中高生と不登校

どうもどうも。
気がつけばすっかり春の陽気に花粉も飛んですっかり冬も終わりという雰囲気になってまいりましたが、皆さん如何おすごしでしょうか。

さてさて、全くもって月一回ペースとなりつつある、このブログ。
これじゃいかんと思いながらも、一週間の疲れが休みに残る今日この頃。怠け癖がついてしまっております。
そうはいっても3月末には、なんとかかんとかやってきたヒルネットの活動も一年。その感想記事なんかも書かんといかんよなあと思い、その前に溜まっている書くべきことを消化せねばなどととも思って、今日月曜(休み)も夕方になって思い腰を上げてパソコンの前に座ってみたわけです。
ちなみにさっきまでは読書のWSで読む短編小説と絵本を図書館に物色に行ってました。やっぱ忙しすぎるYO!!

 

ということで、最近受ける相談。
相変わらずシリアスなものから、そこまででもないものまで種々の教育相談を、特にヒルネットを始めてから受けておるわけですが、今日特に書きたいのは、中学生について。

不登校の現実は種々様々、以前書いたように、一見、「原因」らしきものが見当たらないものから、低学年のケースに顕著なように、むしろ学校やクラス・担任先生のキャパ不足から、実質的に不登校に「追いやられている」ように見えるケースまで、まあほんとにいろいろとあるわけなんですが、総体的に言えば、年齢が上がれば上がるほど自意識との葛藤は深まる傾向にあるわけです。
(逆に低学年のお子さんの場合は、本人にその意識がなくとも、直接的間接的「原因」が、心理的なトラウマを作っているケースがあります)

どういうことかというと、「学校にいけない自分」「いかない自分」を恥ずかしく思い、親や周りの人間が何も言わずとも「ふつうじゃない」「落伍者」といった自罰的な枠組みで責めるようになってしまうのです。

繰り返せば、問題は、親や周囲の大人が、少なくとも意識した言動としては、そうした態度を取ったり言葉を口にしたりせずとも、自分自身でそう思ってしまう。
十数年の間に染み込んでしまった「ふつう」という名の「枠組み」がそう思わせてしまうのです。

そして、無理して通学し続けるうちに、「エネルギー不足」の状態へと陥ってしまう。。。

 

「そんなにしんどいなら学校なんかいかなくてもいい」
「いじめられるような場所になぜ無理して通うのか?」
「人生には多様な生き方があっていいんだ」

僕たち大人は、こういうことを簡単に言います。
もちろん、僕も言います。
そして、少なくとも社会的にはそうしたメッセージを発し続ける必要があります。
それこそ、クソみたいな「ふつう」という「枠組み」を壊すためには。

しかし、それを直接聞かされる中学生の感想は、

「うるせーよ」
というものかもしれません。

 

当たり前ですが、口で「学校にいかずともいい」と言いながら、どこかに「ふつう」の幸福を親が望んでいるとしたならば、それを子どもは鋭く見抜きます。
「きれいごと」は通用しないのです。

しかし、心底、「学校なんていかなくてもいい」と思っていたとしても、そういう大人の言葉を子どもは素直に受け取ってくれないかもしれません。
例えば、十代の子どもたちの多くは、過剰に心配されたくありません。特に両親には。
大人と子どもの境目である彼・彼女らの自意識にとって、親の「保護」は、自分を「弱いもの」と見なす視線と同義に思えるものです。
したがって、「心配されている」という状態自体が、すでに彼・彼女らの自尊心を大きく傷つけてしまうのです。

 

では、どうすればいいのか。

もちろん、いつものことですが、一概に通用する答えはありません。ケースバイケース。
しかし、それでも、一つのざっくりとした答えは、すでに上に書いています。

そう、心配しないこと、です。

心配されるのが嫌なら、心配しなければいい。
「多様な生き方」を認めているのなら、学校に行こうが行くまいが、どっちだっていい。勝手にさせる。
無理に「学校にいかなくても道はある」なんて言わなくてもいいんです。
「学校以外の道」は彼・彼女が自分で見つけます。
まして「学校にはいかなくてもいい(けれど、◯◯にはなってほしい/◯◯になってほしくない)」なんて思ってはいけない。
どこにどんなふうに転んでいっても、それが彼・彼女の人生なのです。

 

学校に行かず昼まで寝てる息子や娘をみても、「ああ、今日は学校いかないのね」ぐらいに思っておく。
逆に学校に行ったら行ったで、何も言わない。
何だか日々をぼんやり過ごしているようでも、そういう時期もあるさぐらいで済ませておく。
逆に何かを始めたいと思っているようなら、そのとき初めて手助けする(できることなら)。
つまり、少なくとも、それらの日々を「特別」なことではなく、緩やかな「日常」の「出来事」として受け止めていく。

