疫病と流言蜚語:あるいは世間の「空気」と教育について

どうも、どうも。
皆さんどんな感じでお過ごしでしょうか。

珍しくもブログをまめに書いている。あ、さては例の「休校要請」によって暇になったんだな。
と思った貴方。
あにはからんや、僕はいつもと変わらず子どもたちと良くも悪くも忙しい「日常」を送っています。
つまるところ僕の運営する少人数フリースクール、ヒルネットもいつもと変わらず平常運転、「日常」の活動を粛々と続けております。

何ということだ、この国家の一大事にけしからん、とお怒りの方がもしいたら、こちらをお読みください。そうなった理由について書いてます。

で、ヒルネットのことは上で書いてしまったので、今日は共通するテーマを扱いつつも、もうちょっとだけ幅広いお話を。
いや、まあ、そんな大した話じゃないんですけどね。

 

つい先日、西荻窪の駅を降りると、目の前の薬局に長蛇の列ができておりました。
こりゃまたどうしたんだろうマスクの一斉入荷でもあったのかなと思い少しばかり観察を続けていると、どうやらそうではない。
皆、抱えているのはティッシュの箱にトイレットペーパー。
そう先日、話題になってた「ケツ拭き紙買い占め騒動」の一端に出くわしたわけだったんですね。

あれ? でも、ティッシュとかがなくなるとかって噂はデマだったんじゃなかったっけか?と思っておったら、その翌日か翌々日、奥さんから聞いたのは、スーパーに行ったら、米がなくなっていたという話。
さらにさらにその翌日には乾麺までなくなってるじゃあないか。

そこで僕は確信したわけです。
なるほど。新種の肺炎ウィルスが流行っていると聞いたけれど、これはどうやらそうではない。そうじゃなくてこれはマジやばいやつであれだ、感染ったらみんな気色悪いゾンビに変異して人の脳味噌とか食べたくなっちゃうやつなんだそうだそうに違いない、だからみんな家にこもってゾンビと戦うべく買いだめしてるんだな!

もちろん冗談です。
不謹慎? そうです、残念ながら僕は人が深刻そうに真面目な顔してると何だか笑いがこみ上げてきて仕方なくなり葬式中吹き出しそうになってしまったりする大変不謹慎な人間なんですね、どうも生まれてきてすみません。

 

まあそんな僕の歪んだ性格は別として、このパニックは何でしょう。

思い出したのは、およそ10年前の出来事でした。
デマの驚くべき拡散や、あるいはデマをデマと知りながらも自己防衛に走らざるをえない人々のありよう。そしてもちろんその原因となっている政府による情報の出し方の「細切れ感」。

そう、僕が思い出したのは、3.11のときのことです。

といっても、これは被災地である福島や、そこから遠く離れた名古屋や西日本の人々には当てはまらない。厳密にいって、311の折の東京周辺の人間、世論の反応です。

あの時、東京では、人々が「放射能汚染」を恐れ、外出を控え、子どもたちの姿は公園から消え失せ、インスタント食品は買い占められ、ガイガーカウンターが飛ぶように売れました。
「絆」とかいう軽薄な言葉を合言葉にやっぱり自粛自粛自粛と騒ぎ立てたのもあの時でした。

 

当時、僕は清水幾太郎という戦中戦後の社会学者の『流言蜚語』という本を、とある理由で読んでいました。
311の折の「流言」の拡散に嫌気がさしていたせいだったか、全く別の理由だったかは思い出せません。

清水はこの本の中で、「流言蜚語」が飛び交い、しかもそれが一定以上の力をもつ状況として、一般の人々が限定的にしか情報の与えられぬ事態に遭遇した場合を挙げています。
その上で、その限定的情報の中で、さらに一見すると辻褄の合わぬいくつかの情報が示されることにより、人々が情報と情報の間の「溝」ないし「矛盾」を、それぞれの「利害」に即応した想像によって埋めてしまう結果、「流言」が力をもつようになると述べています。

政府の出す情報への信頼が揺らぎ、一方のマスコミ報道も不安を煽るばかりで正確性に欠けるように見える。そして代わりに、人々はツイッター等のSNSで、断片的、かつ相互に「矛盾」するような情報を発信する。
それを受け取り読んだ人々は、それぞれが自分の「信じたい」ように「情報」を繋ぎ合わせ、また新たな「流言」としてそれを発信する。

