学校は全然アフターコロナとかじゃなかったって話

どうも、どうも。
今年もまた大嫌いな梅雨真っ最中、気圧変化のせいか僕は毎日体調がどんより優れぬウンザリな日々を送っておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。あー早く梅雨明けないかなー。。。

さてさて、このブログもすっかり月一連載みたいになってきております。
いや、まあ相変わらず言い訳するなら、忙しい。
ステイホームとかが終わってリアルにヒルネットや個人レッスンを再開したら、やっぱり忙しいんですよね、これが。
休日になかなかブログをアップしようって気になんない。
そうこうしてるウチに気がついたら一月経っちゃってたって感じなんですよね。いやマジで。

まあ、このブログを楽しみにしてくれている人がいるとしたら申し訳ないこってす(そんな人あんまりおらんでしょうが)。
今後もせめて月一連載のペースでは続けていこうと思うので何卒よろしく。。。

 

とまあ、さてさて本題。
ここ東京では、相変わらず実態的にも、経済的にも、心理的にも「コロナ禍」が梅雨の雨空のようにダラダラと続いておりますが、一方で皆ある程度ふつうに生活もしなきゃなんないということで、アフターコロナだとかニューノーマルだとか、いやさアフターコロニーだとか、いやそもそも宇宙世紀だとか、いろいろな言葉が女帝コイケ的にもてはやされておる日々です(もはや意味不明な文)。
と、そんな今日この頃の第三新東京市ですが、ここにちっとも新世紀になっていないものが一つある。

それが、学校。

いや、ね。
知ってましたよ。
前回の記事を見直してみたら、そんなこと自分でも匂わせていたような気もします。

それにしても、ね。
変わらんどころかヒドクなってるんじゃねーの?

いや、ほんと何でしょうか。
小学生に7時間授業とか。30分一コマにせよ1日8コマとか。
中学生なら土曜日なのに6時間。あと、めっちゃ多い宿題、課題。
私立公立関係なくひどい。

いやーしかしオンラインがどうとか9月入学がどうとか言ってて結局これかよ。
ふざけんなよ。
ちゃんと生きてる子どものこと見てんのかよ。数字だけでつじつま合わせよーとしてんじゃねーよ。

そう。
つじつま合わせ。
あるいは見えない「誰か」からのクレームへの「言い訳」としてやってるようにしか見えない。
事態に合わせて現状を変えることができない。
いや、もっと言えば、主観的には「中庸」な選択をしてるつもりで結局現状を追認し新たな解決策を何ら提案できない。
70年前と何も変わってねーじゃん。

いや、現場の先生たちは悪くないんすよ。ほんと。
いや、悪い先生も一部にはいるんでしょうが、それは現在の状況とはまた別の問題。
むしろ悪いのは、もっと上の奴。
学校長だったり教育委員会だったり。
そして、もちろんラスボスは文科省。文科省が結局、「ことなかれ」に走ったせいで、こうなった。

前回のブログでも書きました。
学校の本来の役割は「勉強」にあるわけではない、と。
そういう意味では美術や音楽も、あるいは小学校なんかでは必要かもしれない(ただし中学校、お前はダメだ)。
でも、一日7時間にして宿題増やしてまでやることじゃないよね。
それで子どもたちにヨユーなくなったら本末転倒だよね。
アホか。

(※余談ではあるが、コロナ禍への対応については、正直、お金をたくさんとってるだけ一部私立小中高の方が、対応は最悪であるとも言えた。
とある名門私立高校ではなぜか1対200のZoom授業を強行し生徒の顰蹙を買っていた。いや、大学じゃないんだからムリよね。誰が考えたんだか。
またオンライン授業はしないのに、大量の課題を出して、その日の夕方にネットで提出させるというブラック企業的小中学校も散見された。
こういう私立小中高は学費を返納すべきだとけっこう本気で思う。「学歴」のためだけに金出してると思っとりゃせんか?
いやまあ、それを言うなら大学。ヒドイ酷すぎる。通信制でしか授業もゼミもできない上、施設に立ち入り制限するなら通信制大学並みの学費にするのが筋でしょう確信犯的詐欺行為か?)