いやいや、そんな最初から「悟り」の境地に達せられたら苦労はせんわい、と思われるかもしれません。
実際、僕だって自分の子のことでは、いつも既に「煩悩」のなかにおります。。。
けれども、少なくとも「理念」としては、頭のなかに持ってはいたい。

そして、そんなふうに覚悟を決めてはじめて、「人生いろんな生き方があるよな!」という言葉に、「心配」ではなく、「信頼」のメッセージがこもるんだろうと僕自身は思います。

それでは、それでは。

 

 

 

 

 

 

「集団行動」って何?

どうもどうも。
いよいよ寒さも厳しくなり年の瀬も押しせまりつつある今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。僕は疲労がチョーやばいです。めっちゃ寝ちゃいます。

いよいよ最近、このブログも月一連載みたいになってきましたが、決してサボっているわけではない。いや、サボっているのですが、ヒルネットの活動記録を書きながらブログも書いてチョー大量に押し寄せるメールの大群と格闘もしていると、なかなか更新の時間を取れないのでありますよ。

と、更新が少ない言い訳から始まるのもお約束になりつつある今日この頃。今回はちょっとおふざけ気味に行きたいと思います。
そんな今回のお題は、「集団行動」。

どうでしょうか、皆さん。集団行動、好きっすか?

ちなみに僕は嫌いです。大嫌いです。
思わず太文字になってしまうくらい嫌いなんですよ。

この四十数年間を、いかに集団行動を取らずに生き抜くことができるかを最大のテーマとして生きてきたと言っても過言でないくらい嫌いです(大袈裟ではない)。
バリバリの就職氷河期世代でロストなジェネレーションですが、最初から「就職なにそれオイシイの?」的学生だった僕には最初からロストするものなど何も存在しなかった。ある意味で無敵の人です。

ところが、そんな「集団行動」をめっちゃ金科玉条のごとく言ってきやがる場所がある。
それが、日本、の、「学校」。

今から数年前、僕の娘が何かやらかした案件で小学校に妻とともに参上した折のこと。
その際、担任の先生の口から繰り返し出た言葉が、これ。
「〜集団行動を考えると。。」「〜集団行動を守らせる上で。。」等々。

ギャーッヤメローヤメテケレーッ!
その言葉は俺を100年石化させた上で美女に接吻されても今度は醜男に生まれ変わらせてしまうような強力な呪いの言葉なんだ!!(意味不明)

いや、誤解なく言っておくと、その担任の先生はめっちゃいい先生で、その後も娘が十二分にお世話になった理解ある先生でした。
ただ、そんな先生からも、特に違和感を感じておられぬ様子で飛び出してくる、その言葉。

そんなに「集団行動」って、大事なんでしょうか?

まあ、この日本で普通に会社員になったり公務員になったり、もっと言えば普通に「社会人」になる上では、ある程度、必要でしょう。いや、必要だったのでしょう(僕はよう知らんけど)。

ですが、大昔から、そんな社会人的集団行動だって苦手だった人はいる。
いや、むしろそうした「集団」に馴染めなかったからこそ成功を収めた人だってたくさんいるわけです。

さらに言えば、現在の日本社会はもうすでに「集団」に合わせることがそれほど重要な社会ではなくなってきている。
少なくとも「横並び」に「みんなと同じ行動」をとっていれば安穏と人生を渡っていけるような社会ではなくなってきていることは衆目の一致するところなわけでしょう。
いや、よう知らんけど。

ところが、あかん感じの学校でだけは、相変わらず古臭い「集団行動」を是としておるわけです(「あかん感じ」じゃない学校もだんだん出来てきてますけどね)。

そもそも「集団行動」とは何じゃろか?

皆と同じように行動することが集団行動なのか?
皆と同じ時間にホウキ持ってホース持って「掃除の時間」を演じるのが集団行動?
皆と同じ時間に体育着に着替えて皆と同じ時間に指定の場所にいけるのが集団行動?
皆と同じスピードで給食を食べ終わるのが集団行動?
皆と同じように「空気を読んで」45分間「良い子」でいるのが集団行動?

ウソだろそんなの後100回生き返ったってやっぱり出来っっこないって感じだぜっ!!