311の折、清水の分析がまるで当時の状況について書いたもののように感じたことを覚えています。
そして、その感触は、今、奇妙な既視感とともに蘇ってきています。

 

しかし、重要なことは、清水幾太郎の分析内容自体ではない。
むしろ彼がそれを書いた時期こそが重要です。清水が「流言蜚語」に関する文章を最初に書いたのは、2.26事件の直後でありました。

2.26事件。
それは1936年に陸軍の皇道派と呼ばれた青年将校たちの起こしたクーデター未遂事件です。
この事件の翌年に日本は日中戦争を開戦、やがて太平洋戦争へといたる戦争の時代へと突入していきます。

クーデター未遂事件と、おそらくはその後に飛び交った「流言蜚語」。それを一つの契機として、一層、大衆の世論が、陰鬱かつ攻撃的なものへと深刻化していった時代。
つまるところ、清水の著作はそうした時代を撃つものでした。

では、そんな時代に書かれた本を読んで共感してしまう311後の東京とは、どんな場所だったのでしょう?
そして再び、その書を読み返すことになった今日の事態は?

 

念のために言っておくと、僕は人が未知のものに対して不安を感じること、それ自体を責めたいわけではありません。
当たり前ですが、置かれた状況いかんによっては、その「不安」は実体のあるものでもあるだろうからです。
今回のウィルスの件で言うなら、例えばもし自分が種々の基礎疾患をもつ家族を抱えていたならば。不安にならない人間などいるはずがないでしょう。

そして、また一定の条件下で「流言」が飛び交う事態も仕方がないことなのかもしれない。
実際、上記の清水の著作は、それが必然的に生じる状況について分析した本でした。

 

ですが、だからと言って、いやだからこそ、その結果、特定の誰かがどこかで音楽のライブを決行したからといって、それを過剰に責め立てるような「蜚語」を許してはならないと思います。
「身勝手な芸術家たち」が舞台に立ち続けられるよう願った演劇人を叩くことで「正義」の側に立ったかのような陶酔に浸るべきではないのです。

「蜚語」によりパニックを煽られた結果、「世間」なるものが同調圧力を強め、例えば過剰に「自粛」を求めるような「空気」を作り出してしまうこと。
その「空気」に反する行為をとるものを「非国民」「売国奴」などと罵る輩が出てきてしまうこと。
そのような動きに対しては、少なくとも僕自身は、やっぱり断固として抗う必要があると思っています。

なぜなら、そのような「空気」こそが、おそらくは1930年代の清水幾太郎が感じていた「空気」だからです。
その「空気」が、日本をかつてとんでもなく無謀な道へと走らせたからです。その「失策」は為政者が無能だったからだけでは決してない。

 

どうも最初に書こうと思っていたことから脱線して、妙に政治社会的な記事になってしまいました。
最初に書いたように、僕は葬式中に吹き出しそうなるような「不謹慎」極まる人間です。
「前ならえ」と言われたら、後ろを向く方が正しいんじゃないかなと思ってしまう捻くれ者です。
そんなだから学校のような集団行動にもついていけなかったのかもしれません。

でも、ひょっとすると。
本当にひょっとすると。
僕が、何の因果か、子どもたちの「教育」に少しく携わることになった理由。
それは「世間」の「空気」に抗うような、そんな「不謹慎」な人間を一人でも多く育てたかったからなのかもしれません。

それでは、それでは。

 

 

 

 

 

 

学びは「体験」と「仕事」から

どうもどうも。
ようやっと秋が訪れるのか?という半信半疑な気分で過ごす10月第2週目の現在、皆さんいかがお過ごしでしょうか。僕はちょっと多忙すぎですどうしましょう(って知るかですよねハハハハハ……)。

さて、今日のお題は久しぶりに単純に「学ぶこと」について。

ところで、突然、宣伝ですが、僕が昼間にやっているヒルネットという「スクール」では、いわゆる「勉強」は強制しません。
かといってサドベリースクール的に、完全に「自由」というわけでもなく、いわば僕が「巻き込む」ような形で、色々な体験をしたり種々の物事を考えてもらったりはしてもらってます。
フィールドワークに行くことや、特定のテーマについて対話すること、「散歩」すること、そしてまた場合によっては「ヘイ!Kクン! 今日は日本の地理について学んでみようYO!」ってな感じで誘って「勉強」することもあります。

