教育で一番大切なこと:年の瀬に徒然なるまま

どうも、どうも。
今年も一年がいよいよ終わりですなあ色々あった一年ですが皆さん年の瀬をいかがお過ごしでしょうか。僕はこの記事を大掃除の合間に書いています。しんどい。

さて、それにしても今年はほんとに色々あった。個人的には年初に人生初めての骨折を経験。そして言うまでもなくコロナ禍。オンラインでのレッスンも多々こなしつつ、そういう中で教育の本質、というとちょっと大袈裟だけれども、少なくとも自分が子どもたちと関わっていくなかで大切に考えざるを得ないものが何なのか、といったことを深く考えさせられた一年でもありました。

例えばコロナ自粛期間中。
個人レッスンについては不便もありましたが、まあ慣れた生徒が多かったのもあり、個人的にはレッスン自体はそんなに違和感なく行えたようにも思いました。細かいデメリットも多々ありましたが、メリットを感じさせる場面も結構あった。
現在は「原則的」に個人レッスンも対面でなるべく行う形にしていますが、この個人レッスンに関しては、今後はネットを使って、ケースに応じて様々な形でレッスンを行える可能性もあるでしょう(もっとも、だからこそ以下に記すことも踏まえて、あえてセッションの醍醐味を生かす「対面」にこだわるというのも大事な考え方だと思います)。

一方で、僕の現在の活動のもう一つの柱は、少人数のフリースクールであるヒルネットの活動にあります。

こちらも自粛期間中、リモートで時間を共有する機会を作っていました。皆に個人での「活動」(Workと読んでいます)を発表してもらうような形で、だいたい活動日に2時間〜3時間くらいzoomで時間共有を行なったでしょうか。

とはいえ、フリースクールのような子どもたちの「居場所」であることを重んじた教育の場においては、リモートというのは自ずから限界があります。
子どもたちが、自由にぶらりと立ち寄れ、誰かとたわいもないお喋りに興じたり、一緒に遊んだり、あるいは共に学んだりすることのできる「場」であるためには、やはり現実の空間が必要となります。

特にヒルネットは、そもそも「体験」ということを一つの理念としていました。屋外への「散歩」やフィールドワークといった活動により、子どもたちが「ナマ」の自然環境や都市環境と触れあうこと。それが大切な理念でした。

こうした活動は、当たり前ですが、ネットの中ではできません。
焚き火の炎のぬくもりも、山を登るしんどさも、川の水の意外な冷たさもネットの画面越しには伝わりません。
(YouTubeには燃えている焚き火が映っているだけという謎動画も多数ありますけどね)。

だからこそ、自粛が解け、再び教室で子どもたちと会えた時はとても嬉しかった。
再び山に、川に、様々な街に、子どもたちと一緒に「お出かけ探検」できるようになって、こんなに楽しいことはないと思った。

上にヒルネットの理念としてナマの「体験」というものがあると書きました。
しかし、それが本当に大切な理念であると真に実感したのは、再び種々の「体験」を子どもたちと共に行えるようになった、この時だったのかもしれません。

自粛期間中、リモートで子どもたちと接していたとき、気づいたことがあります。
それは、子どもたち同士でのトラブルが極端に少ないことでした。
もちろん時間が短かったから、ということもあります。
しかし、ネットのなかでは(たとえそれがzoomのように顔が見えるものであっても)、「誰か」が不快な行動をとったとしても、いともたやすく無視できるのです。シャットダウンしてしまうことができる。

現実に再び教室に集ってしまうと、そうはいきません。
歳の近い子ども同士は、つまらないことで言い合いを始めます。ケンカになることだってあります。
それを年長の子どもたちが鬱陶しく思うこともあるでしょう。
突然誰かが何かにイライラして大声をあげます。「散歩」に出かけると急に走り出す子がいます。それを追いかける子も。誰かがそれらを諌めるとそれはそれでケンカになったり。すると年長組はまたヤレヤレといった顔。

こうしたトラブルは「面倒」なことです。
しかし、実際に人と人が出会うということは、いつも既にこうした「面倒」な出来事と隣り合わせな「体験」なのです。
そう、極限すれば、ナマの「体験」というのは、すべからく「面倒」なものなのです。

山に出かけようと思ったら、雨が降る。
川遊びに出かけたら、水にドボン。着替えがない。
街歩きを行えば道に迷い、何キロも歩くはめに陥る。

この「面倒」な出来事、ということを、「偶然性」という言葉を用いて表現してもいい。
物事が決まった通りに動かないこと。自分が思っていたのとはまるで違う結果が生じてしまうこと。
現実の世界はそうした「偶然性」に満ちあふれています。
現実の世界のなかで生きていこうとするなら、そうした「偶然」の出来事は回避できない。
それにより引き起こされたことが、どんな「面倒」なことであっても。

僕が教育においてナマの「体験」が大切であると考えるようになったのは、そうした現実の「偶然性」をまさに身をもって知る、「学ぶ」ことが、子どもたちが成長するなかで何より重要ではないかと感じるようになったからでした。
「偶然」に引き越される失敗。数々のアクシデント。
それらをまさしく「体験」していくなかで、僕たちは大人になるために必要な「知恵」を蓄えていくのではないでしょうか。

もちろん「体験」に宿る「偶然性」は、面倒ごとだけを引き寄せるわけではありません。
思わぬ出逢いが新たな好奇心の源になることだってあります。
川で溺れそうになることもあるけれど、その水の冷たさが夏の日に喜びを与えてくれることもあります。

繰り返すなら、ナマの「体験」とは面倒なものです。
ですが、その面倒なことが僕らを成長させ、また僕らに歓びをも与えてくれるのです。

ネットの効率的なコミュニケートの中に、こうした「偶然」は多く生じません。
「面倒」なことも起こらないが、新たな歓びを与えてくれる「出逢い」も多くはありません。

ひょっとしたら、僕は当たり前のことを言っているのかもしれませんね。
なぜなら、僕が今年を通して実感した上のようなことは、自由な行動や他者との接触を制限された、日本中の、世界中の人々が感じたに違いないことだからです。
仕事はリモートだってできる。カリキュラムのある「勉強」はネットのなかでもできる。

でも、それとは違う、人と人とが対面して出会う「体験」が人間には必要だ。
自然に触れ、自由に街を歩けるようになることが僕たちには必要だ。

そして何より、子どもたちにこそ、そうした「体験」が必要だ。
何が起こるかわからないナマの世界を「体験」することこそが必要だ。

そんなことを深く深く実感した一年でありました。
いや、コロナ禍が再び僕たちの日常を侵し始めている今、そうした思いをより強めている年の瀬です。

ゲッ! なんてことを徒然なるままにひぐらしつづっておるうちにあやしうこそものぐるほしけれ。大掃除がどこかにいってしまった。
まあ、いいか。それもまた「思い通りにいかない」現実の一つですよね。

それでは、それでは、皆さん来年も宜しくお願い致します。
良いお年をお迎えください!