。。。という僕の社会人失格的言動は別にしても、それってやっぱり本当の意味での「集団行動」ではない気がします。

本当に必要なこととは、自分とは大きく異なる他者とでも、会話し協力しお互いを気遣い一人の力では出来なかった何事かを成し遂げられるような力を養うことではないでしょうか?
つまり他者と「コミュニケート」し「コラボレート」する力の涵養。

「他者」とはただの「他人」とは違う、自分とは考えも知的文化的背景も全く異なる存在のこと。
日常的に言うなら、「空気の読み合い」なんてものが通じないような人のこと。

しかし、現実の「社会」では、そうした他者との間とでも協力関係を結べないことこそ問題であるはずです。
そして、そんな他者と関係する力を養うのが「集団」を模倣する力であるはずがない。「掃除の時間」のわけがない。

そうではなく、全く年齢や生育環境の異なる子ども同士が、一つの遊びや課題を一緒に行うことができるか? 必要な気遣いができるか? まったく共通の話題がない中でも会話し協力できるか?
折々にそうした「協力行動」の機会を設けることこそが、「みんなと同じ」ことよりもよほど大切なんじゃないかと思います。

そんでもって、そういう「コミュニケーション」「コラボレーション」をすることなら、「集団行動」が苦手な子どもにだってできないわけじゃない。
むしろ異個性・異年齢の子どもたちが「協力」して事にあたる姿を、ヒルネットやV-net焚き火会などで、たくさん見てきました。

そしてまた、そういうことなら少なくとも、「集団行動」には呪われてる子どもの頃の僕にだって出来たんじゃないの?とかって思わないでもないわけです。いや、どうかな。。

それでは、それでは。

 

 

 

当たり前だが「義務教育」は子どもの「義務」ではないんだぜ。

どうもどうも。
完全に夜になるともう寒くってコートとか必要だなあなんて思うことも多くなった今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。僕は忙しくて死にそうです。

そう、マジで忙しすぎです。
ヒルネット朝からやって夜は夜でヨルネット(V-net)の個人レッスンで遅くまでレッスン。
なんとか週休二日は確保してるもののそのうちに1日はたまったメールを処理したりヒルネットの活動記録書いたりしてるうちに1日が終わる。
誰がこんな忙しくしたんだ!
自分です。
そう、全部自分が決めたこと。
なので、ブログぐらいサボろうってなことで暫く間が空いちゃった訳ですね。

ということで、以上、ブログ全然更新してへんけど死んでたんちゃうんか説に対する言い訳でした。
でもほんとマジでしんどいYO!

 

さて、うって変わって今回のお題。
シリアスなテーマ。
改行挟んで、突然、深刻な話題に行きます。

 

さてさて、これはつい最近、妻から聞いた話。
妻の息子幼稚園保護者友人から聞いた話。

ある朝、妻の友人が子どもを学校に送り出し、玄関前でなんやかんや用事をしていた所。
学校への登校時間がすぎた頃なのに、ランドセルを背負った小学生の女の子が、母親に連れられてマンションの廊下をとぼとぼと歩いていたそうです。

とぼとぼ、というのは印象論ではない。
実際、その足取りは遅く、顔は終始、俯き加減。
お母さんにせっつかれるように歩いていたということです。

やがて、エレベーターに消える親子。
数分後、母親だけが再びエレベーターから姿を表します。
おそらくマンションのエントランスまで娘を見送りに行ったものと思われます。

が。そのまた数分後。
なんと女の子の方がランドセルを背負ったまま、再びエレベーターから出てきてしまいました。
そのまま自宅の方まで戻って行ってしまいます。

ああ、もう余程、学校には行きたくないんだろう。
妻友人は思ったそうです。
そこまで行きたくないなら、1日くらいは休ませてあげたらいい。

ところが。
再び数分後。
先の少女が今度は母親に強く手を引かれながら、引きずられるようにして、歩いてくる姿が見えたそうです。
少女はずっと俯いたまま。
母親は決死の表情で娘を引きずってエレベーターへと姿を消しました。
その後、戻って来る様子はなかったそうです。学校までそのまま娘を引きずっていったのだろうか。。

どうでしょうか。この話。
話を聞いた際、僕は未だにそんな現実が、しかも東京であることに、正直、びっくりしました。
「不登校」については、そうは言っても、比較的「啓蒙」が進んでいるとばかり思っていたもので。

もちろん、これは知人からの又聞きです。
また、その親子に本当はどんな「現実」があったのかも、皆目わかりません。
あるいは、僕はびっくりしましたが、そうではない受け取り方もあるでしょう。

ただ、いずれにせよ、東京で、大阪で、あるいは多くの地方の町々で、きっと似たような出来事が毎朝起こっているのでしょう。
それは僕個人の経験と併せて言えば、30年前から今日まで変わらぬ光景なのかもしれません。

