発達「障がい」:変わるべきは彼なのか?

どうもどうも。

すっかり秋めいた日々、と思っていたら、急に短パンを履きたくなるような暑さが戻ってきたりと、よくわからん日々ですが。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。僕は最近忙しいのが嫌で山籠りがしたいです。

とはいえ嫌がってもいられない。
頑張りましょう(誰に言っとるのか)。

さて、今回のお題。
発達・学習「障がい」

うーん、やっぱり、この言葉、あんまり好きじゃない。障がいって一体なんなんだ。
いや、書きながら思ったんですが、文字にすると余計にキツイ。

そもそも今日のテーマに限らず、足が不自由だったり耳が不自由だったり、その色んなことを「障がい」と呼ぶ、そういう単語に括ってしまうのも何だかなあ。。じゃあ何て書き表わせばいいんだと言われると、またわからないんですが。。。

僕の妻は子どもの頃から関西で、とある先生について絵を学んでいたのですが、その先生は耳が不自由な方でした。
その先生や他の生徒と一緒にフランスへ旅行に行ったこともあるそうです。
僕はその先生と、結婚前に一度会っただけなんですが、その先生のことを話す妻や妻の家族は、先生のハンデのことなどまるでないかのように自然に話題にしておりましたよ。
その先生は、すでに鬼籍に入られております。
では、その先生の人生に「障がい」などあったのでしょうか?
何とも僕には言えませんが、でも「困難」はあったに違いないが、それは「障がい」ではなかったのでは? そして、「困難」は等しく誰の人生にも訪れるものです。

いや、わからない。
偉そうに書ける案件でない、ということだけしか、やはりわかりません。

閑話休題。
いずれにせよ、発達の「でこぼこ」具合もまた、通常の学校生活や、人や場合によっては社会生活上の「困難」ではあることでしょう。
特に学校にせよ職場にせよ、ある種の共同生活における集団性を強く要求される場であれば、彼・彼女が「生きづらさ」を感じるには十分です。

僕は過去、そして現在、いわゆるASD、ADHD、LD等と呼ばれる「個性」をもつ子どもたちと多く接してきました。
では、そういう子どもたちと学校とのマッチングはどうだったか。
その「でこぼこ」具合が深刻なほど、学校生活とは「客観的」には、あまりうまくいっていないように感じる子が多かったのですが、一方で、ある種「他人の意思や気分を読み取るのが苦手」なために、かえって「底抜けに明るく」過ごしている子どももおりました。
いや、まあ、総じて、そうしたマッチングも「運」であることが多いいようにも思います。

また、それぞれに深刻度もあります。
確かに、今、小学生の段階では、ある種の集団からはみ出がちなほど「落ち着きがない」様子だったり、「突拍子もない行動」に出たり、「終始喋りっぱなしで人の話をまるで聞かない」状況だったり、「自分のやり方に絶対的にこだわる」子どもだったり、「目の前の他人が何を考えてるかさっぱり判らない」様子だったりしたとしても。
成長とともに、良くも悪くも「落ち着いていく」「自分の個性を上手に扱えるようになる」子どももたくさんいます。
また逆に、ある種の外部のフォローがある程度、必要なお子さんも実際おられるでしょう。
僕たちのような学校外の「先生」含めて、そういうフォローがあったからこそ、「個性を上手に扱える」よう成長できたのだ、という見方もあるかもしれません。

いずれにせよ、この問題は、本当にケースバイケース、子どもそれぞれに対応が異なる。
いや、そもそも「不登校」の問題もそうであるように、一律な対応が可能な「教育」などあるはずがないのでしょう。

ともあれ。
では、そうした「でこぼこ」を抱えた彼や彼女が周囲の環境の中で「生きずらい」「しんどい」と感じたとき。
変える、変わるべきなのは、彼・彼女なのでしょうか?
それとも周囲・環境なのでしょうか?

こうしたことを書くのも、実は最近、とある相談を受けたからです。
詳しくは書きません。
が、とにかくも、やや感情のコントロールが苦手で「自分の方針」にこだわりを持つ僕の生徒。
彼が、どうやら学校に目をつけられている、という話です。
なんだかんだと親が呼び出され、「問題」を指摘され、婉曲的に手に負えないと言われる。
そして、「薬」をすすめられる。

確かに彼は変わっています。
ですが、「めちゃくちゃ変わってる」かというと、僕の実感では、そこまででもない。
もっと「めちゃくちゃ変わってる」子を知ってるからです。
また、一年半ほど見ているうちに、確かに随分成長した。
いろいろと我慢できるようになったし、意に沿わないことも、嫌々ながらするようになった。特に僕が怒ったりせずとも。つまり少しずつ少しずつですが、「個性」を自分なりに扱えるようになり始めていました。

にも関わらず、つい最近も、とある行事の際に、学校の先生は彼のプライドをひどく傷つけるようなことを言ったそうです。
その先生に「悪意」はなかったのかもしれない。それは、そうでしょう。
でも、その言葉は確かに、しばらくの間、彼を「荒れさせる」ほどにはキツイ言葉だったようです。

さて、もう一度聞きましょう。この場合。
変わるべきなのは、彼でしょうか?
それとも周囲の環境でしょうか?

つまり、彼が「薬」を飲んで、学校の先生方にとって「扱いやすい」子どもになるべきなのでしょうか?
それとも、逆でしょうか?

僕は逆だと思います。
順序が間違っていると思います。

僕は「薬」を飲むこと全てが悪いとは思いません。
何事も教育において原理的であることは、その原理的言動によって傷つくお母さんやお父さんがいると思うからです。
実際、極端に深刻なケースにおいて、一時的に薬を飲むことが効果を発揮するというケースもあると思いますし、実際に目にしたこともあります。

しかし、この場合は、どうか。
特に、少なくとも教育に携わる者が、簡単にそれを言うのか。
耳にした母親がどんな気持ちになるか、十分わかっているはずなのに。

繰り返せば、全てのケースに当てはまる解答はありません。

ですが、その子がまだ、まさに「発達」の途上にある場合。
その当人を周囲の環境に合わせて「変える」前に、周囲の環境をこそ「変える」べきなのでは、と僕はどうしても思ってしまいます。

いや、これは僕がヒルネットのようなフリースクールの活動を始めたから、そう思うのかもしれない。
実際、僕がヒルネットを始めたのは、そうした色々な「個性」を持つ子を受け入れられる「環境」を僕自身が作りたかったからです。
大人数を扱う「学校」に、環境の変化を求めるのは、そもそも難しいことなのかもしれません。

どうでしょう。
皆さんは、どう考えますか?
変わるべきなのは、「彼・彼女」なのか。「環境」なのか。

僕自身、また別の視点から、この問題を考えるため、来月にでも種々の「個性」からくる「困難」にぶち当たった子どもたちを教えている教室を見学に行く予定です。
そう。僕もまだまだ修行中なわけですね。

この問題については、また別の機会にも、「修行」の経過を書かせてもらおうとお思います。
それでは、それでは。