学校は全然アフターコロナとかじゃなかったって話

どうも、どうも。
今年もまた大嫌いな梅雨真っ最中、気圧変化のせいか僕は毎日体調がどんより優れぬウンザリな日々を送っておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。あー早く梅雨明けないかなー。。。

さてさて、このブログもすっかり月一連載みたいになってきております。
いや、まあ相変わらず言い訳するなら、忙しい。
ステイホームとかが終わってリアルにヒルネットや個人レッスンを再開したら、やっぱり忙しいんですよね、これが。
休日になかなかブログをアップしようって気になんない。
そうこうしてるウチに気がついたら一月経っちゃってたって感じなんですよね。いやマジで。

まあ、このブログを楽しみにしてくれている人がいるとしたら申し訳ないこってす(そんな人あんまりおらんでしょうが)。
今後もせめて月一連載のペースでは続けていこうと思うので何卒よろしく。。。

 

とまあ、さてさて本題。
ここ東京では、相変わらず実態的にも、経済的にも、心理的にも「コロナ禍」が梅雨の雨空のようにダラダラと続いておりますが、一方で皆ある程度ふつうに生活もしなきゃなんないということで、アフターコロナだとかニューノーマルだとか、いやさアフターコロニーだとか、いやそもそも宇宙世紀だとか、いろいろな言葉が女帝コイケ的にもてはやされておる日々です(もはや意味不明な文)。
と、そんな今日この頃の第三新東京市ですが、ここにちっとも新世紀になっていないものが一つある。

それが、学校。

いや、ね。
知ってましたよ。
前回の記事を見直してみたら、そんなこと自分でも匂わせていたような気もします。

それにしても、ね。
変わらんどころかヒドクなってるんじゃねーの?

いや、ほんと何でしょうか。
小学生に7時間授業とか。30分一コマにせよ1日8コマとか。
中学生なら土曜日なのに6時間。あと、めっちゃ多い宿題、課題。
私立公立関係なくひどい。

いやーしかしオンラインがどうとか9月入学がどうとか言ってて結局これかよ。
ふざけんなよ。
ちゃんと生きてる子どものこと見てんのかよ。数字だけでつじつま合わせよーとしてんじゃねーよ。

そう。
つじつま合わせ。
あるいは見えない「誰か」からのクレームへの「言い訳」としてやってるようにしか見えない。
事態に合わせて現状を変えることができない。
いや、もっと言えば、主観的には「中庸」な選択をしてるつもりで結局現状を追認し新たな解決策を何ら提案できない。
70年前と何も変わってねーじゃん。

いや、現場の先生たちは悪くないんすよ。ほんと。
いや、悪い先生も一部にはいるんでしょうが、それは現在の状況とはまた別の問題。
むしろ悪いのは、もっと上の奴。
学校長だったり教育委員会だったり。
そして、もちろんラスボスは文科省。文科省が結局、「ことなかれ」に走ったせいで、こうなった。

前回のブログでも書きました。
学校の本来の役割は「勉強」にあるわけではない、と。
そういう意味では美術や音楽も、あるいは小学校なんかでは必要かもしれない(ただし中学校、お前はダメだ)。
でも、一日7時間にして宿題増やしてまでやることじゃないよね。
それで子どもたちにヨユーなくなったら本末転倒だよね。
アホか。

(※余談ではあるが、コロナ禍への対応については、正直、お金をたくさんとってるだけ一部私立小中高の方が、対応は最悪であるとも言えた。
とある名門私立高校ではなぜか1対200のZoom授業を強行し生徒の顰蹙を買っていた。いや、大学じゃないんだからムリよね。誰が考えたんだか。
またオンライン授業はしないのに、大量の課題を出して、その日の夕方にネットで提出させるというブラック企業的小中学校も散見された。
こういう私立小中高は学費を返納すべきだとけっこう本気で思う。「学歴」のためだけに金出してると思っとりゃせんか?
いやまあ、それを言うなら大学。ヒドイ酷すぎる。通信制でしか授業もゼミもできない上、施設に立ち入り制限するなら通信制大学並みの学費にするのが筋でしょう確信犯的詐欺行為か?)