で、こんなアフターセンチュリー以上にヒドイ現在の学校生活に対して、今まで以上に「耐えられない」と思う子どもたちだってたくさん出てくる。そりゃ、そうだよねえ。。。

この一ヶ月でもう何件もの不登校の相談を受けました。
年齢もバラバラ。
深刻度もいろいろ違う。

コロナ禍で家にいる期間、子どもによっては、その状況にうまく対応出来ていた。
皆が「不登校」の状態ゆえに特に自分の置かれた状態を気にすることなく自分の行いたいことができていた。
「非常時」が「常時」になったが故の「安心」があった。

しかし、それに「終わり」がやってくる。
家にいる期間の「安心」があったが故に、休校あけの学校に対するストレスは、当然大きなものだったはずです。
しかも、その学校はかつて以上に「ヨユー」のないものになっていたりもする。。。

この記事を今、読んでいる皆さんの中にも、お子さんのことで様々なお悩みを抱えている方がおられることでしょう。
今書いた通り、コロナ休校明けから学校に行けなくなった。あるいは「行き渋り」がひどくなった。そこまで行かずともストレスからか家庭での言動が荒れている等々。。。。

そういう場合、まずは彼・彼女が「エネルギー」を回復するのをゆっくり見守りたいところです。

これは現時点でお子さんが「学校」を明確に「拒否」している場合はもちろんですが、そこまでいかずとも、むしろ「何とか学校に行こうとしているのだけど行けない」、「学校の何がイヤというわけじゃなくても行けない」といった感じの場合にこそ重要でしょう。

 

お子さんが急に「不登校」になれば、親として心配になるのは当たり前。
何とか「解決」できないかと焦ります。誰だってそうでしょう。

ですが、その「不安」は必ずお子さんにも伝染します。

すでに本人だって悩んでいるのです。
急に「ふつう」じゃなくなった自分。どうして学校に行けないのか? このまま学校に行けず自分の人生どうなってしまうんだろう。。。
少なくとも小学校高学年以上の子どもならば、大人と違って視野も狭い分、誰だって悩みます。大人以上に悩んでいます(そして不登校の「理由」は、ここでも繰り返し書いてきたように、自分ではなかなか言語化できないものなのです)。
そうした素振りを「大人」である僕たちに見せてくれなかったとしても、です。

そこに「親」の「不安」が重なってくる。
これは、辛い。
自分で「不安」に思っていることを、どうやら「大人」である親も不安に思っている。ということは、やはり自分の状態は「とんでもなく心配な状況」なのではないか。。。
そんなふうに考えてしまい、それを解決しようと自分なりに焦り、でもどうしようもなく自己嫌悪が深まるばかり。。。そういう悪循環に突入してしまいます。

ですから、まずはゆっくり見守りましょう。
焦って「解決」しようと思うのはやめましょう。

「どうってことないよ。
学校なんて行こうが行くまいが何とかなるさ。
学力の遅れなんて心配するな。
お前が本気になれば、そんな遅れすぐに取り戻せるさ。
大丈夫。
どんな道を進んだって、お前ならきっとうまくやっていけるとも」

嘘でもいい。
演技でもいい。
まずは、そういうメッセージを子どもに送ってあげましょう。
態度でも。そして言葉でも。

もしお子さんが、まだ小学校中学年ぐらいの年齢なら、「エネルギー」が再び充填されたときに、ふと学校に通うようになるかもしれません。
コロナ休校あけの「ショック」が原因なら、とりわけそういうことも多くあるかと思います。

あるいはお子さんが中学生以上なら。
それはもう、彼・彼女自身が自分の「人生」を、「自分なりの生き方」を悩みつつ選び始めたということなのかもしれません。少なくとも、そう受け取ってあげるべきでしょう。
それは「ふつう」の道ではないかもしれない。
しかし、おそらく彼・彼女なりの「ベスト」な人生を歩むための第一歩ではあるはずです。

学校はアフターコロナになっても結局、何も変わりませんでした。
ですが、せめて僕たち親は、少しずつでもその価値観を変えていってもよいのではないでしょうか。

それでは、それでは。

 