でも、やりたくない子はやらなくていい。
今日はちょっと気分が乗らないって日は、自分の好きなことをしていてもいい。
各自がその日のプログラムを自分で決めるのが「原則」です。

こういう形になっているのは、そりゃ古典最新の教育書を読んだり種々の施設を見学させてもらったりと色々準備段階で考えていたことも反映されてますが、結局は通ってくれている子どもたちの「個性」に合わせてつくりあげられていってる部分が大きい。
「アタマ」で考えていた通りにならないのが「人間」を相手にする教育ってもんなんですよね。良くも悪くも。

閑話休題。
でも、まあそういう「自由」な状況から、主体的な「学ぶ」姿勢、力みたいなものが生まれていくには、当然、時間がかかるわけです。
小・中学生ぐらいの年齢なら特にそう。

でも、実はこれって「ふつうの学校」に行っていたり、あるいはヨルネット(V-net個人レッスン)に通ってくれている子だって同じことなんですよね。
一日学校で教室に座っていたって、やる気のない授業、教科については、アタマの中で宇宙旅行に出かけていれば、何も入っていません。
「真面目」な子は、それでもテストや宿題を頑張るかもしれないけれど、そうでもない子は何にも「学んで」などいません。
酷い場合は、ただ「情報」を「苦痛」とともに受け取っているだけです。いや、情報すら入っていないケースが多いかも。。。。

個人レッスンの場合にだって、学ぶ気持ちゼロみたいなお子さんの場合は、大変タイヘン工夫が必要です。
そりゃ、学校やスクールと違って、一応「勉強」することを「目的」に通ってくれているわけだから、最初から「やる気ゼロ」みたいな子も珍しいわけですけど、それでも基本、小・中学生は親に言われてきてるわけです。場合によっては仕方なく。
だから、そんなに「主体的」なわけではやっぱり、ない。

そういう意味では、環境が「自由」であろうと、「強制」されていようと、主体的な「学ぶ力」みたいなものを養うのは、どうであれ難しいことに変わりはないわけなんですな。

だから、当然、子どもたち一人ひとりに合わせた工夫が必要なわけなんですが、そのケースバイケースを全部ここに書ききれるもんじゃない。
ただ、そのなかでもやっぱり核になるような大切なものがあるとは思います。

その一つが、やっぱり「体験」です。
例えば、地理や歴史はさっぱり覚えていないのに、植物や動物、果ては恐竜、古生物のことについては大人よりはるかにたくさんのことを知っている。
あるいは逆に、算数の計算は大っ嫌いだけど、歴史に関することを話すと目をキラキラさせて話に聞き入る子どももいる。

そうした子どもは、自然環境豊かなところで育ったのか。幼稚園のころ、たくさんお散歩に出かけたのか。昔、遊びにいった動物園がとっても楽しかったのか。
それとも歴史に関するマンガを読んで、実際、お城を見に出かけたのか。田舎のお祖父ちゃんの古い家に興味を持ったか。それとも、古い軍刀や日本刀を見たことがあったのかもしれない。

何がトリガーになっているのかは、はっきりはわかりません。
ひょっとすると、それは上記のような判りやすいものではなく、親も気づかないような些細なものかもしれない。
子ども同士の「遊び」のなかにあった小さな出来事かもしれない。

しかし、そうした幼少期、少年期の「遊び」の「体験」がきっかけとなって、またそれに関する書物等により「体験」が「追体験」される歓びを知ることによって、子どもたちはいつの間にか、ある特定に興味関心についての「博士」になっていくのだと思います。

主体的な「学び」とは、そういうものではないでしょうか。

そして、そういう「学び」を得た子どもたちは、長ずるにしたがい、「苦手」なジャンルのなかにも、関心の芽を育てる「力」を身につけていきます。
少なくとも、この二十年ほどの間、僕から見て「優秀」だと思える、今や立派な青年となった子どもたちは、皆そうでした。これは断言できることです。

そして、もう一つ。大切なこと。
それは「仕事」です。

「仕事」といっても、強制される「作業」じゃない。
だから、それは僕たち大人が(人によっては?)イメージする「仕事」とは別のものです。
例えば、英語の「Work」という言葉は、もちろん「作業する」という意味もありますが、もう少し広い意味で使われることも多い単語ですよね。
「作品」とか「研究」とか、「取り組み」みたいなニュアンスでも使います。

例えば、文章を書く練習をするのに、ただ「作文を書きましょう」と言ったって、やる気が起きるわけがない。
なぜって、そこには目的がないから。文章の先の読み手もいない。誰かを楽しませようという動機もない。
そんな文章、誰が書きます?

