低学年の「不登校」と、「規律」ある「時間」

どうも、どうも。
秋の紅葉も見ごろよのうなんて思ってたらすっかり冬モードになってきた今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。と思ったら暑い日とかあって地球環境まったなしっすね。

それにしても、早い! 早いぞ早過ぎるぞ時の過ぎるのが!
前回の記事から1ヶ月以上すぎておるのではないか。。。
休みの日に家族でお出かけ予定をちょっと立て続けに入れたら、このブログどころかヒルネットの活動記録すらままならない!(そう、このブログが月一連載になっておるのは、こちらのヒルネット活動記録も同時に書かねばならんからなのです。宜しければ、ご覧あれ)

さてさて、そんな言い訳はともかく、今月のテーマ。
それは「規律」。そして「時間」

あーやだなー。規律とか規則とかやんだーよなー俺。
だいたいルールって奴がデーっキレーなんだよなー。だって子どものころ、母親から、「この芝生入るべからず」という公園芝生に書かれた看板を叩き割るスナフキンの勇姿を描いたムーミンの漫画見せられて、「こんな人間になると良いぞよ」というような教育を受けたような受けなかったような気がするオイラっすよ? 
特に論理的根拠のないルールとか、無理。
「どうして〇〇してはいけないんですか?」と尋ねて、「いえ、そういう決まりなんで」とかって答えられると完全に大人であることを忘れて激昂しちゃいそうになるんだよなー。

。。。と、「規律」という一語を書いただけで、長々と発作的に無駄な文章を書き連ねてしまう僕は本当にサイコな人間です。生まれてきて誠に申し訳ございませんでした。

いやね。ある種のルールというか、規律みたいなもんが必要な場もあるとは思いますよ。
例えば、誰かの話を多人数で聞いているときに、一人が鼻クソほじりながら横の奴とくっちゃべったりしやがるのは、話し手に失礼ですし宜しくないでしょう。
あるいはウチの愚息は空手習ってるんですが、そういう武道の世界で「礼」ってやつは大切ですよ。素人がいうのは僭越ですが、武道が暴力ではないのは、この「礼」の心構えがあるからなんじゃないかと思います。

でもなあ。
やっぱ「前ならえ!」とか必要なくない?
ていうか、なんかのたびに何でいちいち整列せにゃあならんの?

別に校長先生の話聞くのに整列しておく必要ないやん?(今はコロナのせいでしてないのか?)
体育、みんな揃いの体育着でせんでもええやん?
移動するのにいちいち並ぶ必要ある?

はい。例にって学校の話です。
また学校の批判かよそんな細けえ悪口ばっか言ってないで別の切り口から教育の問題語って見せろよマンネリ野郎って悪口が聞こえてきそうなんですが、やっぱり種々の教育相談受けてると、なんで学校って場所はこんなに頑ななんかなあと思うことが多々あるからなんすよ。
いや、僕が会社勤めをしたことないから判らんだけで、日本の会社もこうなんだろうか? 日本社会全体の病気の縮図だったりして。。。

もちろんそんなこと気にならん人はたくさんいるでしょうし、整列することにも揃いの体育着にも、もともと意味があったことだって知っています。
それこそ鼻クソほじりながらくっちゃべるような大人にさせないための教育効果を期待していたのかもしれず、昔は貧富の格差から「揃い」の服を用意しないとそうした格差がトラブルを起こしかねなかったのかもしれず。
(でも、まあそれ以前に戦前あるいは明治から続く「軍隊」的教練指導の残滓なんじゃないかなあって気もするんですが。特に「前ならえ!」とかね)

でも、ねえ。僕みたいなサイコじゃなくても、こういうことに異常に緊張を感じるタイプの子だっているんですよ。しかも、結構たくさん。

そんなことを書くのは、つい最近、まだまだ低学年の、小さなお子さんの不登校に関する相談をよく受けるからです。

小学校高学年以上、とりわけ中学生くらいの不登校、あるいは登校拒否は、学校の制度的な問題だけではなく(それももちろん大きいんですが)、周囲との人間関係やら思春期特有の鬱屈やら色々な問題が絡んでいて、それこそ「原因」なんて本人にも判らない。それはこのブログでも何回も書いてきたことです。