で、こんなアフターセンチュリー以上にヒドイ現在の学校生活に対して、今まで以上に「耐えられない」と思う子どもたちだってたくさん出てくる。そりゃ、そうだよねえ。。。

この一ヶ月でもう何件もの不登校の相談を受けました。
年齢もバラバラ。
深刻度もいろいろ違う。

コロナ禍で家にいる期間、子どもによっては、その状況にうまく対応出来ていた。
皆が「不登校」の状態ゆえに特に自分の置かれた状態を気にすることなく自分の行いたいことができていた。
「非常時」が「常時」になったが故の「安心」があった。

しかし、それに「終わり」がやってくる。
家にいる期間の「安心」があったが故に、休校あけの学校に対するストレスは、当然大きなものだったはずです。
しかも、その学校はかつて以上に「ヨユー」のないものになっていたりもする。。。

この記事を今、読んでいる皆さんの中にも、お子さんのことで様々なお悩みを抱えている方がおられることでしょう。
今書いた通り、コロナ休校明けから学校に行けなくなった。あるいは「行き渋り」がひどくなった。そこまで行かずともストレスからか家庭での言動が荒れている等々。。。。

そういう場合、まずは彼・彼女が「エネルギー」を回復するのをゆっくり見守りたいところです。

これは現時点でお子さんが「学校」を明確に「拒否」している場合はもちろんですが、そこまでいかずとも、むしろ「何とか学校に行こうとしているのだけど行けない」、「学校の何がイヤというわけじゃなくても行けない」といった感じの場合にこそ重要でしょう。

 

お子さんが急に「不登校」になれば、親として心配になるのは当たり前。
何とか「解決」できないかと焦ります。誰だってそうでしょう。

ですが、その「不安」は必ずお子さんにも伝染します。

すでに本人だって悩んでいるのです。
急に「ふつう」じゃなくなった自分。どうして学校に行けないのか? このまま学校に行けず自分の人生どうなってしまうんだろう。。。
少なくとも小学校高学年以上の子どもならば、大人と違って視野も狭い分、誰だって悩みます。大人以上に悩んでいます(そして不登校の「理由」は、ここでも繰り返し書いてきたように、自分ではなかなか言語化できないものなのです)。
そうした素振りを「大人」である僕たちに見せてくれなかったとしても、です。

そこに「親」の「不安」が重なってくる。
これは、辛い。
自分で「不安」に思っていることを、どうやら「大人」である親も不安に思っている。ということは、やはり自分の状態は「とんでもなく心配な状況」なのではないか。。。
そんなふうに考えてしまい、それを解決しようと自分なりに焦り、でもどうしようもなく自己嫌悪が深まるばかり。。。そういう悪循環に突入してしまいます。

ですから、まずはゆっくり見守りましょう。
焦って「解決」しようと思うのはやめましょう。

「どうってことないよ。
学校なんて行こうが行くまいが何とかなるさ。
学力の遅れなんて心配するな。
お前が本気になれば、そんな遅れすぐに取り戻せるさ。
大丈夫。
どんな道を進んだって、お前ならきっとうまくやっていけるとも」

嘘でもいい。
演技でもいい。
まずは、そういうメッセージを子どもに送ってあげましょう。
態度でも。そして言葉でも。

もしお子さんが、まだ小学校中学年ぐらいの年齢なら、「エネルギー」が再び充填されたときに、ふと学校に通うようになるかもしれません。
コロナ休校あけの「ショック」が原因なら、とりわけそういうことも多くあるかと思います。

あるいはお子さんが中学生以上なら。
それはもう、彼・彼女自身が自分の「人生」を、「自分なりの生き方」を悩みつつ選び始めたということなのかもしれません。少なくとも、そう受け取ってあげるべきでしょう。
それは「ふつう」の道ではないかもしれない。
しかし、おそらく彼・彼女なりの「ベスト」な人生を歩むための第一歩ではあるはずです。

学校はアフターコロナになっても結局、何も変わりませんでした。
ですが、せめて僕たち親は、少しずつでもその価値観を変えていってもよいのではないでしょうか。

それでは、それでは。