」なんて、そもそも書くことは難しいにしても、「いやだった」ことを「楽しかった」とか書くのは、やっぱり苦痛ですよね。
こうして、そもそもの「作文」自体も嫌いになっていくわけです。

もちろん、これは例にすぎません。
子どもだって千差万別、楽しく作文書く子だっているし、どんなに周囲がお膳立てしたって「メンドクセー」が口癖になっちゃってる子どもだっているでしょう(それはそれで非常に問題ですが)。
そもそも、そうは言っても、大抵の子どもは体験学習が好きです。

ただ少年時代、遠足も嫌いだったし運動会も大嫌い修学旅行が死ぬほど憂鬱だった非社会的引きこもり少年だった僕から言わせてもらうと、それでも「強制」されること、「集団」であることを強いられることは、けっこうストレスを子どもに与えるものだと思います。

そして、これは「勉強」一般に言えることですよね。
これまた極端な例をあげると、子どもに「勉強しろ!」とあんまりにも口うるさく注意し説教するってのは、はっきり言ってその子どもに「勉強するな」と言ってるのと同じことだと思います。
まあ、そうは言ったって口うるさくしちゃう時もあるでしょうし、実際、言わなきゃいけないケースだってあるでしょうけど、ただ少なくとも、それはやりようによってはちっとも効果的ではない。

なぜなら、やっぱりこれも「強制」だからです。
そして「強制」により「勉強させられる」ことは、その内容を単なる「やらなきゃいけない作業」に変えてしまうからです。場合によっては、非常に苦痛に満ちた。

もちろん、人生には「苦痛に満ちた作業」をやり遂げなくてはならない局面だってあるでしょうし、そういう訓練なんだと割り切ることもできるかもしれない。
でも、少なくともそれは「教育」ではないと思います。そんなことは他の場でも学べます。
また、「作業」することに慣れた子どもが、本当の意味で「アタマのいい大人」に成長するとも思えません。

ちなみに自分のことを語らせてもらうと、僕は少なくとも十代終盤よりこっち、「勉強」がしんどいと思ったことは一度もありません。
いや、端的に言えば、「勉強」は常に楽しみであったし、今もそうです。
ただし、その「勉強」の内容は、自分が興味を持ったこと、自発的に「勉強」しようと思った対象に関すること、だけですが。

そして、幸か不幸か、不登校で高校中退者の僕は、大して周囲や社会から「強制」される「勉強」をしてくることがありませんでした。
結果的に、今でもなぜか「正義とは何か」といったことを考え読書し、他方で承久の乱当時の武士の生活なんかを調べて喜んでいます。英語力が少しでもあがると嬉しいし、子どもに算数教えようと勉強するのも楽しいです。
これは今や、僕の「趣味」なわけです。

いや、自分のことを話しすぎました。お恥ずかしい。
でも、言いたいことは、つまり「自分から行う」勉強はちっとも苦ではないということです。
そして実は、そうした自発的な「勉強」こそが、本当の意味での「学び」であるということです。

先ほどの体験学習の例に戻りましょう。
もし、この体験学習が、単なる授業の中での「行事」ではなくて、子どもたちが自発的に何かを調べたい、と考えた結果として行われたものだったなら、どうでしょう。
あるいはもっと素朴に、野原のなかでいろんなことところを散策したい、という欲求から生まれたものだったら。
そのきっかけは教師が与えたものだったとしても、それは少なくとも「つまらなかった」という無気力な感想を生むものにはならないでしょう。
だって、それは自分たちで考えたことなんですから。自分たちがやりたいと思ってやったことなんですから。
だからもちろん、行きたくない子は行かなくていい。「皆が同じこと」をやる必要はない。
その子はまた、別の自分の興味にしたがったことを、「学ぼう」とすれば良いわけです。

それぞれが、自分の「個性」に応じた「学び」を好奇心に応じて獲得していく。
これこそが本来の、「教育」というものの一つのあり方ではないかと思います。

それでは偏った知識しか身につかないのではないか?
いえいえ、本当に好奇心をもって種々のことを探求できたならば、それは理系文系かかわりなく広がっていくものだと思います。
(だいたい知識に偏りのない「大人」なんているでしょうか?)