 

 

 

 

 

コロナ禍と「学校」

どうもどうも。
皆さんチョーお久しぶりですが如何お過ごしでしょうか。僕は中学生以来三十年ぶりの引きこもり生活が快適すぎてヤバイです(いや半分ウソです。焚き火やハイキングはしたいです)。

さてさて、どうしてこんなに更新が空いたのか。忙しかったのか? いやコロナでそんなはずない。じゃ、何してたの?
なんと空気も読まず一心不乱にヒルネットのHPを新しく作り変えてました
ゲームやってる中学生と変わらん。。。
まあ、もし興味があったら、こちら覗いてみてください。って無いかな?

いや、実際はそんなに暇なわけでもなかったんですけれどね。
この間、ヒルネットの活動はへこたれずにオンラインで頑張る(その様子はこんな感じ)。
個人レッスンもオンラインで継続。5月からはグループレッスンも始めました。
まあ、PCスキル人並みな僕が、そういう環境、状況に慣れたり慣れなかったりしているうちにあっという間に時間が過ぎたということもないわけではなかったかな、と(などと言いながら溜めてた映画を見まくる時間はあったという謎)。

しかも、実は、この間一本は記事を書いていたのですよ。
しかし、結構ふざけて書いてたら、たまたま下書き内容をもれ聞いた奥様から絶賛炎上案件になるからやめときという中止の勧告を受けましてね。。。
え? 何を書いたんだって? もちろんフツーの内容です。

また、さらに書こうと思って途中でやめてしまった記事も何本か。
オンラインの教育の問題点だとか9月新学期制の是非だとか。
そんなテーマの記事をいくつか書こうとしてました。
でも、途中でどうも気分が乗らなくなっちゃったんですよね。

なぜか。
一つは僕自身が、新小6と新小1の子どもを持つ親だから。当事者性が高すぎて、あまり客観的に意見を書けない。
いや、客観的な意見なんかこのブログでは一度も書いてきたことないやんけという真っ当な批判はともかく、これらの問題は「対象となる子どもの年齢」によって大きく考えが変わってしまうもんだと思ったんですよね。

中高生にオンライン授業は可能でも(可能じゃない子もたくさんいるけど)、低学年男子にはちょっと難しい。
いや、例えば小1男子の親である僕なんかが求めてるのは、正直そんなもんじゃなくて(つまり勉強なんかじゃなくて)、友達とたくさん遊ばせてあげたいとか進級進学したという心理的プロセスを経験させてあげたいとか、まさしく「体験」による学びの部分が大きいわけです。
その部分にオンラインはあまり役に立たない(まあ、ゼロじゃないですけどね)。

9月新学期制の議論はもっとややこしい。
正直、グローバル化がどうとか言ってる奴にはアホかという言葉以外ないんですが、これも今、公立小学校に通わせてる親の感覚と、中高生や大学生、未就学児を抱える親とでは、見える世界が全然違う。
僕個人のFacebookに流れてくる知人友人の母親たちの意見も、全然違うんですよ。
そういう色んな視点を考えているうちに、まあ書く気を失ったという感じでした。

でも、実は。
実は、2番目の理由の方が大きい。

その理由というのは、そもそもオンライン学習にせよ9月新学期制にせよ、その他諸々のコロナによる現今の問題を、既存の学校制度を前提として考えることが空しいということ
これが、1番の理由です。

ヒルネットの活動はもちろん、個人レッスンなどでも、種々様々な個性、異年齢の子どもたちに接していると、同じ年に生まれたからって成長の度合いも個性も違う子どもたちに同内容の授業を一斉に行うってことが、いかにナンセンスかってことがわかってきます。
半年や一年の学習の遅れなんてナンボもんじゃいって感じです。自分から学ぼうと思いさえすれば、そんなの「遅れ」のうちに入りません。
オンラインで学べる子は、学校なんかなくても、いやそもそも授業なんてなくても、自分でどんどん学びます。

そう。
実際、今回のコロナ禍で一番気づかされたことは、おそらく多くの人に自明だった「学校」という場所の役割が、本来どういうものであるかということだったんじゃないでしょうか。