でも、そうじゃなくて、「小説」を書くのなら? ブログを更新するのなら?

このブログだってそうですが、どこかの誰かが読んでくれている、という確信があるから書いているわけです。休み潰して。
そんなに読者は多くなくとも、月に1000人くらいは読み手がいる。そう思うから書いています。

子どもだって同じでしょう。
誰かのための、不特定多数の読者のためのブログなら、書く気も起きるかもしれない。
小説は?
じゃあ、それをきちんとどこかの賞に応募するのが良いかもしれない。
今の時代なら、そういうサイトに投稿するのもいいかもしれない。

実は最近、ヒルネットでは、子どもたち、そして僕らスタッフ含めて、「坊ちゃん文学賞」というショートショートの文学賞に応募しました。
これも子どもたちと相談して決めたことですが、どうせ書くなら、確実に読んでもらえる文章を書こう。その点、賞なら下読みの人含めて、必ず誰かに読んでもらえるわけです。

しかも、これはほんとに「仕事」なんです。
この賞の賞金は大賞で50万円! これを獲ろう。獲って賞金で沖縄にみんなでフィールドワークに行こうじゃないか!というのが最初の企画でした。
もちろん、みんな本気で賞金が取れると思ってるわけじゃない(と思いますが。。)。
でも、そういう、なんというか明確な「ゴール」というか「目標」があるのが、「仕事」において重要な要素だと思います。

実際、これはヨルネットで教えている高校生の話ですが、彼は昨年、中学三年の折に、学校課題で出した松本清張の感想文が、なんと松本清張記念館主催の賞を受賞、賞金図書券3万円をゲットした上に家族博多旅行交通費を手に入れることになりました。
そのおかげで、今年の夏にはやはり松本清張の感想文を、今度は課題とは関係なく仕上げ、さらに別にショートショートの小説二本を、これまた学校の「強制」とは無関係に書き上げ応募しています。
この彼は、小学校時代、都立中高受験の作文が苦手だったために習いにきた生徒でした。
その彼が今では、まさに「主体的」に文章を書くまでになったのです。
それは、彼が文章を書くことを、作業ではなく「仕事Work」=「作品」に取り組むことだと理解してくれたからなのです。

また「仕事」には、個人ではなく、集団で行うものもあります。
これまたヒルネットの話で恐縮ですが、僕たちは、この10月の20日、杉並区が主催する「杉並舞祭り」というお祭りにキャロムを中心としたゲームとアクセサリー販売の屋台を出店する予定になっています。
これの企画、内容も皆である程度話し合って決めた(というか決めている途中)なのですが、やはり例えば、アクセサリーを作るのが苦手な子もいれば、そういう場所で赤の他人(しかも相手も子どもだったりする)と話し販売するのが苦手な子だっている。
でも、そんな子たちも、それが皆で決めた「仕事Work」=「務め、取り組み」ならば、なんとか自分なりに何か作ろうとするし実際、みな販売参加するのを楽しみにしています。
手前味噌な話ではありますが、家庭科の時間の裁縫のような強制された「作業」とは違う、「仕事」の喜び、協働することの「学び」が確かにここにはあると思います。

このように、目的のない強制された「勉強」とは違い、自分から何かしらの目的、目標を定めて行う「仕事」には、やはり何かしら主体性の芽を育む力がある。
それは文章を書くような、直接的な「勉強」にかかわるケースもあれば、お祭り出店のように、勉強というよりは、社会的な協働性のような、間接的な「学び」を得るものもあるでしょう。また「手作業」をすることによる創意工夫の「学び」でもあるでしょう。
しかし、そのいずれもが、現実にこの社会に出て生きていくために必要な「学び」だと思います。