いやいや、それは理想論だよ?
そうかもしれません。
でも、皆がそう思ううちは、結局、この国の教育のあり方は、この後30年経っても変わらないと思います。

僕としては一歩一歩でも、こうした「理想」を自分の限られた範囲の中でも実現していきたいなあと思う今日この頃です。

それでは、それでは。

 

学校がつまんない理由(小学生の意見)

どうも、どうも。
2月、いよいよ花粉の季節となってまいりまして、教室でも皆が鼻声になりながら辛そうにレッスンを行っている今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。僕はまだ鼻がかゆい程度です。

さてさて、毎回、軽めの記事を書こうと思いながらテーマが重くなってしまうこのブログ、今日こそは軽めの記事で行きたいと思います。
題して、なんで学校はつまらんのか。

いやいや。
いきなりむっさ重いテーマやないけ? どこが軽いねん。
と自分自身でも突っ込んでしまいますが、あくまで語り口はソフトに軽めに、松永さんのブログに倣うなら、あくまでジョーダンとして書き連ねていきたいと思います。

全然関係ありませんが、先週の読書のWSでは、星新一の「マイ国家」という短編を読んでみんなで国家について考えてみました。
ってそんな高尚なテーマを小学生で議論し作文を描いてもらうのは、ちょい無茶ぶりすぎるだろうということで(まあ議論はしたんですが)、その際、作文は「自分でマイ国家を作るなら」、というドラえもん的テーマにしてみたわけです。
で、そうするとやっぱり小学生、出てくる話題の一つが「学校をなくす」。
それで、聞いてみたわけなんですな。

「お前ら、なんで学校イヤなん? ちょっと聞かせてんか?」
「そんなもん、おもろないからに決まっとるやんけ」
「いや、せやから、どこがおもろないん?」
「せやなあ……、まず長すぎるな、時間が。友達に会えるのはええねんけど、夕方までずっといるんはしんどい」
「ああ、そらそうやなあ。僕かておんなじとこには6時間ぐらいしか、おれんもんなあ」
「いや、大人でそれはあかんやろ」
「お、おう……。じゃあ、君らはどれくらいなら、我慢できるん?」
「時間っちゅうか、まあ昼までやな。給食おいしいから食べたいけど、そのあとすぐ帰りたい」
「帰って何やるん?」
「そんなもん、なんぼでも遊べるやんけ。……というか、暇がほしい。時間がほしい」
「なんか、子どもらしない切ない答え返ってきたなあ……」
「あ、それで言うたら、宿題!」
「宿題? ああ、それはイヤやろなあ。まあ、でも復習が必要な勉強もあるからなあ」
「いや、それにしても、無駄やろっちゅう宿題が多すぎるねん!
「え、どんな宿題?」
「漢字、10回も書かせたかて、何にも覚えてへんっちゅうねん!」
「ああ、そりゃ、よう言われることやなあ」
「あと、自由に日記書けえ言われて、ちょっと世の不条理について自分の考え書いたら、『考えが偏りすぎデス』って赤で直されんねんで? どこの全体主義国家やねん! 自由に書け言うたんちゃうんか!?
「それは確かにヤバイっすね……」
「だいたい先生がイヤ! 先生がいや!」
「お、俺も教師やねんけどな、一応……」
「アホ! 冗談言うてる場合か!」
「……(なんで怒られたん?)」
「いい先生もおるねんけど、ひどい先生はヒドイ! 意味わからんことでめっちゃ怒ってきよんねん! それで反論するともっと怒りよんねん!」
「まあ、それはケースバイケースで……」
「いやいや、作文に自分の考え書いて、呼び出し居残りはヒドイやろ!」
「へ」
「さっき言うた話じゃ。世の不条理についてのワシの考え全否定なんじゃ。なんじゃい、この言論封殺は!」
「……」
「ワシは断固、このような全体主義的ボリシェヴィキ的な言論封殺には屈さへんでえ! 造反有理、革命無罪! 強権的支配階級を打倒すべし!!」

と、生徒がこのような革命精神に目覚めたのは嘘ですが、その他は大まかに言って事実です。

まあ要するに、まとめると、①拘束時間が長すぎる。②無駄な宿題が多い。③教師への不信、と言うことになるでしょう。
このうち、①については②の課題と同じく、「無駄な時間が多すぎる」と言う部分もあるようです。
また、③はまあ、昔からある課題ではあります。
ただ、最近の傾向としては、子どもの主観的な問題というよりは、実際に社会的価値観が多様化してきているなかで、「教師の常識」と子どもたちや各ご家庭の価値観が合わなくなってきていることもあるでしょう。
そうした価値観の多様化に対応するには、確かな知性に基づく柔軟な思考が必要なのですが、知っての通り、学校の教師は教師で近年のブラック企業的労働条件のために異常に疲弊しています。一部の優秀な教師をのぞけば、そんな知性を身につける時間も、柔軟に思考できる余裕もありません。