学校は「勉強」をする場所。
今でもそう考えている人もいるかもしれない。学校がなくて「勉強の遅れが〜」と心配する人はそうでしょう。
でも、オンライン教育で十分なら、別にわざわざ学校行かなくてもよくない?
ましてZoom等により双方向で行うならまだしも、配信授業や課題提出型のオンライン授業なんてyoutubeと一緒やん。いっそ教師もAIでええやん。

ウソです。
それで十分なんて子どもはそんなに多くはありません。
多くの子どもは「退屈」な授業なんて黙って聞いてはいられません。それこそ昭和の昔から。
また、そのうちの何割かの子は「ツマラン」ことには耐えられないし集中できない。別の「オモロイ」ことを次々思いついちゃう「個性」を持ってる。
普段、教室でなら、「ツマラン」授業に耐えかねて外に出て行ってしまったり、友達と悪ふざけをしたり、あるいは脳内の自分の小部屋で「想像」に興じたりしてしまう。
そんな子たちに、配信型のオンライン授業が、「オモロイ」と思ってもらえるでしょうか? いや双方向型でも、40人とかの授業で「画面」の前に座ってられる?

さて、さて、じゃあそんな彼らにこそ学校は必要なのか?
ところが当の学校は、今ではそういう子どもたちの「居場所」としては機能しなくなっている。
最悪の場合、「追い出す」ようなことまでやっている。
この点については、当ブログでも詳細を書いてきた通りです。

実は学校は「勉強」を教えるところではない。
というのが言い過ぎにしても、とりわけ高学年においては、その機能を少なからず失っていることは、ずいぶん前から言われてきたことです。
そうでなければ、学習塾などの教育産業の隆盛はありえない。

じゃあ、ふつうの親は、あるいは子どもたちは、そもそも学校に何を期待していたか?
はからずも上で僕が息子に関することで書いている通りです。

それは学校という場所を通じて、友だちと遊んだり、その友だちとこすれあい、嫌なこと含めて種々の体験をすることです。
体験を通じて成長のための「学び」を得ることだと思います。

ところが。
今では、そうした「居場所」としての機能も、学校は失い始めている。少なくとも、そう感じる子どもが増えている。

これは、この30年間、子どもたちのありようにあわせて、そのシステムをアップデートしてこれなかったことのツケがまわってきているためだと言っていいでしょう。
四十人の詰め込み学級や規律重視の集団行動、そこからくる同調圧力を生みやすい共同体性。
オンライン教育の不備だとか色々言われますが、その根本には、こうした学校制度の古い古い体質があるように思われてなりません。

つまるところ。
このコロナ禍であらわになったのは、既存の学校制度の存在する意義が薄らいでいるという事態だと思います。
なにゆえに「つまらない」学校に通わねばならないのか?

そうは言っても、この休校期間が終われば、多くの子どもたちは、学校に戻るのでしょう。
もちろん、そこで楽しく少年時代を過ごす子どもたちもたくさんいるでしょう。

しかし、確実に、それに疑問をもつ子どもも増えていく。
おかしいと思う親たちも増えていく。
学校が自分にとって、自分の子どもたちにとって「楽しい居場所」でないのなら。
そこでの体験がそれぞれにとって素晴らしい学びにつながらないなら。かえってそれがネガティブな体験になってしまうのなら。

そうであれば、学校以外の「居場所」を見つけたっていい。

フリースクールやオルタナティブスクールなど、日本には学校以外の「居場所」が、たくさんあります。
このコロナ禍を一つの契機として、徐々に徐々に、そういうオルタナティブな「居場所」を主体的に選んでいく子どもやその親御さんが増えていくかもしれません。

ともあれ。
今般の情勢では、来週いっぱいで休校期間は終わり、再び学校が再開しそうです。
再開を喜び、楽しく学校に通い始める子どもも、もちろんたくさんいるでしょう。
ですが、その一方で、長い「休暇」の反動から、今まで以上に学校という「場所」を窮屈で不快なところと感じてしまう子も出てくるでしょう。
そして、そうした子どもたちは、無条件に学校に通うことを、今まで以上に疑問に感じるに違いありません。