それは、もちろん低学年だって変わらない。何か一つの「原因」のせいにできれば簡単なわけです。が、少なくとも特に低学年において大きいだろうなと推測できるのが、この学校特有の「規律」ってやつなんです。

そして、この「規律」ってもんが、学校では、「時間」と同時攻撃してくる。

どういうことか。
つまり、「この時間までに〇〇を終わらせましょう」とか、「この時間になったら、皆で〇〇に移動しましょう」って奴が多過ぎる!

いや、これはまたまた自分の古い古い三〇年前の記憶なんですが、体育の時間に決まった時間内に体操着に皆と一緒に着替えるのが大変辛かった!
何で? と思われるでしょうが、自分でも何でだったのかよくわかりません。

でも、決められた時間に何かをやらなければいけないってのは、幼い子どもにはけっこう大変なことなんじゃないでしょうか? 

少なくとも、そう感じるのは僕だけじゃないようです。
教室移動の時間になっても自分の子どもだけがのんびりぐずぐずいつまでも教室にいて皆においていかれる。。。
授業内に終わらせる課題がいつまでたっても終わらずみんなが次の作業にうつっているのに我が子だけが前の課題をやっている。。。。
宿題がいつまでたっても終わらず翌日の朝に回して学校に遅刻する。。。。

こんな相談をたくさん受けます。
でも、どうして皆が皆、同じ時間に同じ行動を取れると思うんでしょうか?
みんな違う人間で、成長の度合いも、それこそ生まれた月も違う。早生まれの子も4月生まれの子も。字を覚えたのが早い子も、なかなか音声と字が結びつかない子もいる。

同じ時間に同じことできるわけ、ないやん

こういうことを考えるとき、僕は一本の映画を思い出します。
それは『サーミの血』という映画です。このブログでも以前紹介しました。
あらすじをチョー簡単に説明すると、30年代当時、狩猟生活を続けるサーミ人の女の子が、その差別的境遇から抜け出したくて、都会の人間になりすまして生きていこうとするお話です。チョー良い映画なんで、このブログとは関係なくご覧あれ。

以前、このブログにも書きましたが、その映画の中に、印象的なシーンがあります。
主人公が都会の学校の生徒のフリをして、ちょうど体育の時間に紛れ込みます。
そこで、都会の学校の生徒たちは、ある「リズム」に合わせて、いっし乱れず「規律」正しい準備運動的ダンスを行います。
しかし、「一定のリズムに合わせて規律正しい動作を行う」ということを、それまでの人生でやったことのなかった主人公は、他の生徒と同じように動くことができません。
その姿は、哀れです。
しかし、本当に「哀れ」なのは、主人公ではない。
本当に「哀れ」なのは、「規律」に従い、「リズム」に従って、非常に奇妙に見える動作を繰り返す都会の子どもたちなのです。その子どもたちの動きは、非常に、滑稽です。

その後、彼女がどんな人生を送ったのか。
映画では、老婆となり、「都会の人間」として生きてきた主人公の姿だけが映されます。

サーミの彼女は「都会」の人間になれた。
皆と一緒の時間に体育着が着替えられなかった僕は?
学校にはいかなくなりました。

「同じ時間」に「同じ行動」を取ること。
それを「規律」と呼ぶこと。
そこに簡単に順応できる子もいれば、できない子もいる。

では、それができない子は、排除されても、その「場所」からいられなくなってもいいんでしょうか?
サーミ人の子のように、自分を殺して、順応すべく耐え忍ぶべきなんでしょうか?

日本の教育は、社会は、本当にそれで良いんでしょうか?

それでは、それでは。