で、重要なのは、これらの不満が、いわゆる「特に問題なく学校に通っている子どもたち」から出ていることですね。
つまり、僕がいつも問題にしているような、学校特有のムラ社会的閉鎖性を敏感に感じて特別のストレスを感じているわけではないということです(いや、そういうストレスもあると思いますが、少なくとも意識化されていない)。
逆に言えば、そうしたストレスにも大きく左右される感性鋭敏なタイプの子どもは、より一層、「学校しんどい」という気分で過ごしているってことでしょうね。

実際、上記の子どもたちとは別ですが、昔、ある生徒と同じような話をしていたところ、「そもそも学校の教室で授業を受けるのがイヤだ! 勉強するのも公園とか広く自然のある場所で受けたい!」と言っていた子どももおりました。
こうした「感覚」などは、非常に象徴的ではないでしょうか?

ともあれ、では以上の小学生たちが、納得して楽しく通える学校があるとすれば、それはどんなものか?
上の不満をもとに考えてみます。
すると、

⑴最小限、有意義だと納得できる学びを得るのに必要な時間だけ居れば良い。
⑵宿題はないほうが良い。あったとしても、必要な復習のみ。
⑶教師とは保護者含めて密な関係性を築ける方が望ましい。
(♯)教室にこだわらず、広く移動し、種々の自然環境のもとで学習する。

どうでしょうか?
日本式「学校」というシステムにこだわらなければ、案外、実現できそうなもののように思いますが、そう考えるのは僕だけでしょうか?

まあ、いずれにしても、今日は軽めの話題。
これ以上は深入りしないことにします。
皆さんもが子どもたちの教育環境を考えてみる際の一助としてくれればと思います。
「マイ国家」ならぬ「マイ学校」を考えてみるのも面白いですよ。

それでは、それでは。

中学受験と公教育と哀しみと

どうも、どうも。
またしても更新がすごく滞っているなか、春らしき暖かな日もちょいちょい訪れつつある今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。僕は花粉症が怖いです。早くも。

さてさて、更新が滞る問題。言い訳させてください。
だいたい、このブログは休日の午前中に書くことが多いんですが、実は前々回の休日、受験前だというのに例のインフル何某という恐ろしい妖怪に襲われましてね。不覚にも。
ここ何年か、予防接種なしで大丈夫だったので油断してたら今田家パンデミック状態になっちゃいまして。発端は幼稚園児の息子だったんですが、「罹患したって発症しない方が多い!」などと呪文を唱えていたもののあえなく発症、数日の自宅軟禁を味わったという次第です。
これが第一の休日。ブログ、無理。

で、第二の休日、先週だったわけですが、これは受験直前、超多忙。ブログとか、書いてる暇なくあえなく死亡。

そういうわけで、こうして久しぶりにのんびりデスクに座れるのが今日、ということになっちゃったんですよね。え? 僕の言い訳なんかに興味ない? そうですよね。

さて、受験。
高校、大学入試組はまさに今、直前といった状態なんですが、中学受験組は概ね終了。
毎年のことながら、悲喜こもごも。
僕の担当していた生徒は、メンタル面、あるいは勉強面でかなり危ぶまれていた生徒たちが奇跡の合格を果たす一方、国語めちゃ出来で安心していた生徒が第一志望でうまくいかずという結果。

奇跡の合格組二人についてはほんとに僕もびっくりで、しかも1回目試験でダメだったのに2回目試験で逆転合格。
僕も親御さんもかなり厳しいと覚悟していたので、知らせを聞いたときは変な意味で目を、耳を疑いましたよ。
一方、国語めちゃ出来女の子は、本当に、本当に過去最強、戦闘力53万レベルで国語ができる生徒だっただけにちょっとがっかりしましたが、本人は第二志望の学校で十分満足らしく、第一志望2回目試験を受けたらどうかという周囲のススメを断固拒否。何回も受験するのは真っ平だという。
まあ第一志望校はもちろん高偏差値校だったわけで、そこでガリ勉続けるよりも、のびのびやりながら成績上位を維持できた方が青春楽しいわな、ってことで周囲も納得。
というより、そんなふうに自分の意思をはっきり持てて決断してるのに周りがあれこれ言えないよね、いやむしろ主体的に自分の意思を主張するのは素晴らしいじゃん、ってことで収まりました。