もし、そんな兆候をお子さんが見せたなら。
どうか、学校とは違う居場所を見つけてあげてほしい。
「エネルギー切れ」の状態になる前に、彼彼女がのびのびと「学び」を体験できる場所を探してあげてほしい。
そう願わずにはおれません。

それでは、それでは。

 

疫病と流言蜚語:あるいは世間の「空気」と教育について

どうも、どうも。
皆さんどんな感じでお過ごしでしょうか。

珍しくもブログをまめに書いている。あ、さては例の「休校要請」によって暇になったんだな。
と思った貴方。
あにはからんや、僕はいつもと変わらず子どもたちと良くも悪くも忙しい「日常」を送っています。
つまるところ僕の運営する少人数フリースクール、ヒルネットもいつもと変わらず平常運転、「日常」の活動を粛々と続けております。

何ということだ、この国家の一大事にけしからん、とお怒りの方がもしいたら、こちらをお読みください。そうなった理由について書いてます。

で、ヒルネットのことは上で書いてしまったので、今日は共通するテーマを扱いつつも、もうちょっとだけ幅広いお話を。
いや、まあ、そんな大した話じゃないんですけどね。

 

つい先日、西荻窪の駅を降りると、目の前の薬局に長蛇の列ができておりました。
こりゃまたどうしたんだろうマスクの一斉入荷でもあったのかなと思い少しばかり観察を続けていると、どうやらそうではない。
皆、抱えているのはティッシュの箱にトイレットペーパー。
そう先日、話題になってた「ケツ拭き紙買い占め騒動」の一端に出くわしたわけだったんですね。

あれ? でも、ティッシュとかがなくなるとかって噂はデマだったんじゃなかったっけか?と思っておったら、その翌日か翌々日、奥さんから聞いたのは、スーパーに行ったら、米がなくなっていたという話。
さらにさらにその翌日には乾麺までなくなってるじゃあないか。

そこで僕は確信したわけです。
なるほど。新種の肺炎ウィルスが流行っていると聞いたけれど、これはどうやらそうではない。そうじゃなくてこれはマジやばいやつであれだ、感染ったらみんな気色悪いゾンビに変異して人の脳味噌とか食べたくなっちゃうやつなんだそうだそうに違いない、だからみんな家にこもってゾンビと戦うべく買いだめしてるんだな!

もちろん冗談です。
不謹慎? そうです、残念ながら僕は人が深刻そうに真面目な顔してると何だか笑いがこみ上げてきて仕方なくなり葬式中吹き出しそうになってしまったりする大変不謹慎な人間なんですね、どうも生まれてきてすみません。

 

まあそんな僕の歪んだ性格は別として、このパニックは何でしょう。

思い出したのは、およそ10年前の出来事でした。
デマの驚くべき拡散や、あるいはデマをデマと知りながらも自己防衛に走らざるをえない人々のありよう。そしてもちろんその原因となっている政府による情報の出し方の「細切れ感」。

そう、僕が思い出したのは、3.11のときのことです。

といっても、これは被災地である福島や、そこから遠く離れた名古屋や西日本の人々には当てはまらない。厳密にいって、311の折の東京周辺の人間、世論の反応です。

あの時、東京では、人々が「放射能汚染」を恐れ、外出を控え、子どもたちの姿は公園から消え失せ、インスタント食品は買い占められ、ガイガーカウンターが飛ぶように売れました。
「絆」とかいう軽薄な言葉を合言葉にやっぱり自粛自粛自粛と騒ぎ立てたのもあの時でした。

 

当時、僕は清水幾太郎という戦中戦後の社会学者の『流言蜚語』という本を、とある理由で読んでいました。
311の折の「流言」の拡散に嫌気がさしていたせいだったか、全く別の理由だったかは思い出せません。