さて、それとは別のエピソードです。
これはいくつかの話を混ぜ合わせた話です。

その少年は確かに少し変わった少年です。
教室に45分間、なかなかじっとしていられない。
頭は悪くない。いや、むしろ賢い方だ。
だからこそ、自分が知っていることを教師が長々解説しているのに耐えられない。

それよりグランドで走り回ってる方が楽しいじゃないか。
草花に止まる昆虫を観察してる方がためになるじゃないか。
図書館で本を読んでる方がずっとマシな時間になる。

そう思ったら、もう彼は止まりません。
教室を勝手に出て行ってしまいます。

当然、教師は問題視する。
集団行動に反することだと言い、彼を叱責する。

いや、そこまでは良いんです。
いや、良いかどうかはともかく、「昭和の昔」からよくあることではありました。

ところが、彼の場合はそれで終わりませんでした。
まず、親が呼び出される。
呼び出された上、こう告げられる。

お子さんはウィスクのテストは受けられましたか?
発達に障がいがあると告げられませんでしたか?
お薬は飲ませていますか?
すみませんが、お母さん、毎日お子さんの様子を見にきてくれますか?
それができないなら、今度の催しに、ご子息を参加させるのはご遠慮願えませんか?

上に書いたように、これは個人のエピソードではありません。
いくつもの、僕が直接相談を受けた方の話を混ぜ合わせています。

ですが、逆に言えば、同じようなケースが、まさに「いくつも」存在しているということです。

どうでしょうか。
こちらの話も、そんなことには縁遠い保護者の皆さんはびっくりするかもしれません。
実際、全ての小学校がこんな状態ではない。
しっかりとした教育理念をもつ校長先生がいらっしゃる学校では、こんなことは起こりません。
ただ、こうしたエピソードもまた、現在に日本の教育現場では、今日も明日も「いくつも」起こっている出来事なのです。

 

さて、ところで今回、この二つの対照的な話を紹介したのには、わけがあります。
一つ目の話は、「学校に行きたくないのに無理に行かせられる子ども」のお話。
そして、もう一つは「学校の側が子どもを排除しようとしている」お話です。

一見、対照的な二つの話。
ですが、双方に実は共通点があります。
それは、子どもの心を大人がなんの躊躇もなく土足で踏みにじっているという点です。

そう、実は僕は猛烈に怒っています

さっきは嘘を書きました。
どんな事情や現実があろうがそんなこと知るか。
どうしても学校に行けない子どもを引きずって学校に連れて行くのは「親」の「仕事」ではない。しつけでもない。暴力だ。
ただ、その子どもの心に暴力的な「傷」を追わせるだけの行為だ。

教室にじっとしていられない子どもを簡単に「障がい」扱いするな。
「ちょっと変わってる」からって、それを排除するな。見放すな。
そしてあからさまに「見放してる」と親に告げるな。そのことで涙を流す母親の気持ちがどんなものか想像できるか。
たった一人の、愛する我が子を「邪魔者」扱いされたときの親の気持ちがあんたらにわかるか。

 

「義務教育」という言葉があります。
これは教育基本法第四条の「国民は、その保護する子女に、九年の普通教育を受けさせる義務を負う」との条項をもととします。
さらに、この教育基本法第四条は、憲法第二十六条「すべての国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する」という内容に基づいています。

ここからもわかる通り、たまに勘違いしてる人がいますが、「義務教育」とは「子どもの権利」を保証したものです。
子どもには適切な教育を受ける権利がある。
そして、保護者にはその権利を保護する「義務」がある、というわけです。

こうした規定ができた理由は、近代以前の「子ども」というのが安い「労働力」であったためです。
特に貧困層の子どもに教育を受けさせず、労働を強いる大人、環境が存在したためにできたのが「義務教育」の理念だったのです。

だから、当たり前ですが、子どもを無理に学校に行かせるのが親の「義務」なのではありません。
そうではなく、子どもがちゃんと「能力に応じて、教育を受けられる」環境を整えてあげることこそが親の「義務」なのです。
それには学校以外の場所だってたくさんあります。

ましてや、子どもを「見放す」のは、「義務教育」を司る機関としては、決してやってはいけないことです。
いや、それは本来、子どもたちと関わるあらゆる「大人」の「構え」としてあってはならないことのはずなのです。

にもかかわらず、どうしてこんな事態が三十年経って今なお続いているのか?
どうしてこんな「排除」がまかり通るようになってしまったのか?
まして、後者は近年になって明瞭に現れてきた事態と言えるでしょう。
それが「原因」となって不登校に「させられた」子どもたちすら存在する。

頭が痛い、悩ましい、などと呟いているだけでは変わらない「現実」がここにあります。

それでは、それでは。