でも、実はそれ以外にも、悲しいお知らせが。

実は僕が直接担当していなかった生徒なんですが、ある男の子が受験でかなり厳しい状況になってしまったとのこと。
どの教科がどう、と詳しい状況は聞いていません。が、伝え聞くところによると、最初の、第一志望の試験でかなり精神的に落ち込んでしまったそうです。
彼については受験指導はできませんでしたが、むしろそれ以前から、グループレッスンなどで、よく知っている間柄。
そう、長年の、友人のような生徒の一人だったのです。
そんな彼が、教室で頑張っている姿は何度も目にしていました。

可哀想に。

はっきり言って、今はまだ、それ以外に言葉がありません。気の毒でたまりません。

彼はとても明るい、ものすごく素直な男の子なんです。
いつも笑顔をたやさず、僕が何か冗談を言って呼び止めると、必ず嬉しそうに言葉を返してくれます。

ほんとにいい奴なんですよ。ほんとに。

すごく読書家で、暇さえあれば本を読んでおりました。
しかも、けっこう難しい本を読んでるんです。
奥多摩の焚き火でも、いつも楽しそうで、みんなのムードメーカーでした。
そんな彼が、一生懸命、勉強していたんです。
すごく、一生懸命。

いやいや、何を書こうか。
言葉が見つかりません。

本当は、受験の話は簡単に終わらせて、公立小学校や中学、あるいは私立中学含めての公教育の現状について、また書こうかと思っていたんです。
さっきまで、そのつもりでした。
でも、彼について書かないわけにはいかないだろうと、そう思って文字を打ち込んだとたん。

ちょっと、言葉が、うまく出てきません。

何と言って彼を慰めてやるべきだろう。
今度のことだって人生の経験になるはずだ。いや、そんな言葉はたとえ真実でも、今はまだ、空々しい。ひたすらに、軽い。
もちろん彼には、輝かしい未来が拓けています。たかが中学受験です。でも、ね。そうは言えないですよ。今は。僕は、彼らが本当に本当に頑張っていたのを、知っているんですもの。

僕は、ね。
中学入試ってやつは、本当は子どもに酷なんじゃないかって思うことも、あるんですよ。
まだ幼い部分を残す彼・彼女らを無理やり大人にさせる部分がある。
だから、彼らを指導していて、自分の教育観と、矛盾を感じることだってあります。

でも、一方で、子どもの幸福を願い、中学受験を選択する親の気持ちもよくわかる。
私立が良いわけでは決してないんですが、公立中学、あるいは小学校の現状は、親の不安を煽り、また場合によっては実際に子どもたちをスポイルしてしまうところがあります。

だから、せめて無理のない勉強の仕方をすすめますし、無理のない形での受験をしてもらもうとします。
それでも、辛い時が、ありますよ。本当に。

でも、どうしてなんでしょう?
別に多くの親御さんは、あるいは子どもたちは、受験エリートにさせたい、なりたいなんて思っていません。
ただ、子どもたちが少しでも生き生きと学べるような環境を求めているだけです。
少人数のクラスを実施している学校はないか? 子どもの自主性を重んじている学校はないか? 主体的な学びの環境を整えているところはないだろうか? 子どもたちを下らない内申書で縛るのはいやだ。
当然の思いです。
一人の親として、僕もそう思っています。

なのに、それを実現しようと思うと、場合によっては子どもの何かを犠牲にしなければならないかもしれない。受験のために。

繰り返せば、僕個人は、いや松永先生をはじめ一緒に子どもたちを教えている僕の仲間の教師たちは、この矛盾を軽減させようと、あるいは矛盾自体がなくなるようにと心がけながら、子どもたちと接しています。
子どもたちが何も犠牲にしないように教え、時に親御さんにアドバイスをします。
それでも、やっぱり僕たちは矛盾の中に生きています。

こうした矛盾を解く方法はないのでしょうか?
子どもたちが何ものも犠牲にせず、生き生きと少年少女時代を送れる環境はないのか?

きっとあるはずです。
そして、それはそんなに難しいことでもないはずなのです。

でも、今日は疲れました。
続きは次回に書きたいと思います。
一生懸命、頑張った子どもたちに、最後に言いたいと思います。
君たちが、僕は、大好きだよ。

それでは、それでは。