そのような「学び」を主体性をともなった形で得られるようにする、その一つのフレームが、この「仕事」という、これまた一つの「体験」なわけなんですね。

どうでしょうかね。
まあ、前回も書きましたが、私だってまだまだ修行中の身です。
今回は、「体験」と「仕事」という二つのフレームから書きましたが、もちろんこれら以外にも、子どもたちの主体的な「学び」を引き出す工夫はたくさんあると思います。
このブログでも、それこそ僕自身の「体験」のなかで、そういうものに気づいていけたなら、またご紹介しようと思います。

それでは、それでは。

 

「発達のでこぼこ」具合と「不登校」と『サーミの血』

どうもどうも。
ついに梅雨が開けたと思ったら昼食に使う長ネギを買いに出かけただけで熱中症になりそうなほどのクソ暑さに見舞われている東京ですけれども皆さんいかがお過ごしでしょうか。僕はもう何もしたくありません。

さてさて、先日の記事ではちょっと不登校について、改めて色々考えてみたわけですけれども、そもそも日常の学校生活に「疲れる」って言うけれども全然そんなことない、めっさ楽しく学校生活送った記憶しかないわいって方もおられるかと思います。いや、今の小学生、中学生にだって当然います。

例えば、御歳73歳となる我が父もそうでした。今から60数年前(すごいな)の我が父は運動会の徒競走でダントツビリを走りながらも笑顔でゴールインするような超ポジティブ小学生だったそうです(なお、その遺伝子は我が甥子に受け継がれている模様)。
ところが、そんなポジティブ学校生活を送った人の息子が突然、不登校になる。なんか理由もはっきりしない。
はっ?なんでやねんそれ?となるのも当然ですよね。

じゃあ、例えば「登校」を「拒否」しちゃいたくなちゃった子は、そもそもどうして「疲れる」のか?
いや、別に「不登校」にならなくてもいい。
学校生活が「しんどい」と感じるのは何故なのか?

そりゃ、もちろん原因はホントに様々です。
が、前の記事でも少し触れたように、その一つに、いわゆる「発達のでこぼこ」具合ってやつが少からず関係してることもあるでしょう。

と言ったって、僕は最近の、ウィスクの結果がどうだとかグレーゾーンが何だとかADHDがどうこうだとかって言説傾向は、あんまり信用してません。いや、それぞれにフォローが必要だとしても、過剰に深刻な形では捉えません。これは昔の記事にも書きました。

というより、僕が特殊なだけかもしれませんが、僕の実感では、生徒はもちろん、自分の子やその周囲の友だちとか皆んな引っくるめて、少なくとも小中学生の6割くらいの子は、何かしら「発達」が「でこぼこ」してます。
そして生徒に関して言うと、多くの場合、良くも悪くも、高校生くらいになると、なんか「ふつう」になっちゃいます。いや、ほんとに良くも悪くも、ね。

だから、前もって言っておくと、僕はこの「発達なんちゃら」とかって呼ばれるようになった子どもの「でこぼこ」具合は、ある種の「個性」の発露だと考えるようにしています。
そうした「個性」は、短所として目立ってしまうこともあれば、長所として捉えられることもある。
単純作業が嫌いな代わりに好きなことならずっと集中してられる、とかって具合に。

 

ところが。
この「個性」が長所よりも、どうしても短所として目立ってしまう場所がある。
それが「学校」をもその一部とする、「近代の規律・訓練型の社会制度」なんですね。おっと、ちょっと難しい言い方だな。

わかりやすく言えば、「一週ぴったり7日間の1日24時間中、毎朝何時に起きて何時の電車やバスに乗って何時に仕事や学校行って、似たような課題をこなしたら夜もだいたい決まった時間に帰宅して、これを5日間続けて土日はふつう休息日」みたいに、毎日の生活が一定のルールやリズムのもとに規律正しく行われ、しかもそれを自発的に行えちゃう社会のあり方。
これがいわゆる「近代の規律・訓練型の社会」と、政治哲学で言われるものです。

ところが、この近代社会の「一定のルールやリズム」ってやつは、大昔から存在してたわけじゃない。
長い世界史の中で見れば、「つい最近」習慣化されたものにすぎません。
近代の中で徐々に形成され、全面化したのは、世の中の人間の多くが「工場」、そして「会社」で働くようになってからのことなんです。
日本で言えば、大正時代、つまりたったの百年前です。
少なくとも、例えば日本人は、百年前までそんなふうには生きていなかった。