清水はこの本の中で、「流言蜚語」が飛び交い、しかもそれが一定以上の力をもつ状況として、一般の人々が限定的にしか情報の与えられぬ事態に遭遇した場合を挙げています。
その上で、その限定的情報の中で、さらに一見すると辻褄の合わぬいくつかの情報が示されることにより、人々が情報と情報の間の「溝」ないし「矛盾」を、それぞれの「利害」に即応した想像によって埋めてしまう結果、「流言」が力をもつようになると述べています。

政府の出す情報への信頼が揺らぎ、一方のマスコミ報道も不安を煽るばかりで正確性に欠けるように見える。そして代わりに、人々はツイッター等のSNSで、断片的、かつ相互に「矛盾」するような情報を発信する。
それを受け取り読んだ人々は、それぞれが自分の「信じたい」ように「情報」を繋ぎ合わせ、また新たな「流言」としてそれを発信する。

311の折、清水の分析がまるで当時の状況について書いたもののように感じたことを覚えています。
そして、その感触は、今、奇妙な既視感とともに蘇ってきています。

 

しかし、重要なことは、清水幾太郎の分析内容自体ではない。
むしろ彼がそれを書いた時期こそが重要です。清水が「流言蜚語」に関する文章を最初に書いたのは、2.26事件の直後でありました。

2.26事件。
それは1936年に陸軍の皇道派と呼ばれた青年将校たちの起こしたクーデター未遂事件です。
この事件の翌年に日本は日中戦争を開戦、やがて太平洋戦争へといたる戦争の時代へと突入していきます。

クーデター未遂事件と、おそらくはその後に飛び交った「流言蜚語」。それを一つの契機として、一層、大衆の世論が、陰鬱かつ攻撃的なものへと深刻化していった時代。
つまるところ、清水の著作はそうした時代を撃つものでした。

では、そんな時代に書かれた本を読んで共感してしまう311後の東京とは、どんな場所だったのでしょう?
そして再び、その書を読み返すことになった今日の事態は?

 

念のために言っておくと、僕は人が未知のものに対して不安を感じること、それ自体を責めたいわけではありません。
当たり前ですが、置かれた状況いかんによっては、その「不安」は実体のあるものでもあるだろうからです。
今回のウィルスの件で言うなら、例えばもし自分が種々の基礎疾患をもつ家族を抱えていたならば。不安にならない人間などいるはずがないでしょう。

そして、また一定の条件下で「流言」が飛び交う事態も仕方がないことなのかもしれない。
実際、上記の清水の著作は、それが必然的に生じる状況について分析した本でした。

 

ですが、だからと言って、いやだからこそ、その結果、特定の誰かがどこかで音楽のライブを決行したからといって、それを過剰に責め立てるような「蜚語」を許してはならないと思います。
「身勝手な芸術家たち」が舞台に立ち続けられるよう願った演劇人を叩くことで「正義」の側に立ったかのような陶酔に浸るべきではないのです。

「蜚語」によりパニックを煽られた結果、「世間」なるものが同調圧力を強め、例えば過剰に「自粛」を求めるような「空気」を作り出してしまうこと。
その「空気」に反する行為をとるものを「非国民」「売国奴」などと罵る輩が出てきてしまうこと。
そのような動きに対しては、少なくとも僕自身は、やっぱり断固として抗う必要があると思っています。

なぜなら、そのような「空気」こそが、おそらくは1930年代の清水幾太郎が感じていた「空気」だからです。
その「空気」が、日本をかつてとんでもなく無謀な道へと走らせたからです。その「失策」は為政者が無能だったからだけでは決してない。

 

どうも最初に書こうと思っていたことから脱線して、妙に政治社会的な記事になってしまいました。
最初に書いたように、僕は葬式中に吹き出しそうなるような「不謹慎」極まる人間です。
「前ならえ」と言われたら、後ろを向く方が正しいんじゃないかなと思ってしまう捻くれ者です。
そんなだから学校のような集団行動にもついていけなかったのかもしれません。

でも、ひょっとすると。
本当にひょっとすると。
僕が、何の因果か、子どもたちの「教育」に少しく携わることになった理由。
それは「世間」の「空気」に抗うような、そんな「不謹慎」な人間を一人でも多く育てたかったからなのかもしれません。

それでは、それでは。