このことに関して、ある映画を紹介したいと思います。
その映画は、『サーミの血』。
2017年公開のスウェーデンを舞台とした映画なんですが、とっても良い映画です。

ネタバレしない程度に簡単にあらすじを書いておくと、北欧でトナカイ狩猟を生業とするサーミ人の少女が、「差別」に抗して、スウェーデンの「街」での自由な生活を求めようとする、ってな感じの話。
で、物語の表面的なテーマは、やはりサーミ人とその「差別」についてなんだと思うんですが、隠れた裏テーマとしては、そうした狩猟民族から見た「近現代社会」の異様さなんじゃないかと僕は思いました。

その点については、象徴的なシーンがあります。
サーミ人の少女が初めて「街」の学校の授業に出ようとするシーンがあるんですが、その授業の内容が体育。
そして、その体育の最初に、生徒全員がメトロノームのリズムに合わせて変てこな体操(準備体操?)をするんです。
で、そんなのやったことない主人公は、当然、周りについていけない。

でも、このシーン、異様に見えるのは、体操についていけない主人公ではなくて、むしろ周囲の「ふつう」の生徒たちなんですね。
カチッカチッというメトロノームの規則的なリズムに合わせて、皆が皆、教師含めて完璧に、一糸乱れず同じ動きをする。
なんとも言えない不気味さを感じさせるシーンです。

この場面には、「毎日同じ時間に起きて同じ電車に乗って同じような仕事をする」近現代社会に対する明確な批判が込められていると思います。
もちろん、他の場面、ストーリーのなかでも「街」の「気持ち悪さ」は強調されます。
それに対して、サーミ人たちが暮らす自然の雄大さの美しいこと。

つまるところ、ある種の「個性」をもつ子どもたちが学校生活に「疲れる」のは、そうした「一定のリズム、ルール」のなかで活動することに対する「しんどさ」があるからではないでしょうか?
「メトロノーム」のリズムに合わせて、他の人と同じ「動き=課題」をするのが「しんどい」のでは。
少なくとも、僕は今でも「しんどい」と感じてしまいます。

おいおいちょっと待て。だけど「学校」というものは、多少の特殊性はあったとしても、まさしくここで述べている「近現代社会」の雛形ではないのか?
多少「しんどく」とも、そこに合わせることが、実際の「社会」で生きていくためには必要では?
そうした疑問もあるかと思います。

おっしゃる通り。「学校」はまさしく、そういう意味ではある種の「社会」の雛形だと思います。
例えば、大きな企業に就職したり、そうでなくとも一定の組織のなかで安定的な職業に就こうと思うなら、「学校」は簡単に「拒否」していいものではないのかもしれない。
実際、上に書いた僕の父親は、いわゆる「大企業」に40数年勤めておりました。
それに対して、息子の僕は、40過ぎても、ゆるゆるフワフワ生きてます。

たけど、当たり前ですが、僕はこんなふうにも思います。

別にゆるフワ生きるのが良いとは全く言わないけれど(いや、ホントに。それはそれでしんどい)、一方で必ずしも「大きな組織」の中で生きるのが絶対に幸せだとも限らない。
「街」で「ふつう」に生きるのが苦手なら、自然のなかでトナカイを追う生活をしたって良いじゃないか。

いえいえ。これはもちろん、価値観の問題です。
その子、その人が、どんな生き方をしたいかの問題です。

ただ、少なくとも僕は、彼や彼女のもつ「個性」を、単に「短所」としては絶対に捉えたくない。
それを「短所」としてしか見られない場所に彼女を置いておきたくない。

計算ドリルをこなすのに2時間かかってしまうけれども、彼女の描く絵はとても美しい。
他人の気持ちを上手く察せないかもかもしれないが、彼の意見はいつだって正直なものだ。
気の向かない作文は全然書けないけれども、電車のことだったら誰よりも詳しく書ける。
反復作業は大嫌いだけど、一つのアイデアに夢中になったらいつまでだって考えられる。

これら子どもたちの「個性」は間違いなく「長所」です。

「大きな街」で「メトロノーム」に合わせて動くのは苦手かもしれない。
だけど、それなら大自然のなかでトナカイを追う暮らしを望んだっていい。少なくとも、僕はそう思います。

そして、その暮らしはきっと、やはり映画のあるシーンで描かれるように、明るく優しい陽光に満ちたものとなるはずです。

それでは、それでは。